ロードバイクの情報を発信しています!

2022 グラン・ピエモンテ  追走と先頭との戦い!

海外情報
Photo credit: Alessio Maffeis on VisualHunt.com
この記事は約13分で読めます。

グラン・ピエモンテ(Gran Piemonte)は、アペニン山脈を舞台とする、ワンデーのProレース。Gran Piemonte(1.Pro)

2008年まではジロ・デル・ピエモンテ(Giro del Piemonte)の名称で知られていた。

例年欧州ロードレースシーズンの終盤、10月に開催される。また、イル・ロンバルディアとの日程間隔が短いこともあり、同レースの前哨戦として調整として使う選手もいる。

 

過去の優勝者は

  • 2021   マシュー・ウォールズ
  • 2020    ジョージ・ベネット
  • 2019 エガン・ベルナル
  • 2018 ソンニ・コルブレッリ
  • 2016 ジャコモ・ニッツォーロ
  • 2015 ヤン・バークランツ
  • 2012 リゴベルト・ウラン
  • 2011 ダニエル・モレノ
  • 2010 フィリップ・ジルベール
  • 2009 フィリップ・ジルベール
  • 2008 ダニエーレ・ベンナーティ

 

スポンサーリンク

オメーニャ~ベイナスコ  198km

コースプロフィール photo ilgranpiemonte

 

スタート地点はイタリア北部の都市オメーニャ。オメーニャは、グラン・ピエモンテのレース名の由来となったピエモンテ州に位置している。

レースは常に、オメーニャのスタートからベイナスコのフィニッシュまで、イタリア川沿いとその近くで行われる。

スタートから130kmで、イル・ピロネットの登りがある。最後の40kmは完全に平坦でスプリンターのためのゴールとなっている。

 

  1. 山岳 イル・ピロネット 3.3km・8%

 

注目のライダーは

  •  BORA – hansgrohe フェリックス・グロスチャートナー
  •  Alpecin-Deceuninck ステファノ・オルダーニ
  •  Astana Qazaqstan Team ジャンニ・モスコン
  •  Bahrain – Victorious ミケル・ランダ、マテイ・モホリッチ
  •  Cofidis シモーネ・コンソンニ
  •  EF Education-EasyPost マグナス・コルトニールセン、アルベルト・ベッティオル
  •  INEOS Grenadiers エリア・ヴィヴィアーニ、パヴェル・シヴァコフ
  •  Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux レイン・タラマエ
  •  Israel – Premier Tech ジャコモ・ニッツォーロ
  •  Jumbo-Visma オラフ・コーイ
  •  Lotto Soudal アンドレアス・クローン
  •  Movistar Team イバン・ガルシア、マックス・カンター、イバン・ソーサ
  •  Quick-Step Alpha Vinyl Team マーク・カヴェンディシュ、ダディデ・バッレリーニー
  •  Team BikeExchange – Jayco カーデン・グローブス
  •  Team DSM 
  •  TotalEnergies ピエール・ラトゥール
  •  Trek – Segafredo バウケ・モレマ、ジュリオ・チッコーネ、マッティオ・モスケッテイ
  •  UAE Team Emirates マッティオ・トレンティン、マルク・ヒルシ

 

スタート前

Tiz-cycling ストリーミング スクリーンショット以下同様

未だ移籍先の発表のないQuick-Step Alpha Vinyl Teamのマーク・カヴェンディシュ。最後平坦なのでスプリントには絡みたい。今シーズンは5勝だけど、更に勝利を積み重ねることが出来るだろうか。

 

UAE Team Emiratesは、マッティオ・トレンティンがゴールを狙う。

 

INEOS Grenadiersのエリア・ヴィヴィアーニは、CROレース最終ステージの勝利に続いて今シーズンの4勝目となるか。

 

Cofidisは、シモーネ・コンソンニがゴールを狙う。

 

今日のゴールは難しくないのでEF Education-EasyPostのマグナス・コルトニールセンの出番はないかな。

 

Israel – Premier Techのジャコモ・ニッツォーロは、今シーズン1勝のみ。ブエルタ・ア・カスティーリャ・イ・レオン第1ステージの勝利のみだ。チームとしては是非とも勝って貰いたい所。

 

マテイ・モホリッチは、CROレースでヨナス・ヴィンゲゴーを破った。今日はスプリンター対決なので出番はないかも。

 

Jumbo-Vismaのオラフ・コーイも優勝候補だ。直前のシュパルカセン・ミュンスターラントでは、並みいる一流スプリンターを破っている。

 

 

イタリアは快晴だ。

 

ニュートラルスタートではマーク・カヴェンディシュが先頭で走る。

 

オフィシャルスタートからアタックが。

 

4人の逃げ

4人が序盤から逃げている。最初に飛び出したメンバーだ。

  1. TIZZA Marco(Bingoal Pauwels Sauces WB)
  2. PIETROBON Andrea(EOLO-Kometa)
  3. カミル・マウェツキ Lotto Soudal
  4. マッテオ・ヨルゲルソン Movistar Team

 

山岳 イル・ピロネット 3.3km・8%

残り58.9kmで先頭は2人に。

  1. カミル・マウェツキ Lotto Soudal
  2. マッテオ・ヨルゲルソン Movistar Team

 

集団から追走グループが出来そうだ。

 

Jumbo-Vismaのオラフ・コーイは登りで遅れている。まあ、ゴールまで距離があるので追いつくだろう。

 

Bahrain Victoriousのワウト・プールスが積極的に登りで引く。

 

Trek-Segafredoのジュリア・チッコーネが飛び出した。

 

先頭二人は集団と1分12秒差に。下っているので追いつかれるのは時間の問題か。

 

スプリンターチームは、Jumbo-Vismaのオラフ・コーイを追いつかせたくないのでペースを上げている。

 

こちらはオラフ・コーイのいる第3集団。Drone Hopper – Androni Giocattoliも全開で引いている。

 

14秒差で先頭の後ろに集団が見える。約50人だ。

 

二人は残り31kmで捕まってしまう。

 

追走は残り28.5kmで1分8秒差。追いつかなけばスプリントに絡めない。

 

Intermarché – Wanty – Gobert Matériauxのレイン・タラマエは追いつかれないように全開で引いている。

 

追走はTeam BikeExchange – Jaycoも牽引。残り23.7kmで48秒。これでは追いついてもリードアウトは出来ないだろう。

 

BORA-hansgroheはマッティオ・ファブロが2番手で引く。

 

残り16kmで45秒。Team BikeExchange – Jaycoは結構人数がいるのだけど追いつかない。

 

残り12kmで38秒差。これは追いつかない。先頭は逃げ切りそうだ。そうなるとスプリンターは誰が残っているのか?

先頭はBahrain Victoriousのハーマン・ベーンシュタイナーが引く。

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、誰で勝負するのか?

 

Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、アンドレア・バジオーリにティム・デクレル。ピーター・セリーが残っている。マーク・カヴェンディシュとダヴィデ・バッレリーニはいない。

 

残り5.3kmで1分2秒。先頭は数えた所34人だ。EF Education-EasyPostは、アルベルト・ベッティオルでゴールを狙うのかな。

 

ここでQuick-Step Alpha Vinyl Teamのピーター・セリーがアタック!

 

いい感じで抜け出した。

 

 

だが、逃げ切れることはない。

 

ピーター・セリーは残り2.9kmで捕まってしまう。

 

先頭はBahrain Victoriousのハーマン・ベーンシュタイナー。Bahrain Victoriousは誰で勝負する?

 

残り1.4kmでティム・デクレルが2番手。誰をリードアウトするのか?

 

先頭はEF Education-EasyPostのニールソン・ポーレス。

 

最後のカーブを曲がる。2番手はQuick-Step Alpha Vinyl Teamのティム・デクレル。

 

ティム・デクレルは何度も後ろを振り返っていたけど、チームメイトがいないので自分でスプリント!

 

ティム・デクレルの後ろには、Bahrain Victoriousのマテイ・モホリッチがいる。

 

後方からMovistar Teamのイバン・ガルシアが上がってきた。相当後ろにいたのに~。

 

イバン・ガルシアがマテイ・モホリッチを抜いたぞ。

 

イバン・ガルシアがそのままゴール~!

 

イバン・ガルシアは、おしゃぶりポーズだ。これは生まれてきた子供のためだろう。Bahrain Victoriousから2021年に移籍。Movistar Teamにきて初めての勝利となった。

キャリア3勝目は、今シーズンの最終レースで記録することになった。これは最高の結果だ。

2位には、Bahrain Victoriousの勝利を任されたマテイ・モホリッチ。自分はスプリンターではないというけど、CROレース第6ステージに続いて、スプリントで2位となった。

 

スポンサーリンク

リザルト

イバン・ガルシアのコメント

必ずしも良い時期ではなかった。戦い続け、そして今、ここで勝利を手にした。ポイント獲得のための問題は終わったが、勝つのはいつでもうれしいものだ。

このレースは狙ってましたか?

実はそうなんだ。前回のレース後はとても調子が良かったんだ。しかし、私には脚があった。今日は、ゴール前60kmの上りがキーポイントになる。そこで悪い位置にいたのだけど、その後はひたすらフルスロットル。スプリントでは完走することができた。

最終コーナーは少し遠かったが、集団はそれほど大きくはなかった。それを乗り越えて勝利を手にすることができた。戦術はなかったけれど、これ以上のことはない。

 

2位となったマテイ・モホリッチのコメント

もし誰かが今朝のスタートで僕が2位になると言っていたら、すぐにサインしていただろう。でも、このレースとこの脚では、最後のスプリントはやはり残念だ。

完璧なスプリントに乗れなかった。右に出てくるときは、足をじっとしていなければならなかった。アルベルト・ベッティオルを追い越してしまったので、少し方向を調整しなければならなかった。

つまり、しばらくは全パワーを解放しないほうがいい。その後、ガルシアがスピードを上げて後方から迫ってきた。彼は速いので仕方ないが、それでもちょっとガッカリしている。2位は良いことだが、勝利ではない 。

事前にはスプリンターが勝利を奪うと考えられてましたよね。こんな展開になると想像してましたか?

登りではすごくいい感じで、自分の限界はなかった。他のライダーが限界に達しているのを見た。スプリントも自信があった。でも、スタートで完璧なタイミングを逃してしまった。

土曜日のイル・ロンバルディアでは、2022年2つ目のモニュメントを獲得することができるでしょうか?

ロンバルディアは獲得標高が3,000m以上あるので、僕にとっては非常に難しい。このレースはクライマーのレースで、自分はクライマーとは思っていない(笑)。

RnkRiderTeamUCITime
1
 GARCÍA CORTINA Iván
Movistar Team2004:21:44
2
 MOHORIČ Matej
Bahrain – Victorious150,,
3
 VUILLERMOZ Alexis
TotalEnergies125,,
4
 ZAMBANINI Edoardo
Bahrain – Victorious100,,
5
 BETTIOL Alberto
EF Education-EasyPost85,,
6
 MIHKELS Madis
Intermarché – Wanty – Gobert Matériaux70,,
7
 STRONG Corbin
Israel – Premier Tech60,,
8
 BAGIOLI Andrea
Quick-Step Alpha Vinyl Team50,,
9
 COVI Alessandro
UAE Team Emirates40,,
10
 WANDAHL Frederik
BORA – hansgrohe35,,
11
 JOUSSEAUME Alan
TotalEnergies30,,
12
 GLOAG Thomas
Jumbo-Visma25,,
13
 MEURISSE Xandro
Alpecin-Deceuninck20,,
14
 THOMAS Benjamin
Cofidis15,,
15
 TUSVELD Martijn
Team DSM10,,
16
 MOSCON Gianni
Astana Qazaqstan Team5,,
17
 DECLERCQ Tim
Quick-Step Alpha Vinyl Team5,,
18
 MAŁECKI Kamil
Lotto Soudal5,,
19
 POWLESS Neilson
EF Education-EasyPost5,,
20
 LAENGEN Vegard Stake
UAE Team Emirates5,,
21
 ZWIEHOFF Ben
BORA – hansgrohe50:03
22
 GROßSCHARTNER Felix
BORA – hansgrohe5,,
23
 LEKNESSUND Andreas
Team DSM5,,
24
 FABBRO Matteo
BORA – hansgrohe5,,
25
 IMPEY Daryl
Israel – Premier Tech50:06
26
 MOLLEMA Bauke
Trek – Segafredo50:08
27
 LANDA Mikel
Bahrain – Victorious50:09
28
 PERNSTEINER Hermann
Bahrain – Victorious5,,
29
 SERRY Pieter
Quick-Step Alpha Vinyl Team5,,
30
 MÄDER Gino
Bahrain – Victorious5,,

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 毎日読者K より:

    モホリッチ
    2連続でスプリントゴール2位の好成績。スプリンターでは無いとの、コメントがおもしろいなぁと思ってましたら、今度はイルロンバルディアのコメントでクライマーではないとのコメント。なんか面白いし、厳しいでしょうけど期待してしまいます笑
    調子良さそう。

    • ちゃん より:

      確かに~。Bahrain Victoriousは誰が狙うのか分からないメンバーですね。エースナンバーはイタリアなのでダミアーノ・カルーゾ。
      マテイ・モホリッチは、途中からの逃げを狙うと面白いのだけど。最後に残るのはクライマーかな。

タイトルとURLをコピーしました