ロードバイクの情報を発信しています!

BORA-hansgroheとサム・ベネットは別々の道をいく

海外情報
Photo Sam Bennett instagram
この記事は約4分で読めます。

ずっと噂されていたサム・ベネットの移籍話だったがBORA-hansgroheはサム・ベネットを離したくはなかったため、移籍話がこじれていた。

だが、BORA-hansgroheはついにサム・ベネットとの契約延長をあきらめた。

これにより、サム・ベネットは2020シーズン移籍することが決定。

さて、噂どおりDeceuninck-Quick Stepへと移籍となるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

BORA-hansgroheの発表

発表の内容は

過去数年間の成功の素晴らしい物語の後、BORA-hansgroheとサム・ベネットは別々の道を行くことにしました。

過去6年間、BORA-hansgroheはサム・ベネットをプロトンで最高のスプリンターの1人に発展させた。しかし、このような背景に対して、チームとライダーの目標を一致させることはますます難しくなった。

したがって、BORA-hansgroheの経営陣は、サム・ベネットのBORA-hansgroheを離れるという希望を受け入れ、別のチームとの旅を続けることを決定しました。サムベネットが将来に向けて最善を尽くすことを望み、スポーツの夢を実現できることを望んでいます。

 

サム・ベネットはジロ・デ・イタリアはパスカル・アンカーマンに奪われ、ツール・ド・フランスはサガンが出場。

両方に出場できなかったサム・ベネットはBORA-hansgroheを去ろうとした。

彼は今シーズン13勝。11回はワールドツアーレベルで、2回はブエルタ・ア・エスパーニャで優勝。

今シーズンのサム・ベネットの成績は

2019成績
優勝したレースのみ
  • Vuelta a San Juan Internacional (2.1) Stage7  優勝
  • UAE Tour (2.UWT)  Stage7   優勝
  • Paris – Nice (2.UWT) Stage3・6   優勝
  • Presidential Cycling Tour of Turkey (2.UWT) Stage1・2 優勝  ポイント賞獲得
  • Critérium du Dauphiné (2.UWT)  Stage3   優勝
  • National Championships Ireland – Road Race (NC) 優勝
  • Binck Bank Tour (2.UWT) Stage1・2・3 優勝 ポイント賞獲得
  • La Vuelta ciclista a España (2.UWT) Stage3・14 優勝

 

サム・ベネットはエリア・ヴィヴィアーニを放出するDeceuninck-Quick Stepのオファーを確保していた。

だが、情報によるとサム・ベネットは5月にBORA-hansgroheとの契約を延長する意向書にサインしたと伝えられている。それが法廷闘争を引き起こし、事件はUCI仲裁委員間に送られた。

Deceuninck-QuickStepチームマネージャーのパトリック・ルフェーヴル、Bora-​​Hansgroheがサム・ベネットと、アルバロホセ・ホッジと交換することを申し出たと伝えられているが、興味ないと断ったとされている。

 

Bora-​​Hansgroheとしては、

  • ジロ パスカル・アンカーマン
  • ツール サガン
  • ブエルタ サム・ベネット

それぞれが、すみ分けて活躍してくれればいうことはない。だが、3大ツールの中ではやはり、ツールやジロの注目度の高いレースに出たいというのは力あるスプリンターならば当然のことだ。

とくに、ブエルタとなると一流スプリンターの出場も少ない。ここで勝つよりはツールやジロで勝ちたいと思うのは当然だろう。

サム・ベネットがDeceininck-QuickStepに移籍した場合、4月にBora-​​Hansgroheに再加入した信頼できるリード万のシェーン・アーチボルトが同行する予定と言われている。

さて、あとはサム・ベネットの移籍発表を待つだけになりましたね。これからツールで一流スプリンターと闘うサム・ベネットのスプリントが見れることになりそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました