ロードバイクの情報を発信しています!

トム・デュムランはSumwebに別れをつげ、Team Jumbo-Vismaと3年契約

海外情報
Photo Yuzuyu Snada
この記事は約3分で読めます。

Team Jumbo-Vismaは、トム・デュムランがSunwebとの契約を終了した後、彼との契約サインを静かに発表した。

これまで数週間の間、噂されていたトム・デュムランの移籍が公式となった。

デュムランは、Sunwebに8年在籍したが、「リフレッシュ」するためにJumbo-Vismaで走ることになる。

 

スポンサーリンク

Sumwebの契約は解除

最初に発表されたのはSumwebのツイッターから。

こちらは、動画入りのメッセージのツイート。

 

Sumwebとは、まだ2年の契約期間があったが契約破棄された模様。

トム・デュムランは、チームのwebサイトで次のように述べている。

「ライダーとして、常に最高の達成可能なものを探し、自分がまだ正しい場所にいるのか、自分にとって最高のチームは何か、最高の選択肢と機会はどこにあるのかを常に自問します。

ツールに参加できず、自宅に座っていることに失望した後、私は新しい環境がリフレッシュできると考え始めました。それが、私がいくつかのチームの興味に焦点を合わせることにした理由です。
素晴らしいオファーがあり、私のキャリアの中で環境を変えるのにふさわしい時期だと感じた」

また、トム・デュムランは、8年間のチームの支えに感謝を述べている。

Sumwebを去ることは、トム・デュムランにとって大きな決断であり来シーズンは良いシーズンとなることだろう。

一方、総合を狙うエースがいなくなったチームの狙いはクラッシックとスプリント狙いのチームとならざるを得ないかもしれない。

 

Team Jumbo-Vismaとは3年契約

Sumwebの発表の1時間後にJumbo-Vismaから静かに発表があった。

 

Team Jumbo-Vismaにとっては、これで本格的にツール・ド・フランスでも優勝を狙えるチームとして参戦することになる。

トム・デュムランをアシストするライダーにも事欠かない。

総合を狙える、プリモシュ・ログリッチにステファン・クライスヴァイクもいる。

そして、ケガで療養中だが、ワウト・ファンアールトもおり、平地では、トニー・マルティンが牽引するという豪華なメンバーとなってきた。

デュムランは、まずはゆっくりと膝のケガをなおして完璧なコンディションで来シーズンを迎えて欲しい。

ツール・ド・フランスで、Team INOSEと互角に戦うトム・デュムランを見てみたい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました