ロードバイクの情報を発信しています!

クリテリウム・ドーフィネ第8ステージ ステージ勝利は驚きの人!

海外情報
Photo credit: ImAges ImprObables on Visualhunt.com
この記事は約16分で読めます。

クリテリウム・ドーフィネも最終ステージ。

第7ステージでトップとなったリッチー・ボートは過去2回2位になっている。特に、2017年は第7ステージまで1位だったが、最終ステージでヤコブ・フルサンに逆転されており、このステージが難しいことは良く知っている。

だが、その時とはチームの力が全く違うことを頭に入れておかなければならない。

現在総合3位に29秒差でゲラント・トーマスがおり最終ステージでアレクセイ・ルチェンコを追い落とす作戦に出ることも十分考えられる。

セップ・クスやミゲル・アンヘルロペスがアタックを掛けると面白い展開となりそうだ。特にセップ・クスは失うものは何もないと言っており、捨て身の攻撃を仕掛けてくるだろう。

 

スポンサーリンク

第8ステージ ラ・レシェール・レ・バン~レ・ジェ 147km

第8ステージ photo criterium-du-dauphine.f

 

スキーリゾートの麓ラ・シレェールからスタート。今日の山岳ポイントは、6か所。

  1. 4級山岳 コート ドエリー シュル ユジーヌ 2km・4.1%
  2. 2級山岳 コル・デ・ザ・アラヴィ  10.2km・5%
  3. 2級山岳   コル・デ・ザ・アラヴィ  6.7km・5%
  4. 1級山岳  コロンビエール峠   11.7km・5.8%
  5. 3級山岳 コート ド シャティオン シュル クルス 4.7km・5%
  6. 超級山岳 ジュウプレーン  11.6km・8.5%

 

総合勢の最後の決戦は超級山岳で行われるだろう。超級山岳頂上からゴールまでは17km。最後のレ・ジェも3km・6%の登りゴールとなっており、ここでは少数の精鋭によるゴールでの争いが見られる。

総合8位のベン・オコナーまで1分以内のタイム差なので、まだ総合順位が動く可能性が高い。上位陣のタイム差も僅かなので最後のゴール勝負で順位が変わりそうだ。

 

Tiz-cyclingストリーミング スクリーンショット 以下同様

 

第8ステージスタートでの4賞はガラリと変わった。ポイント賞はソンニ・コルブレッリで決まりだ。

  • 総合リーダー リッチー・ボート ( INEOS Grenadiers)
  • ポイント賞  ソンニ・コルブレッリ(Bahrain – Victorious)
  • 山岳賞  ローソン・クラドック (EF Education – Nippo)
  • 新人賞 ダヴィ・ゴデュ(Groupama-FDJ)

 

スタートから16人の逃げ

スタートしてすぐにアタックがかかり大きな逃げ集団が成立。昨日も逃げているメンバーが多数。

昨日優勝した、マーク・パデュン Bahrain Victoriousは、今日も逃げている。山岳賞を狙っているのかも。追走も4人いるので、更に人数は増えるかもしれない。

 

  1.  ヴァランタン・マデュアス    Groupama-FDJ
  2. ギョーム・マルタン  Cofidis, Solutions Crédits
  3. ヨナス・ヴィンゲコー Team Jumbo-Visma
  4. ホルヘ・アルカス Movistar Team
  5. イマノル・エルビティ Movistar Team
  6. パトリック・コンラット BORA-hansgrohe
  7. ニルス・ポリッツ BORA-hansgrohe
  8. ドリアン・ゴドン AG2R Citroën Team
  9. ワレン・バルギル Team Arkéa Samsic
  10. ハリー・スィニー Lotto Soudal
  11. マーク・パデュン Bahrain Victorious
  12. ジュリアン・ベルナール Trek – Segafredo
  13. ケニー・エリッソンド  Trek – Segafredo
  14. ピエール・ローランド B&B p/b KTM
  15. フランク・ボナモー  B&B p/b KTM
  16. サンデル・アルメ Team Qhubeka ASSOS

2級山岳はマーク・パデュン(Bahrain Victorious)が1位通過で5ポイント追加。これで20ポイントとなり、トップのローソン・クラドックと13ポイント差となっている。

 
 

 

3人が先頭集団に追いついた。これで先頭は19人に。

  1. ミケル・ヴァングレン EF Education-Nippo
  2. マーティン・トゥスフェルト Team DSM
  3. ヤン・バークランツ Intermarché-Wanty-Gobert

Deceuninck-Quick-Stepのファビォ・ヤコブセンはスタートから35kmでリタイヤしている。

 

2級山岳   コル・デ・ザ・アラヴィ  6.7km・5%

 

2回目の2級山岳もマーク・パデュン(Bahrain Victorious)が1位通過。更に5ポイント追加して、25ポイントに。これでトップまで8ポイント。完全に山岳賞狙いだ。

次の1級山岳もトップ通過すれば山岳賞が確定する。

 

1級山岳  コロンビエール峠   11.7km・5.8%

マーク・パデュン(Bahrain Victorious)は3連続で山岳ポイントを1位通過。これで昨日山岳賞を獲得したローソン・クラドックに変わって山岳賞トップにたった。

ローソン・クラドックは逃げに乗っていない。だから、これで山岳賞はマーク・パデュン(Bahrain Victorious)で決定だ。

クリス・フルームは、残り78kmでドロップ。せめて放送が始まるまで残っていてほしかった。中根英登は残り78kmでリタイヤした。

 

3級山岳 コート ド シャティオン シュル クルス 4.7km・5%

集団はイネオス先頭で進む。決戦は超級山岳となるだろう。

 

残り53kmで2分53秒のタイム差となっている。まあ、超級山岳まではこの人数で行くでしょう。

 

リッチー・ボートがパンク。前でメンバーが待っている。バイク交換して走り出す。

 

カルロス・ロドリゲスとアンドレイ・アマドールが引いて集団復帰。

 

3級山岳頂上まで後4.3km。マーク・パデュン(Bahrain Victorious)のことをセップ・クスは何度か対戦したが、かなわないと言っている。

長く膝の不調で成績が振るわなかったが、これからどんどん活躍してくるだろう。

 

逃げには、2分51秒遅れのパトリック・コンラッドがいるのでイネオスが必ず捕まえるだろう。現在はバーチャルリーダーだ。

 

先頭はニルス・ポリッツがパトリック・コンラットのために全開で引く。3級山岳は、このままリルス・ポリッツが先頭で通過して2ポイント獲得。

2位は後ろのギョーム・マルタン。

 

超級山岳 ジュウプレーン  11.6km・8.5%

残り40kmでタイム差は3分7秒。イネオスの先頭はディラン・フィンバーレ。まだ7人全員が残っている。

 

逃げに乗っているヨナス・ヴィンゲコー。どこまで逃げ続けるのか楽しみだ。追いつかれたらセップ・クスの牽引をするだろう。

 

ニルス・ポリッツが前に出るがすぐに戻る。そろそろ引くのが限界に近づいたのか、それともペースを上げたいのか。

 

集団はアンドレイ・アマドールが引いている。そろそろベースアップしないといけない。今は平坦に近いので50km/hのスピードで進んでいる。

 

超級山岳に登り始めたところで、ニルス・ボリッツがドロップ。あとはパトリック・コンラットに託すのみだ。

 

登り始めてすぐに、3人が先行。

  1. ギョーム・マルタン  Cofidis, Solutions Crédits
  2. パトリック・コンラット BORA-hansgrohe
  3. マーク・パデュン Bahrain Victorious

 

なんと、マーク・パデュンは、そのままペースアップ。これは一人で逃げ続けるつもりだ。

 

集団からベン・ヘルマンスがアタック!  ナイロ・キンタナも続きそうだ。

 

クリス・フルームは下りで追いついていたが、集団から遅れてしまう。後ろでは、ファビオ・アルも遅れている。

 

ナイロ・キンタナはベン・ヘルマンスと共に逃げる。タイム差はまだ10秒だ。

 

集団からアタックをかけていたステファン・クライスヴァイクがナイロ・キンタナとベン・ヘルマンスを抜いていく。1分35秒遅れなのでイネオスは逃がさないだろう。

 

なんと、セップ・クスも遅れてしまう。これはどうした。

 

マーク・パデュンは全くペースが落ちない。メイン集団とは3分31秒も離れている。2位グループは、ヨナス・ヴィンゲコーとパトリック・コンラット。

 

ステファン・クライスヴァイクは次々と前のライダーを抜いていく。だが、マーク・パデュンとのタイム差は変わらない。

早く前を走るヨナス・ヴィンゲコーまで追いつきたいところだ。あと1分45秒あるが追いつくかな。ただ、後方からメイン集団もきている。

 

あら~、ステファン・クライスヴァイクは集団に吸収されてしまう。前を逃げているのは5人となる。

 

マーク・パデュンは、頂上まであと1.4km。タイム差は3分24秒あるので一人で越えていきそうだ。

 

ミゲルアンヘル・ロペスがアタックだ。だが、すぐに捕まる。

 

マーク・パデュンは超級山岳もトップ通過。これは2日連続のステージ優勝もあるのか?

 

ジャック・ヘイグがアタックだ。

 

ジャック・ヘイグは、前を走る、ギョーム・マルタンとケニー・エリッソンドに追いつく。だが、集団も後ろにいる。

 

モビスターのエンリク・マスも切れてしまう。

 

下りからの登り返しで、ゲラント・トーマスが前を走るジャック・ヘイグとギョーム・マルタンを捕まえてしまう。

これで逃げているのは

  1. マーク・パデュン Bahrain Victorious
  2. ヨナス・ヴィンゲコー Team Jumbo-Visma
  3. トリック・コンラット BORA-hansgrohe

3人だけだ。

 

なんと、下りでケラント・トーマスが落車してしまう。4人で先行してたのだけど集団から遅れてしまう。これはリッチー・ボートはピンチだ。アシスト不在となりそうだ。

 

だが、ゲラント・トーマスは、すぐに走り出す。追いつくことが出来るのか?

 

マーク・パデュンはゴールまで5.5km。2分4秒あるので逃げ切るだろう。

 

メイン集団は8人。

 

レーパンがビリビリに破れているゲラント・トーマスが牽制している集団に追いついた。左肘からも血が流れている。

 

総合で1分遅れのベン・オコナーがアタックだ。

 

ゲラント・トーマスが先頭で追う。

 

マーク・パデュンは逃げ切りを確信して笑顔だ。物凄く余裕がある。

 

 

なんと、マーク・パデュンは2日連続の勝利だ。

昨日はすごかったけど、目が覚めたときは、すごくストレスがたまっていた。自分の中でたくさんのことが起こっていたからね。

だから昨日のことは忘れて、やるべきことをやろうとした。計画は、ジャック・ヘイグを順位表で助けるために攻撃を仕掛けることだった。

その後、ポルカドットのジャージを着ることができると聞いた。なぜだろう、と思った。そして最後の登りで2分リードできればステージ優勝も狙えると言われた。

今日はすべてがとても簡単だった。それは素晴らしいことだ。私はイエスに感謝しなければいけない。 肉体的にはとても大変だったが、精神的にはとてもうまくいった。

私はまだ若く、多くの問題を抱えていた。エネルギーがなかったので、何度も苦しんだが、いつも体調が良くなかったわけではない。それは私が逃したもの、そのエネルギーだ。足はあったが、ガスはなかった。

なんとも、強いクライマーが出てきたものだ。このままの力を持っていればグランツールでも活躍しそうだ。

 

2位には逃げきったヨナス・ヴィンゲコーとパトリック・コンラットが入る。

 

4位は集団からアタックをかけて逃げ切ったベン・オコナー。

 

 

 

リッチー・ボートは、落車したゲラント・トーマスの渾身の引きで総合優勝となった。イネオスのチーム力による所が大きい。

最後は落車したゲラント・トーマスが引いて勝ったのだから、凄い展開だった。

ここですでに 2 度フィニッシュし、最後の 1 キロで1位を失ったこともあった。

それで、ついに勝つために…妻と 2 人の子供と離れたすべての犠牲は、それだけの価値がある。

しかし、トーマスのドロップを見たとき、最後の数マイルは理想的ではないことがわかった。幸いなことに彼は戻ってきた。多少の擦り傷はあるかもしれないが、彼はツアーでトップになるだろう。

自分の役割を知っているので、ツアーに幻想はない。でも、36歳の今、このラウンドで勝つことは、私にとって大きな意味がある。

リッチー・ボートはついにクリテリウム・ドーフィネを勝ち取ることが出来た。次はツールでアシストすることが仕事だ。これだけの選手がアシストに回るのだから強いチームだ。

 

こちらはハイライト動画
#Dauphiné 2021 – Stage 8 – Highlights – Padun makes it two in a row!

 

リザルト

第8ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 PADUN MarkBahrain – Victorious60504:06:49
2 VINGEGAARD JonasTeam Jumbo-Visma25301:36
3 KONRAD PatrickBORA – hansgrohe1018,,
4 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team 131:57
5 GAUDU DavidGroupama – FDJ 102:10
6 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers 7,,
7 LUTSENKO AlexeyAstana – Premier Tech 4,,
8 PORTE RichieINEOS Grenadiers 3,,
9 HAIG JackBahrain – Victorious 2,,
10 MARTIN GuillaumeCofidis, Solutions Crédits 1,,

2日連続の山岳ステージ優勝なんて、ここ最近は聞いたことがない。それを簡単だったなんて~。

総合

RnkPrev▼▲RiderTeamUCIPntTime
11 PORTE RichieINEOS Grenadiers50025029:37:05
22 LUTSENKO AlexeyAstana – Premier Tech4001900:17
33 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers3251600:29
44 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe2751400:33
55 HAIG JackBahrain – Victorious2251200:34
66 LÓPEZ Miguel ÁngelMovistar Team1751100:38
77 IZAGIRRE IonAstana – Premier Tech150100,,
88 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team125900:47
99 GAUDU DavidGroupama – FDJ100801:12
1011▲1 GEOGHEGAN HART TaoINEOS Grenadiers85701:57

総合の結果はあまり変わることはなかった。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 COLBRELLI SonnyBahrain – Victorious91
22 ASGREEN KasperDeceuninck – Quick Step58
33 ARANBURU AlexAstana – Premier Tech58
46▲2 KONRAD PatrickBORA – hansgrohe56
54▼1 VALVERDE AlejandroMovistar Team51
65▼1 PÖSTLBERGER LukasBORA – hansgrohe37
77 STUYVEN JasperTrek – Segafredo36
819▲11 PADUN MarkBahrain – Victorious34
911▲2 THOMAS GeraintINEOS Grenadiers33
108▼2 KELDERMAN WilcoBORA – hansgrohe32

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
13▲2 PADUN MarkBahrain – Victorious50
21▼1 CRADDOCK LawsonEF Education – Nippo33
34▲1 VALGREN MichaelEF Education – Nippo26
42▼2 HOLMES MatthewLotto Soudal21
511▲6 HAIG JackBahrain – Victorious16
66 PORTE RichieINEOS Grenadiers15
7  POLITT NilsBORA – hansgrohe13
85▼3 PÖSTLBERGER LukasBORA – hansgrohe12
913▲4 ELISSONDE KennyTrek – Segafredo12
107▼3 TUSVELD MartijnTeam DSM12

セップ・クスが参ったというほどのマーク・パデュン。今日一日で荒稼ぎして山岳賞獲得だ。

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 GAUDU DavidGroupama – FDJ29:38:17
22 PARET-PEINTRE AurélienAG2R Citroën Team1:59
33 SKJELMOSE JENSEN MattiasTrek – Segafredo5:44
44 GALL FelixTeam DSM7:43
57▲2 HÄNNINEN JaakkoAG2R Citroën Team25:15
68▲2 RODRIGUEZ CarlosINEOS Grenadiers26:04
710▲3 MADOUAS ValentinGroupama – FDJ26:49
814▲6 PADUN MarkBahrain – Victorious27:29
96▼3 MONIQUET SylvainLotto Soudal28:07
1013▲3 MCNULTY BrandonUAE-Team Emirates32:23

ダヴィ・ゴデュの欲しかったのは総合だったでしょうね。ティボー・ピノがツールに出ないのでエースはダヴィ・ゴデュとなる。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました