ロードバイクの情報を発信しています!

ゼネク・スティバルが復帰レースで骨折 またも長期離脱か?

海外情報
Photo by Gift Habeshaw on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

元世界選手権シクロクロスチャンピオンのゼネク・スティバル(Deceuninck-Quick-Step)。

心臓の問題で一時レースから離れていた。

ベルギーのワンデーレース、ドワルス・ドール・ヘット・ハーヘラントで復帰したのだけど、途中で落車してしまいリタイヤ。

とても、痛そうにしていたので気にしていたが、なんと骨折が判明。

 

スポンサーリンク

復帰は未定

 

チームからの報告によると、 ドワルス・ドール・ヘット・ハーヘラントを棄権した事故の後、ゼネク・スティバルは検査のために病院に運ばれた。

その結果、右手の第4指に小さな剥離骨折、肘に小さな亀裂を負っていることが判明。指の骨折となると振動がかかる部分でもあり、復帰に時間がかかりそうだ。

完全に折れているのではないので、骨がくっつけば良いのでしょうけど。でも、走っていたら痛いですよね。

心臓アブレーションの治療も終わり、ようやく復帰したばかりだった。昨年もブエルタ・ア・サンファン第6ステージで優勝しており、勝利を狙えるライダーだけに残念。

翌日の、ベルギーのワンデーレース、エルフステッドロンデもメンバーに入っていたと思ったけれども、欠場となる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました