ロードバイクの情報を発信しています!

ドワルス・ドール・ヘット・ハーヘラントのワンデーレースを制したのは誰か?

海外情報
Photo by Juliana on Unsplash
この記事は約7分で読めます。

ベルギーのワンデーレース、ドワルス・ドール・ヘット・ハーヘラントは14のセクターのある非常に厳しいコース。

実にコースの4分の1に当たる41kmは未舗装の道路。ほこりに、砂利、石畳の登りと大変だ。

2017年にはマチュー・ファンデルプールが優勝。昨年はチームメイトのヨナス・リッカールトが優勝している。

 

アールショト~ディスト 177km

コースマップ photo dwarsdoorhethageland.bi

 

全長 177 キロのコースうち、14 のストリップにまたがる合計 41kmの未舗装と石畳。上のコースプロフィールのグレーの部分がセクターだ。

これらのうち、グルートブルックストラート(Grootbroekstraat) は 5400 メートルで最長となる。

フィニッシュへの最後の登りは、オールセインツ・マウンテン(Allerheiligenberg) としても知られるディエストの城塞(シタデル)に登ってゴールとなる。

ライダーは、石畳の小道を通ってディエストの村の中心部から出て、急な左カーブで斜面の最も急な部分を上がる。

最後の 700 mは、登っているのでスプリンターには厳しいコースだ。マーク・カヴェンディシュも久しぶりに出場しているが、最後にスプリントに加わるのは難しいだろう。

 

放送が始まるまで、ジロでも逃げ切ったタコ・ファンデルホールン(Intermarché-Wanty-Gobert)を含む逃げが決まっていたのだけど、捕まってしまう。

これは当分、逃げも決まりそうにない。

 

集団は第7セクターにはいっている。一列棒状で進むが、最後尾からは耐えきれなくなったライダーがこぼれていく。先頭はTeam DSMが引く。

 

未舗装から今度は登りだ。ほとんど休むところがないレースだ。

 

ようやく抜け出したか?  イヴ・ランバールトがアタックだ。

 

イヴ・ランパールトも捕まってしまう。だが、この逃げで集団が大きく割れる。

 

35人となった集団は第8セクターの石畳を通過する。ここから2周回のローカルラップとなる。

 

先頭は9人となる。

 

イヴ・ランバールトが先頭集団に入った所で、マーク・カヴェンディシュとピーター・セリーが試合終了。

 

先頭8人は24秒のタイム差をつける。

  1. コナー・スウィフト  Team Arkéa Samsic
  2. イヴ・ランパールト Deceuninck-Quick-Step
  3. ヨナス・リッカールト Alpecin-Fenix
  4. ダニー・ファンポッペル  Intermarché-Wanty-Gobert
  5. ボーイ・ファンポッペル    Intermarché-Wanty-Gobert
  6. ドリス・ファンステル Team Total Direct Energie
  7. ラスムス・ティレル Uno-X Pro Cycling Team
  8. ピート・アレハールト   Cofidis, Solutions Crédits

昨年優勝のヨナス・リッカールトに、2018英国チャンピオンのコナー・スウィフト。イブ・ランパールトも乗っているので決まりかな。

 

これはいけない。集団後方でゼネク・スティバルが落車してしまう。

 

ジャージがボロボロで痛そうだ。ゼネク・スティバルはDNF。

 

個人的に、コナー・スウィフトを応援。このような厳しいコースに強いライダーだ。

 

後方からダヴィデ・バッレリーニが3人で追っているけど、タイム差は徐々に開いている。追いつくのは難しい。追いつけばクイック・ステップが有利になる。

 

残り31.3kmの第10セクターを先頭の8人は進む。集団には1分13秒のタイム差をつけており、追いつかれることはないだろう。

 

イヴ・ランパールトは最後尾で足を溜めている。どこでアタックをかけるだろうか?

 

第11セクターの石畳に突入。

 

さあ、先頭は最後の1周に入る。

 

ダヴィデ・バッレリーニは、3人の追走からアタックをかけて単独で前の8人を追う。坂の上に小さく見えているけど追いつくのか?

 

先頭はラスト20kmの第11セクターの未舗装路に入った。

 

ダヴィデ・バレリーニは、残り16.3kmでメイン集団に吸収されてしまう。

 

ダヴィデ・バレリーニは、そのまま集団のフタをする。それでも先頭は3人で交代して先頭とのタイム差を詰めてきた。残り14.2kmで34秒。

 

どうやら先頭は最後の登りゴールで勝負をつけるのかな。次の第13セクターでアタックがなければラスト勝負かも。

 

第13セクターで、ボーイ・ファンポッペル    Intermarché-Wanty-Gobertがアタック!

だが、決まらない。

 

ボーイ・ファンポッペルは、そのまま先頭を引く。彼はダニー・ファンボッペルの兄で33歳。Trek – Segafredoに2014年から4年間乗っていた。

残りは5.5kmだ。次の登りで誰かがアタックをかけるか?

 

登りに入った。弟のためにボーイ・ファンポッペルが先頭を引く。ファンボッペル兄弟は揃ってツール・ド・フランスのメンバーにも選ばれる予定だ。

 

コナー・スウィフトがアタック!

 

後ろは、ヨナス・リッカールト。これで絞られたか?

 

イヴ・ランパールトが少し遅れた。

 

だが、この程度の差だったら追いつく距離だ。

 

後方からイヴ・ランパールトが追いついて7人で勝負となる。先頭を引き続けていたボーイ・ファンポッペルは切れてしまった。

 

イヴ・ランバールトは後方で足を溜めているぞ。

 

ラスト1kmを切った。市街地の石畳を登る。

 

イブ・ランパールトが前に上がってくる。

 

先頭はラスムス・ティレル(Uno-X Pro Cycling Team)だ。

 

ラスムス・ティレル は後続を引き離す。

 

ラスムス・ティレルが先頭で駆け上がった。

 

後ろは、ダニー・ファンポッペルだが追いつかない。 

 

ラスムス・ティレルが1着でゴールを駆け抜けた~。

ラスムス・ティレルはNTT Pro cyclingから2021年にUno-X Pro Cycling Teamに移籍。2024年まで延長契約を先週結んだ24歳。

今年のル・サミンでもティム・メルリエに続いて2位となっている。ラスムス・ティレルの勝利は2017ノルウェー選手権ロード優勝に続いて2度目だ。

ラスムス・ティレルはインタビューで、「シタデルの石畳でダッシュするのは困難だったが、リードしていると追い抜かれるのは難しい。」

と語っている。更に大きなレースでの優勝も夢見ている。

これだけ厳しいレースで、ダニー・ファンポッペルにイヴ・ランパールトを破っての勝利は称賛に値する。

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 TILLER RasmusUno-X Pro Cycling Team2001253:58:27
2 VAN POPPEL DannyIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux150850:01
3 LAMPAERT YvesDeceuninck – Quick Step125600:02
4 RICKAERT JonasAlpecin-Fenix10050,,
5 ALLEGAERT PietCofidis, Solutions Crédits8545,,
6 SWIFT ConnorTeam Arkéa Samsic70400:05
7 VAN POPPEL BoyIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux60350:16
8 VAN GESTEL DriesTeam Total Direct Energie50300:47
9 MERLIER TimAlpecin-Fenix40260:51
10 HALVORSEN KristofferUno-X Pro Cycling Team3522,,

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました