ロードバイクの情報を発信しています!

新品チェーン 洗浄するか、そのまま使か どちらが良いのか

メンテナンス
Photo on Visualhunt.com

シマノのチェーンについては、新品の状態からすぐに脱脂して洗浄する場合と、そのまま使う場合に意見が分かれます。

私のチェーンは10速のCN-6701 アルテグラ。

11速チェーンではないので、SIL-TEC加工はされていません。

 

スポンサーリンク

とりあえず少し乗ってから洗浄

最初は何も洗浄せずに、そのまま乗ってました。

グリスのようなオイルがついてます。昔ほどはベタベタしないように感じます。

新品チェーンは洗浄したほうが良いのかどうか、どちらなんだろう?

私が参考にしたのは、以下の記事です。

チェーンのお話
最近よくお客様から質問を頂くネタを   「新品のチェーンに元々塗られているグリスのようなベトベトオイ…

 

サイクルデイズさんの記事の中で、シマノの方が言われている意見の部分を引用します。

何年前かのSHIMANOのテックセミナーで黒川さん(業界で知らない人はいないシマノのトップメカニックさんです)が仰っていたのですが、新品チェーンは、新しい工業製品特有の微細なバリなどがあり、それを保護するために包み込んでいるのが新品チェーンに塗布されているあのベタベタのオイルだそうです。

安易に落としてサラサラのオイルを塗ってしまうと、こういったバリなどがプレートやピンなどお互いに攻撃しあって、チェーン自体の寿命を著しく低下させてしまうようです。

 

この数年前というのが正確に何年前かわかりませんが、シマノの公式な見解であるという意見が多く見られます。

ただ、SIL-TEC加工されているチェーンについては違うと言われてます。

あくまで、私の場合には10速チェーンなので、しばらく馴染みを出すために乗っていたわけです。

それと、店でチェーン交換すると、そのまま脱脂せずに渡すことが普通だと思います。あとは、自分の判断で行うのが良いと思います。

 

今回は洗浄剤でチェーン脱脂

普段のチェーン清掃は、ペットボトルに中性洗剤をいれて、シャカシャカ振ってキレイにしてます。

これでも十分キレイになるんですけど。

今回は、家にあってほとんど使うことのない洗浄剤を使ってみました。

ホームセンターなどでも、安売りしています。大容量でナカナカなくならない。

自転車のチェーン洗浄に使っている人も結構おられるようですね。

 

 

今回は、ペットボトルではなくてノリの空き缶。フタも大きく取出しやすいのが良かったです。

 

チェーンは表面の汚れを拭いてからスプレーしたほうが良いです。
そのほうが表面の汚れ落ちが速いです。
洗浄液がキレイになるまで4回くらい繰り返しました。

 

洗浄したチェーンは天日干ししておきました。

 

その後は、チェーンを立てて1コマずつ、タクリーノオイルをさしておきました。

注油する部分については以下で記事にしてます。

タクリーノオイルでフレームを汚さない方法
自転車のチェーンオイルは、様々なものが開発されています。私も色々なチェーンオイルを使用してきた経験があります。 この中で、これは性能はいいんだけど~。汚れるんだよね~。 特にフレームに黒いチェーンオイルが飛び散ってしまって汚れて...

 

スポンサーリンク

まとめ

チェーンを清掃することは、チェーンの寿命を延ばすことになります。

チェーン自体の伸びにも影響するので大切ですね。

新品チェーンの洗浄については様々な意見がありますが、なるべく性能を維持出来るようにこま目に清掃したいと思います。

チェーンチェッカー シマノTL-CN42 インプレとチェーンの伸びの検証
先日から、チェーンを切ったり、チェーンの伸びによる被害が続出しています。 それで、ついにチェーンチェッカーを買って実際に測ってみることにしました。 チェーンチェッカーにも、色々な物が出ています。 結局は、新品のチェ...

コメント