ロードバイクの情報を発信しています!

Movistar Team がグランツールのリーダーを明確化

海外情報
photo Movistar Team twitter
この記事は約5分で読めます。

Movistar Teamは昨年までのトライデント関係から脱却するために各グランドツアーのリーダーをバーチャル記者会見で発表した。

これによるとアレハンドロ・バルベルデとエンリク・マスがツール・ド・フランスとブエルタ・ア・エスパーニャでリーダーとなる。

ジロ・デ・イタリアはマルク・ソレルが単独のリーダーとして挑むことになる。

 

スポンサーリンク

当初計画から変更

シーズンの初めには、バルベルデ、マス、ソレルの3人がツール・ド・フランスでスタートすることが計画されていた。

 

これでは昨年までのトライデント関係と一緒?   反省しないのか??   うまくいくのか懸念されていたのは当然だろう。

また、バルベルデとマルク・ソレルがツールとブエルタを組み合わせる予定。つまり、ジロ・デ・イタリアには明確なリーダーのいない状態だった。

だが、コロナのためチームの計画は最初からやり直す必要が生じた。ライダーは各自、ここ数週間で彼らの好みをほのめかしていた。

先月初めに、バルベルデツールとブエルタに乗るという彼の意図に固執すると発表。

野心的なマルク・ソレルはも、ツールとブエルタに照準を合わせていた。

そして、エンリク・マスはついに念願かなってツールとブエルタに出場する予定だったのだが。

 

バルベルデとマスのツールとブエルタ

photo Movistar Team twitter

 

アレハンドロ・バルベルデ

チームは最終的な役割分担を発表。バルベルデとエンリク・マスは、ツールとブエルタでの共通のリーダーシップに焦点を当てることになる。

素晴らしいサポートチームとエンリク・マスがいれば、良いチームを形成できる。

とバルベルデは語った。

4月に40回目の誕生日を迎えたバルベルデにとって、これは彼の27回目と28回目の大きなラウンドのパフォーマンスになるはずだ。

2015ツール・ド・フランスの3位は彼の最高の結果。彼は2009年にブエルタで総合優勝しており、昨年も2位。

衰えを感じさせないバルベルデは、今年も爆発させることが出来るのか?

 

photo enric_mas instagram

マスもバルベルデとのコラボレーションを楽しみにしている。2019ツール・ド・フランスでは22位と沈んだ。

ヤングライダー賞では3位だったが、昨年はジュリアン・アラフィリップのアシストになった感じだった。実際山岳ではアラフィリップを引いていたし。

2018年、エンリク・マスは、すでにサイモン・イエーツについでブエルタで総合2位。

ツールとブエルタでアレハンドロの次にスタートする動機になった。他のチームにはない大きなメリットだ。

と彼はライブビデオで語った。

 

マルク・ソレル

photo solermarc93 instagram

ソレルは単独でジロのリーダーとなる。

ツールとブエルタはすでに2回走っている。マルク・ソレルを単独リーダーとしたのは正解だったのではないだろうか?

昨年のブエルタで見せたナイロ・キンタナに早く走れとジェッスチャーしたのはチーム戦略としてはマズイ行為だった。

 

彼の場合には、一度リーダーを任せて経験を積まさせるのが良いはず。26歳と若いのでこれから数年で最高のシーズンを迎えるはずだから。

 

ベストを尽くすつもりだ。ジロでは素晴らしいチームができる。Eusebio(チームマネージャー)がこの機会を提供してくれて、それは良い考えだと思った。

チームに良い結果をもたらしたいと思う。

 

新たなトライデント関係とはならず、別々にリーダーを配置するのは良い考えだろう。バルベルデの場合には、世界選手権なども狙っているので途中離脱もあり得る。なのでエンリク・マスと組ますのも良い案だ。

 

こちらはバーチャル記者会見の様子。
Movistar Team presenta sus nuevos objetivos para 2020

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました