ロードバイクの情報を発信しています!

Team Katusha、CCC Teamのエースを務めたイルヌル・ザカリンがシーズン途中での引退発表

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

イルヌル・ザカリン(Ilnur Zakarin)が2022年シーズン途中で引退することをインスタで公表した。

2015年から、Team Katushaのエースとして活躍。Team Katusha Alpecinの消滅により、2020年にはCCC Teamに移籍。

CCC Teamも解散となり、ロシアのGazprom – RusVeloに2021年から所属していた。ただ、Gazprom – RusVeloもチーム名変更してスポンサーを募っているけど、誰も手は貸さない。

 

スポンサーリンク

次の道へ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ильнур Закарин(@zakarin444)がシェアした投稿

 

インヌル・ザカリンはインスタで以下のように引退を発表

私は正式にサイクルスポーツのキャリアから引退することを発表します。私は20年以上にわたってさまざまな競技を経験し、成功と障害、達成と失敗を繰り返してきました。

今、私は前に進む準備ができています。これは新しいステージであり、新しいスタートです。

私の人生の新しい章が始まりますが、それはまだスポーツと結びついています。

@inex.clubはサイクリング愛好家のためのクラブで、たくさんの機会を提供しています。これは私が本当に好きなことであり、私が打ち込もうとしていることです。

 

イルヌル・ザカリンの最後の勝利は2019ジロ・デ・イタリア第13ステージにさかのぼらないといけない。

ジロでステージ2勝、2017ブエルタ・ア・エスパーニャでは総合3位となったが、Gazprom – RusVeloに移籍してからは実力が発揮出来ていなかった。

2022年一杯で引退を表明していたが、それが早くなってしまった。しかし、これも仕方のないことだ。

ザカリンはINEX Clubで働き始める。キプロスに拠点を置くこの会社は、スポーツイベント自体を開催しており、サイクリング愛好家のためのクラブとして、アスリートが他の大会に参加するのを支援している。

インヌル・ザッカリンはスポーツに関連した仕事を続けていくことになる。とても残念な発表だけど、次の仕事があるならば先に進んでいくしかない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました