ロードバイクの情報を発信しています!

Movistar Teamがマーク・カヴェンディシュ獲得の噂を一蹴

海外情報
Photo credit: niallkennedy on VisualHunt
この記事は約4分で読めます。

マーク・カヴェンディシュは移籍先が決まらないが、シンガポールクリテリウムではポイント賞獲得にむけて精力的に走っていた。

集団の頭もとっていい走りを見せている。

 

このマーク・カヴェンディシュの移籍先として、新たに噂になったのがMovistar Team。だが、Movistar Teamも噂を一蹴した。

 

スポンサーリンク

噂となったチームの数々

Raphaのイベントに参加 Image credit: Simon MacMichael

 

マーク・カヴェンディッシュが2023年にどこで走るのか、という話には、あまりにも多くの紆余曲折があり、正直言ってわからない。

まず、7月にマーク・カヴェンディシュがQuick-Step Alpha Vinyl Teamののツール・ド・フランス代表から外れ、歴史的な35勝目への望みが今年は絶たれた。

 

さらに、ロンドンで行われたRaphaのイベントに37歳のカヴが出席した後、EF Education-EasyPostに移籍するという噂が、暫定的にではあるが流れた。

次には、B&B Hotels – KTMが浮上。8月の時点では獲得はフィフティフィフティーだといっていたチームのGM、ジェローム・ピノー。

だが、チームは大物スポンサーとの契約が不透明なために、チーム発表会も中止してしまった。これが原因で、プロチーム申請もされていない。

 

Movistar Teamが噂となった理由とは?

噂の出所はイタリアのスポーツ新聞La Gazzetta dello Sport。

マーク・カヴェンディシュがTeam SKYに所属していた時からの付き合いであるマキシミリアン・シャンドリ(元英国プロ選手)が手招きしていると。

マキシミリアン・シャンドリは現在、Movistar Teamのディレクタースポーティフとして働いており、2年前からカブに声を掛けている。

アレックス・アランブル、イノマル・エルビティ、イバン・ガルシアからなるスプリントトレインも用意されていると言われている。

さらに、元のチームメイトでMovistar Teamに移籍するフェルナンド・ガビリアとスプリントを分担するとも。

 

ただ、スペインのMovistar Teamと、カブではイメージも合わないような。クライマーチームという印象だし。

 

Movistar Teamの火消し

 

だが、これに対してMovistar Teamは

こういう噂はさっさと寝かせて、WTのルール(2023年は30人になっている)を再認識させよう~でも結局No News Novemberだから、何か考えないといけない?😅😛

すでにたくさん(つまりイヴァン・ロメオとヴィニシウス・ランゲル)いるから、2023年のメンバーは30人になったんだ。

これは、長い間カブと親しい友人であったマックスの願望だったけどね。

アレハンドロを引退から解放させるためにその方法を試した方がよかったかもしれないが、UCIも許してくれないよ!

 

11月はニュースがないからだろうけど、それはないよねと言っている。入れるんだったら、アレハンドロ・バルベルデだとも。

まあ、どうなるかはもう少しすればわかるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました