ロードバイクの情報を発信しています!

偉大なリードアウトマン、マキシミリアーノ・リケーゼがブエルタ・ア・サンファンでお別れに

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt
この記事は約4分で読めます。

2022年シーズンに引退の危機にあったマキシミリアーノ・リケーゼ。

 

マキシミリアーノ・リケーゼは、UAE Team Emiratesで2022年シーズンを走り切ったが、2023年シーズンの署名には失敗してしまった。

マーク・カヴェンディシュと共に、B&B Hotels – KTMにリンクされていたのだけど。マキシミリアーノ・リケーゼは、ブエルタ・ア・サンファンでお別れのレースとなる。

 

スポンサーリンク

偉大なるリードアウトマン

 

マキシミリアーノ・リケーゼは、4年間在籍したQuick-Stepでは、トム・ボーネン、エリア・ヴィヴィアーニ、アルバロホセ・ホッジらを勝利に導いてきている。

UAE Team Emiratesでは、フェルナンド・ガビリアのトレーニング中間、同じアパートに住みトラックでも相棒だった。ガビリアの復帰も助けている。

 

署名キャンペーンでのあなたの名前は、マーク・カヴェンディシュの隣にありました。

私たちは B&B で一緒に走るべきだったが、プロジェクトは失敗に終わった。私はマークと話し続けた。彼は私を連れて行きたいと言っていた。

アスタナ問題についても話したが、ある日から次の日には彼はそうしなかった。せめて、電話が欲しかった。電話またはメッセージで十分だった。私は理解したでしょう。

彼と一緒にレースをし、一緒にツール・ド・フランスに挑戦して歴史的な記録を達成しようと考えたことは、私に大きなモチベーションを与えてくれていた。ここ数ヶ月、彼はいつも私を探していたので、私は真剣にトレーニングを続けていたんだ。

 

あなたのキャリアは最後の段階にありますが、何が残っていますか?

私にはキャリアを通じて多くの友人がいて、多くの素晴らしい瞬間があった。幸運にも非常に素晴らしいチームでレースをすることができた。特にクイックステップは私にとって本当の第二の家族だ。

私は今でも多くの元チームメイトから話を聞いている。パトリック・ルフェーブルとは時々チャットしている。そして最終的には、良い友情を築くことが重要だ。

 

最高の瞬間は?

私には多くの美しい瞬間がある。フェルナンド・ガビリアと一緒にツールで黄色のジャージを着用したことは、大きな喜びの瞬間だった。

その後、2019年のツール・ド・フランスでジュリアン・アラフィリップと黄色のジャージを長い間着ていた。格別の満足感。

 

2016ツール・ド・スイス第4ステージ

 

私の勝利の中で、私は2つの勝利をよく覚えている。2016スイスでのレインボージャージのサガンとフェルナンド・ガビリアの前で勝利したことだ。しかし、それは… 間違いだった。

そして、ここアルゼンチンで、私の家族と私の人々の前で勝ったとき…..。

私は自分のキャリアに非常に満足している。チャンスがあった。キャプテンとは常に素晴らしい関係を築いてきた。彼らの勝利は常に私のものと同じように感じられた。

 

私たちは、別れの瞬間が必ずしも容易ではないことを知っている。

十分に言うのは簡単ではないが、その時が来たら簡単ではないので、自分自身を準備しようとしている。

私は17年間プロであり、13歳のときからレースをしているので、新しい刺激を見つけて、このサイクルを閉じることを受け入れる必要がある。

この意味で、私は個人的にこの章の終わりを受け入れるのに苦労している。セラピストの助けを借りて、私を待っている人生の変化を吸収し、家族を苦しめないようにしているんだ。

私は同僚が「自分自身を台無しにする」のを見てきた。私は彼らのようになりたくはない。

 

あなたの将来はどうなりますか?

私はすでに妻と弟と一緒に会社を立ち上げている。レーズンと食用ぶどうを生産している。

家族と一緒にブエノスアイレスで自転車の卸売店を経営しているし。私も手を差し伸べるが、私の大きな夢は何かをすることだ。

ここサンファンで子供たちと一緒に何かをしたり、自転車競技場を利用したり、サイクリングの未来のために働き続けたりするかもしれない。

何故だろうか?  私たちアルゼンチン人にとって非常に重要なこのサンファンのレースのために、主催者と協力したいと思っている。

 

マキシミリアーノ・リケーゼは、アルゼンチン選抜チームでブエルタ・ア・サンファンに出場している。第1ステージは21位で終えている。サンファンでは、2018年にも勝利。

最後に、もう一度スプリントに加わるマキシミリアーノ・リケーゼの姿を期待したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました