ロードバイクの情報を発信しています!

マーク・カヴェンディシュの落車にヤニック・シュタイムレがノケレ・コールスのゴール後手術に

海外情報
PexelsのJohannes Rapprichによる写真
この記事は約2分で読めます。

ベルギーで行われたセミクラシックのダニリス・ノケレ・コールス(Danilith Nokere Koerse)。

優勝は、まさかの逃げ切り勝利をあげた、ルドビッチ・ローブ(Bingoal-Wallonie Bruxelles)。

そして、期待されていたマーク・カヴェンディシュは、ラスト6.5km地点の石畳で落車してしまう。

ペダルが外れず、横倒しになったままだったが、その後サボートカーを待ってバイク交換して走り出していた。

だが、その先ではチームメイトのヤニック・シュタイムレも落車。ゴール後に病院直行となっている。

 

スポンサーリンク

シュタイムレは手術に

こちらはマーク・カヴェンディシュが落車した時の映像 再生まで少し時間かかります

 

レース序盤から、常に集団前方に位置しており、この時も集団中ほどで食らいついていたのに残念。

落車の原因は、前の走者にホイールにタッチしてしまったとによる。

バイク交換してから、すぐに走り始めチームメイトのステイン・ステールスと共に84位でゴールしている。

 

photo Tiz-cyclingストリーミングより 以下同様

問題は、ヤニック・シュタイムレで、現場でレースドクターの治療を受けており、横たわったままだった。

シュタイムレは、レースの早い段階で一度落車している。この時には頭にはなにも影響はなかった。この時の落車も石畳の上で起こっており、雨のために滑りやすくなっていたことが原因だ。

すぐ病院に直行となり、肩鎖間接離開を患っており、手術の必要がある。更に肋骨骨折、軽度の気胸、脳震盪の症状もある深刻な状態だ。

自分でグローブを外すことも出来ないほど、寒さにもやられていたようだ。

完走した選手は86人で、半分しか走り切れていない厳しいレースだった。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました