ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールは背中の問題がアキレス腱となることを告白

海外情報
UnsplashClem Onojeghuoが撮影した写真
この記事は約6分で読めます。

この冬、マチュー・ファンデルプールの背中が再び話題になっている。

ここ数週間、シクロクロスで2回、レースで再び不満を訴え、何度もワウト・ファンアールトに勝利を委ねざるを得なくなった。

 

今はスペインのトレーニングキャンプに参加しているので、回復することができる、と言っている。

だが、全力でシクロクロスを走れないことは将来的にロード以外の競技を諦めてしまうことに繋がりかねない。

背中の問題が続くならば、パリオリンピックでのMTB挑戦は夢となってしまいそうだが。

 

スポンサーリンク

背中の問題

 

マチュー・ファンデルポールは、チームとともにスペインで充電中だ。2日間ゆっくりとロードで走り背中の痛みを軽減している。

 

特にクラシックな春を視野に入れている。シクロクロスのワールドカップが終わったら、またここに来ようと思っている。そうすれば、より早く集中的にトレーニングすることができるから。

 

ワールドカップは、シクロクロスシーズンの最終目標になるでしょうが、その後のスケジュールは?

今シーズンも、2年前とほぼ同じ路線で行くつもりだ。春の最初のレースとしてストラーデビアンケを選ぶ。その後、ティレーノ・アドリアテッコに行き、残りのクラシックに向けて準備を進める。

そして高地トレーニングの後、スイスとツールだ。

 

ロンド・ファン・フラーデレンでは、すでに2勝。2020年にはワウト・ファンアートを、昨年はタデイ・ポガチャルを決勝で切り崩しています。今年もミラノ~サンレモのトップ・ステップに立つときが来るのだろうか。それとも、パリ〜ルーベの石畳を好みますか?

フランドルは常に勝ちたいレースだ。もちろん、もう1つモニュメントを獲得するのもいいことだ。サンレモやルーベももちろんOKだが、フランドルでの勝利もとてもうれしい。

昨年、ミラノ~サンレモで初めて表彰台に立ちましたが、狙いますか?

サンレモは、勝つのが最も難しいクラシックの一つであることに変わりはない。ディテールが大事なんだ。

マテイ・モホリッチが下りでスパートしていったのは、私の注意が足りなかったのかもしれない。ポッジョでは、彼が優れたライダーの一人だとは思わなかったからだ。

 

背中に新たなダメージを負ったまま、クリスマス・クロスカントリーを終えてしまった。一体何が起こっているのでしょうか?

自分を知ってほしい。東京オリンピック以降、ずっと背中を鍛えてきた。上がったり下がったりで、かなりイライラする。

ロードバイクでは、痛みを感じない。昨年の冬は違いましたね。それはもう、いいことなんだけど、やはりクロスカントリーの時に全力疾走できないと、イライラする。

シクロクロスは背中に大きな負担がかかる。とはいえ、問題はそこではないと思う。昔は、1シーズン30本のクロスに乗っても腰が痛くならなかったんだ。

私のキャリアの中でも、最も悔しいケガの一つだ。主な理由は、原因が見つからないから。

筋肉を緩めてトレーニングすることが、今のところ唯一の改善策だ。静かにサイクリングすればいいのだけど、また1時間くらいフルでフィールドに出たいんだ。

 

2月上旬のシクロクロス世界選手権は、シクロの最終目標となりますね。

そう、このクロスシーズンの唯一の目標だ。大観衆の前を横切ることができる、というのがいいんだ。数年来、経験していなかったことだからね。

 

マウンテンバイクでパリの大会に参加

 

あらゆるマーケットで活躍していますが、マウンテンバイクにかける情熱は、どんなところにあるのですか?

来年の夏までは、絶対にマウンテンバイクを続けようと思っている。パリ五輪では、またそこに立ちたい。

願わくば、少なくともワウト・ファンアールトとの決闘は全力で戦いたい。痛みはまだある。これはおそらく私のアキレス腱のままだろう。

道路では痛みがなく、それを恐れていないが、シクロクロスやおそらくマウンテンバイクでもあるかもしれない。

そのあとは、ケープ・エピック(南アフリカで開催されるデュオのマルチディレース)に出たいと思っている。絶対にあれに乗りたい。

 

Alpecin-Deceuninckは、セーアン・クラーウアナスンを補強しましたね。

財産だ。そしてまた、一緒にコースを作っていくのに適したタイプのライダーだ。

 

来週、28本のキャンドルを吹き消す予定ですね。

あと何年か、レースで勝ち続けたい。また、いつかは少し減ってしまうとは思うが、できれば昨年の春をもう一度やり直したい。

 

昨年は、ロンドを制したほか、ドワルス・ドール・フラーンデレンも制した。サンレモ(3位)、アムステル(4位)、ルーべ(9位)でも力強い走りを見せています。

昨年のツールは、過酷なジロの後、途中で諦めざるを得なかったですが。

今年の大きな目標は、パリに行くことだ。それは成功しなければならない。そして願わくば、その過程でステージに立ちたいですね。

 

そして、グラスゴーで開催される世界選手権でも輝くために?

間違いない。自分に合ったコースだと思っている。世界選手権は常に目標であり、今年も例外ではない。

 

マチュー・ファンデルプールは、2018年の欧州選手権ロードで、マッティオ・トレンティンに次いで2位となっている。3位はワウト・ファンアールト。得意なコースだ。

 

ワウト・ファンアールトと重なるレーススケジュール

  • 1月22日 UCIシクロクロスワールドカップ ベニドルム
  • 2月5日  UCIシクロクロス世界選手権
  • 3月4日 ストラーデビアンケ
  • 3月6~12日 ティレーノ・アドリアテッコ
  • 3月18日 ミラノ~サンレモ
  • 4月2日 ロンド・ファン・フラーデレン
  • 4月9日 パリ~ルーベ
  • 6月11~18日 ツール・ド・スイス
  • 7月1日 ツール・ド・フランス
  • 9月6日 世界選手権ロードレース

 

全てのレースがワウト・ファンアールトと重なる。10年以上に渡るライバル関係は2023年シーズンも、シクロクロスからロードに向けて続くことになる。

問題は、本人がアキレス腱とも呼ぶ、背中の痛みが出ないことにかかってくるかもしれない。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました