ロードバイクの情報を発信しています!

ファビオ・ヤコブセンが初めて事故について語る「私は毎回思った。これがそれだ、私は死ぬ」と

海外情報
Photo by Olivia Snow on Unsplash
この記事は約18分で読めます。

ツール・ド・ポローニュでのゴールスプリントの事故で大けがを負ったファビオ・ヤコブセン(Deceuninck – Quick Step)が彼の話を初めてする。

生存について、祈る神父、太ったお尻、ディラン・フルーネウェーヘンについて。

事故のことは全く覚えておらず、目を覚ました部分から物語は始まる。これを読むと相当厳しい状態にあったことがわかる。

オランダの掲載サイトでは、ファビオ・ヤコブセンの現在の顔の写真もあるが、傷跡はあるけれど鼻が大きいくらいで、後はほとんどケガの状態はわからないと言っても良いかもしれない。

ただ、優しかった童顔の顔ではないのは確かだ。

事故から、その後までを翻訳してみたい。

 

スポンサーリンク

病院での目覚めから

一番左のカメラを構えたUCIのコミッショナーにぶつからなければ命はなかっただろう。

 

彼は病院のベッドで目を覚ます。彼はかろうじて動くことができ、全く話すことができない。

喉にチューブが入ってる。 彼は自分がどこにいるのか、何が起こったのかを知らない。枕元には3人の医師がいる。手術をしたそうで、足や腕を動かせるかどうか聞いてくる。

彼にはできる、困難はあるが。勝利したことを伝え、運ばれてきた時の様子を知りたいのかと聞かれる。彼はうなずく。医師の一人が写真を見せてくれた。

 

私が見たのは血だけの姿だった。どちらかというとひき逃げされた動物に見えた。え?これが自分?。これは私の見た目とはまったく異なる姿だった。

 

その2日前の8月5日、ファビオ・ヤコブセンはツール・ド・ポローニュ第1ステージに向けてバイクに乗り込んだ。バンチスプリントになるのはわかっていた。 速攻でカオスなやつ。

ほとんどの選手にとっては、コロナ後の最初のレースだった。地元のラップは知っていて、1年前にはそこにも乗っていた。

左、右、カトヴィツェを直進。フィニッシュはいつもと同じ場所、下降線で。元気があったのを覚えている。

そのことをトップグループにいた相棒のジュリアス・ファンデンベルフ(EF Pro cycling)にローカルラップで手を振って教えた。

チームメイトのダヴィデ・バッレリーニとフロリアン・セネシャルのホイールに乗って、ラスト1kmまで走った。それが最後の思い出です。その後は黒くなる。

 

 

1000キロちょっと離れた場所で、恋人のデローレ(22歳)と両親が台所のテレビの前に座っている。

デローレは、

ラッシュが始まる最後の10キロではいつも緊張してしまう。ならば別のことをしようと思っています。聞きますが、気晴らしが必要です。その日も、親父は「大丈夫だ、勝てる」と叫んでいました。

そこから私が見た光景は信じられないものだった。彼のヘルメットが頭から飛んでいったこと。これは間違っている。

チームドクターのイヴァン・ヴァンモールに電話をしたが、その時は意識がないこと以外は何も知らなかった。ツイッターではホラーストーリーしか書いていない。

30分ほどテレビのの前に座って、彼が死なないように祈っていた。その後、ポーランドに行くために荷造りをした。

深夜に携帯が鳴った。チームドクター。出る勇気がなかったので、しばらく鳴らさせておいた。その瞬間にファビオはもういないと言われてしまうのではないかと、とても心配していました。

ファビオ:それも近かった。

 

命の危険があったのか?

チームメイトのフロリアン・セネシャルは自転車をフェンスに投げて、私に向かって走ってきた。彼は私がフェンスの間のアスファルトの上に横たわっているのを見た。

いたるところに血が流れていた。周りの人々は何も出来ず、その光景に凍りついていた。フロリアンは、私が自分の血で窒息しているのを見た。

私は動けなかった、彼は私の目にパニックを見ていた。反射的に私の頭を掴んで何かを持ち上げると、口と喉から血が流れ出るようにしてくれた。

そして、私は落ち着いたと彼は言った。しかし、彼はそれ以外のことは覚えておらず、記憶はそこで止まっている。

テレビの画像では、少し遅れて泣いているのがわかります。彼は自分がうまくやったのかと疑っていた、あの後の数日。脊髄損傷の可能性があるから頭を持ち上げるべきだったのかどうか。しかし、それは2つの悪の間の選択であり、彼は正しい選択をした。

さらに、UAEのドクター、ディルク・テナーが車から飛び出してきたのはラッキーでした。彼は救急医としての経歴を持ち、救急ヘリが来るまで状況を調整してくれた。

 

二度、司祭が私のために祈った

その人たちがあなたの命を救っんだね。

ああ、それに俺の上にいたあのUCIコミッショナーもね。もし彼がそこにいなかったら、私はフィニッシュの壁に激しくぶつかり、今日ここにいて話をすることはなかっただろう。

 

あの人はどうなんだろう?

肋骨がたくさん折れているが 、それ以外は大丈夫だ。

 

病院に行く途中で人工昏睡状態になりました。夢を見たのか?幻覚?

、、何も。私は2日を失った。最初の夜は5時間も手術されて人工呼吸器をつけられていた。 でも、倒れた後の最初の記憶は、枕元にいた3人の医者のことです。

あの頃は何もかもが曖昧でぼんやりしていた。その日のうちにデローレと父が来て、防護服を着て、コロナのせいで口元マスクをしていた。私の母、私の妹、Deceuninck-Quick-Stepの心理学者と一緒に、チームを介して彼らはポーランドへ飛んだ。

目の前でスーツを着ている人を見たのが、実は最初に意識した瞬間だった。何時なのか知りたくて手首を叩いた。土曜日の4時だそうだ。その時になって初めて気付いたのだが、転倒から3日後のことだった。

私はポーランドの病院で集中治療室に横たわっている。彼らは足を骨折したからといって、そこに置きません。デローレは彼女の携帯電話を持っては入ってきた。だから、タイプしたんだ。 何があったのか教えてくれと。 スプリントで柵に乗り込んだと説明された。

 

 

デローレ : 彼の顔は正方形でした。実際、私は彼の目の近くの部分でしか彼を認識できなった。彼の眉毛、まつ毛。残りの部分は、いたるところに縫い目があり、すべてが傷だらけだった。

剃られていて、頭には頭蓋骨と脳がぶつかったところに大きな傷がありました。彼は脳脊髄液を排出するための排水管をつけられていた。

口は開かなかった。それは後々までうまくいかなかった。調べたのを覚えていますが、何も情報はありませんでした。歯が無くなり、口蓋の半分が無くなり、アゴの一部が無くなった。私は彼の鼻の内側を見ただけです。

 

ファビオ :呼吸が苦しくて、窒息するのが怖かった。そのカニューレを通って 喉に管のようなものを通したが 肺にも傷を負っていた。あらゆる種類の薬を飲んでいた。だから落ち続けたんだよ。

その後、足がしびれ、耳が聞こえなくなり、骨盤も引っ張られた。それは手と肩から首の下まで広まった。

やがて居眠りしてしまう。毎回思ったことは、そこに行く。これだよ、死にそうだよ。そんな感じではなかったのですが、そんな感じでした。

それは50回、おそらく100回起こった。それは死ぬことへの本当の恐れだった。それは私をパニックにし、生き残るために戦い、呼吸するのに苦労した。

それは事態を悪化させるだけだった。静かに保つためにより多くの薬を与えられた。それは私をさらに頻繁に漂流させた。

それらは私の人生で最も長い日だった。私はこれまでそのような苦しみを経験したことがありません。集中治療室でもう1日過ごすよりも、3つのブエルタを続けてレースしたい。

 

誰も説明してくれなかったのか?

聞けなかった。ゾンビのように横たわっていたからかもしれません。私がこの世からいなくなったように。 でも、その間に考えることができた。

周りで何が起きているのかが聞こえてきたり、見えてきたりした。隣の部屋には誰かがいた。ある時、長い間アラームが鳴っていた。すると静かになり、アルミのカートが廊下を走り抜けていった。こんなに大きくて長いもの。冷凍庫に運ばれたときに死体を置く場所。

私は知っていました。これは深刻です。人々はここで死にます。神父も二度来て私のために祈ってくれました。

 

神父さん?

“隣に座ってもいいかな “と言われた。私はただうなずくだけだった。私は宗教家でもなんでもない。しかし、私は思った、それがうまくいかなくても、傷つかないだろうと。

もし彼らがイマームや仏教徒を送り込んでいたなら、私も同じことをしたでしょう。私は必死でした、ただ生きたかっただけです。

 

彼は何を言ったの?

、、わからない。彼はイタリア語で本を読んだ。彼は私の生存を祈っていたのかもしれないが、私が知っている限りでは、彼は私のために天国の場所を手配していたと思う。

 

 

いつ生き残れると思ったの?

3日目の月曜日、ICUで目が覚めた。その時に思ったのは、フェンスから出ていなければ、そんなことにはならないってこと。

チームドクターのイヴァンが来て、何があったのか、どうしなっているのかを説明してくれた。しかし、彼は目に涙を浮かべながら私の枕元に立っていた。私の状態がどれだけ悪いか目で見て分かった。

 

では、完全なリストを見てみましょう。どれくらい悪かったですか?

脳挫傷。頭蓋骨骨折。鼻が折れた。口蓋が壊れて破れた。10本の歯がなくなった。上顎と下顎の一部がなくなった。

私の耳たぶの大きな切り傷。壊れた親指。肩の挫傷。肺挫傷。声帯の神経が打撃を受けた。ひどく傷ついたお尻。最初の衝撃は自分の顔でした。

そして、お尻でその男を殴りました。それは私の運でした。私はかなり大きなお尻を持っています。それは私が病院で最初の週に大きな床ずれを起こした場所でもある。

私は4週間座ることができなかった。ポーランドでは話すことができなかった。別のカニューレを手に入れたライデンに引っ越すまで、それは良くなりませんでした。

 

あなたの顔は素晴らしくよく回復しました。

それほど悪くはありません、はい。ビルボードにぶつかったところに裂け目があり、鼻はマイクタイソンとボクシングをしているように見える。

しかし、被害は主に内部にある。骨片が消えてしまった一つの大きな傷です。私の口蓋だけで80針縫っている。

彼らは私の骨盤の櫛から骨片を取り、それを私の顎に入れた。2月に別の手術をします。顎にインプラントを入れて歯を再建。しかし、それにはしばらく時間がかかる。来年の秋まで、再びすべての歯を持っていることはない。

 

あなたはそれをほとんど簡潔に言います。

私は適度に静かな人です。また、見た目もあまり気になりません。医者は私の鼻をより美しくするためにもう少し作業をすることができますが、それは内側のより多くの瘢痕組織につながるでしょう。呼吸に支障をきたす可能性があるので、私はそれを望んでいません。

 

またサイクリングしますか?

はい、そうです。しかし、それにはしばらく時間がかかった。最初の8週間は暗い部屋で過ごしたしね。電話もテレビもありません。私はデローレに洗われなければならなかった。

朝食をとるためにベッドから出たとき、とても疲れていたので、すぐにソファで再び眠りに落ちた。カロリーの多いスムージーと病院のチョコレートミルクを食べていた。家にいた最初の週の終わりにピザを注文したのを覚えている。一口食べるのに10分かかりました。半分の歯のセットではかなり難しい。

順序は次のとおりです。最初に回復し、次に再び普通の人になり、次に私が再びサイクリストになることができるかどうかを確認します。

これで、1日おきに2時間サイクリングする準備ができました。静かで、コーヒーラウンドのペースで。私はまだ全力疾走していません。でも、またスケジュールがあり、チームと一緒に合宿に行った。

数週間前、私は数人のチームメイトと一緒にツアーに行きました。それはおそらく1時間で30キロのポルダーを通過したが、私は陶酔していた。

ツールの最終ステージでシャンゼリゼをドライブしているような気がしたね。自分の職業がどれだけ好きか、レースがどれだけ好きかを実感した。

医者と私のトレーナーは私のカムバックに日付を入れたくありません。彼らは言う:一歩一歩、それを楽にしてください。

個人的には、3月のシーズンが始まるときに行動の準備ができていることを望んでいるが、現実的には8月になるでしょう。墜落からちょうど1年後、再びレースに乗れるといいのではないでしょうか?

 

まだそれができるかどうか疑問に思ったことはありますか?再び最高レベルでレースすることは物理的に可能ですか? 

そうなると思います。これまでのところ、私のパフォーマンスを制限する可能性のあるものは何も見つかりません。うまくいけば私はまだ持っています。

しかし、私の体は大きな打撃を受けて、かなりうまくごちゃ混ぜになっている。100%あげられない可能性もあるけど、やってみるまでわかりません。声帯の神経がよく治っているようです。私が呼吸するときに声帯が動くことができなければならないので、それは重要だ。

しかし、100%ではなく98%しか回復しない場合はどうなるでしょうか?レクリエーションに乗っているときはほとんど違いはありませんが、ワールドツアーでスプリントに参加している場合はどうでしょうか?

 

心理的にはどうですか?もう一度スプリントする勇気を見つけることができると思いますか? 

そう思いますが、スプリントの真っ只中にいる瞬間まで、それは確かにわかりません。クラッシュ自体を覚えていないのは私の利点です。私はそれについて夢を見ていません。

私は自転車から落ちることを恐れません。統計的に言えば、本当に深刻なクラッシュはそれほど頻繁には発生しないことを思い出します。宝くじに2回続けて当選することはありませんよね?

カムバックを成功させたいのなら、すべてを捧げなければなりません。ブレーキをかけすぎるスプリンターは、レースに勝つことはありません。

 

 

クラッシュの映像を見たことがあるりますか?

はい、あります。その後すぐに、ポーランドのICUで。

 

ディラン・フルーネウェーヘンの行動をどのように見ていますか?

それは非常に明白です。ディランは彼のラインから外れ、私が彼を追い越すとドアを閉めます。誰もがそれを見たと思う。もし彼がもう少し早くドアを閉めていたら、私はブレーキをかけることができただろう。

もし彼が少し後でそれをしたなら、私は彼の前にいたでしょう。この場合、それはうまくいきませんでした。私が行くことができる場所はありませんでした。その瞬間、私たちは84km/hで走っていたと思う。その速度では、反応する時間はほとんどありません。

 

彼のせいですか?

はい、どういうわけか。私は彼が責任を負わないと言うほどオープンマインドではありません。しかし、何よりもそれは残念だと思う。

私自身のために、彼のために、私たちのチームのために。私たちはオランダで2人の最速のスプリンターであり、世界で最高のスプリンターの1人でした。それは一年中の変化だった。彼が勝った時と私が勝った時。二人ともジロに行く。

私たちは非常に長い間続くことができる決闘を始めた。そのような決闘、それが私たちのスポーツのすべてなんだ。

私たちはエンターテイナーであり、その対価を受け取る。私は彼に対して自分自身を測定することを本当に楽しみにしていた。しかし、その後、敬意を表して、このようなことがポーランドのツアーで起こる。

彼がなぜそれをしたのか理解するのは難しいと思う。彼は私を見ませんでしたか?

彼はあまりにも多くのリスクを冒しましたか? 彼はどんな犠牲を払っても勝ちたかったのですか?リスクは何でしたか。私にとって、スプリントは200mのサインを見て、それから魅力的なもの以上のものです。頭のないチキンがペダルにぶつかるようなものではない。

彼はその結果について考えるべきだった。私たちは人間であり、動物ではありません。これはスポーツであり、すべてが許される戦争ではありません。

 

彼とは連絡を取り合っていますか?

彼は私にどうだったかを尋ねるメッセージを送ってくれた。私は答えた。ごく最近、彼は私たちが会えるかどうか尋ねてきた。

この問題が彼の魂に重くのしかかっていること、そして彼もそれを置き去りにしなけれればならないことを私は理解することができる。

しかし、私はまだ準備ができていません。まず、私の癒しのプロセスがどのように進んでいるかについてもっと知りたい。

彼はこれを望んでいませんでした。そして、彼はキーボードの後ろにいる匿名の人々からたくさんのがらくたを受け取っている。

それはばかげている。彼がすぐに得意なこと、つまり全力疾走ができるようになり、私たちがこれらすべてを私たちの後ろに残すことができることを心から願っている。

 

彼はUCIによって9か月間停止されました。そのペナルティに同意しますか?

9か月は非常に長いです。しかし、オフシーズンを省くと、たった1、2か月です。彼は自分と同じくらい危険な状態で全力疾走することで誰かの命を危険にさらしたことを覚えておいてください。

それはサイクリング業界が検討しなければならないことです。他のライダーを気にせずに神風特攻隊の全力疾走を終わらせなければなりません。この事件を前例として役立てましょう。

のようなことをやってのける次の事件は、少なくとも半年は停止されます。陪審員はより緊密なグリップを維持する必要がある。

現在、規制はしばしば一貫性のない形で施行されている。ディラン自身は、犯人にペナルティを課すことなく一度障壁に押し込まれたことがあるので、彼はそれがどのように感じられるかを知っているはずだ。

そして彼自身、2016年のユーロメトロポールツアーでオリバー・ナーセンの扉を閉めました。その、ペナルティはありません。陪審員がこれらの事件に対処しない場合、彼らはおそらくそのようなことをすることはそれほど悪くないという合図を送っていることになる。

それがライダーの頭に浮かぶメッセージです。一方、2016年の事件の後、ディランは自分自身に次のように考えた可能性がある。

ふぅ、それは近かったので、私はそれを二度と起こさせません。次回は私のラインを維持します。

しかし、これについてはっきりさせておきましょう。私の怪我は、高速と障壁によっても引き起こされた。

障壁は私の転倒を壊しませんでした、彼らはただ折りたたまれた。進行中の調査により、それらが正しく組み立てられたかどうかが明らかになる。

それに注意を払うと、多くの種類のバリアには小さな脚が突き出ており、バリアの列にはしばしばギャップがあることに気付くでしょう。

 

あなたのクラッシュが何かを引き起こしたようです。ライダーの間、チームの間、そしてUCIでさえ。数年以内にあなたの墜落はターニングポイントと見なされると思いますか?ライダーの安全がついに重要になり始めた瞬間として。

そうだといい。UCIは、この問題をもっとよく知っているはずだ。ポーランドのような危険なゴールは禁止されなければなりません。

自分自身で言えば、これからは、フェンスが良くなければ、パンチスプリントに参加することはありません。

あなたは医療回路全体を内外で見てきました、あなたは長い間廃業していて、あなたのキャリアの将来は危険にさらされているかもしれません。誰が損害を支払うつもりですか? 

それは複雑です。私は弁護士ではありませんが、私の意見では、いくつかの当事者がある程度責任を負う可能性があると思う。

ディラン、彼の雇用主であるユンボ・ヴィズマ、ツールドポローニュ組織およびUCI。最高レベルで戻ることができれば、比較的うまくいく可能性があるが、再びレースをすることができなくなったらどうなりますか?

Deceuninck-Quick Stepでの私の現在の契約は、2021年の終わりまで実行される。その時までに実行していなければ、すべてそこで終了する可能性がある。

スプリントを恐れる足を引きずるライダーは誰も望んでいません。彼らは私を気の毒に思うからといって給料を払うつもりはありません。

はい、来年末までにライダーでなくなり、一部の工場で交代制勤務を開始できるというシナリオがあります。それは何も悪いことではありませんが、異なる金額と異なる視点を話していることになる。

それは私の未来です、デローレの未来、そしていつか私たちの子供たちの未来。

そのため、私はこの責任訴訟を軽視していません。うまくいかない場合の最後の手段です。他人の行動や自分の手に負えない状況のために私が混乱に陥った場合、それは非常に不公平になるでしょう。

 

このような責任のケースは、何年にもわたって引き延ばされる可能性があります。

はい、特にポーランドとUCIが関与している。ディランとユンボ・ヴィズマは、オランダなので少し簡単かもしれません。しかし、私はそれから可能な限り多くを引き出すために訴訟を起こしていません。

それはまた責任についてです。他の解決策がある。どうやって、何をするのか正確にはわかりません。私はDeceuninck-QuickStepでとてもくつろいでいて、去るつもりはまったくない。

しかし、誰が知っているのか、おそらくユンボ・ヴィズマは言うでしょう。彼が戻ったかどうか、またはどのような状態にあるかに関係なく、彼に契約を提供しましょう。

それは責任を取る方法でもある。その場合、ディランと私が同じチームに所属することになったら、彼にスプリントをリードさせます、ハハ!

 

クラッシュはあなたを何らかの形で変えましたか?あなたが死に近づいた今の人生の別の見方は? 

私はICUで自分の祝福を数えました。デローレと私の両親が訪れるたびに、涙が私の頬を転がり落ちた。

私の愛する人、私が知っている人々について考えるでしょう。両親、ガールフレンド、友人、義理の人、私の周りの人々は私がしていることに誠実な関心を持っている。

しかし、医師、看護師、あなたを直してくれるすべての人々も。このようなことを経験すると、これらは非常に特別なものになる。

あなたが通常当たり前と思っている関係は、突然異常になることもある。すべてが有限であり、物事がそのように終わることができることに気づきます。デローレと私はモナコに引っ越す計画がありました。

私が話すことを可能にするカニューレを手に入れたときに私が最初に言ったことの1つは、それをするつもりはないということでした。

両親、姉、義理の親、友達、いつでもおばあちゃんやおじいさんに会いたいです。この試練を一緒に経験して以来、デローレとの関係はさらに良くなりました。ある意味、無条件になっています。

 

デローレ:彼が生きていることをとてもうれしく思います。そして、彼が毎朝目を覚ますことにも。

 ファビオ:私もそうです。私もそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました