ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールは最初のシクロで優勝を目指し華麗なテクニックを披露

海外情報
Photo by Brett Jordan on Unsplash
この記事は約6分で読めます。

マチュー・ファンデルプールはシクロクロスには以前ほど興味はなくなったと言っている。

だが、それでも世界選手権はきっちりと優勝を狙う。また、最初のシクロクロスレースから優勝を狙うための準備もしていると言う。

3回しか練習してないというけど、すでに砂場対策もバッチリ出来ているようだ。

 

スポンサーリンク

今週末レースから優勝を目指す

Mathieu van der Poel maakt zaterdag zijn comeback in het veld

 

2週間前に冬のシーズンをスタートさせているワウト・ファンアールト。これについてどう思う?

ファンアールトを判断できない。彼にとって何が一番いいのかを感じているのだろうが、重たいロードプログラムの後、すぐに再開しているのがわかる。

自分は、もう少し時間をかけて、長い休息期間を作りたかった。気持ちよく最初のクロスに行くのはもうギリギリの時間だ。

実際には、あと2週間ほど待っていれば、もっと良かったのですが。でも、いつかは始めなければいけない。いい感じになるには2、3回のレースが必要です。

 

ボームの後、ファンアールトはがっかりしていました。どうやら予想以上に難しかったようで…。

シクロクロスは非常に特殊なスポーツです。しかもレベルが高い。彼らに立ち向かうのは目に見えているほど簡単ではない。

今、彼らは1年前よりもさらに長くレースをしており、コロナ危機で、私たちは非常に異なる時代から来ている。

しかも、ワウトは素晴らしいレースに乗ってきた。彼はさらにロードレーサーになっている。また、リズムを取り戻すチャンスを与えなければいけない。

 

私たちの期待は現実的ではないのでしょうか?去年のRuddervoordeではすぐにカムバックで勝ちましたね。

それはいくつかの要因による。コースの調子はどうですか?  ホイールはどうする? 気分はどうですか?

しかし、勝つためには競争しないといけないと思っている。ちなみにワウトは完全には満足していないが、乗れているところを見つけた。しかし、彼が失望していたことは理解している。

 

なぜ土曜日は去年とは違うのでしょうか?

コロナは全てをガタガタにしてしまったので、ビルドアップが少し違っている。でも・・・正直なところ? 1年前に再開した時よりも、今の方が少しは準備ができていると思う。

純粋にクロスバイクのトレーニングは3回しかしていないので、あまりやっていません。

でも、去年と比べると、トレーニング中にインターバルで鍛えたことが多かったですね。それは私が望んでいたこと。

去年は最初は自分のベースの方が働いていたので、長い間スーパーではありませんでした。世界選手権に向けて、自分が普段のレベルに到達したのは、より具体的にクロストレーニングをするようになってからだった。

そうそう、優勝のためにすぐにでもアントワープに行きたいと思っているよ。

そうでないと私もがっかりしてしまう。テンションの高いレースだが、私はシェルデクロスが好きです。

Gavere(日曜のレース)の方が難しくて、あとは自分のペースに頼ることができる。

もう、この数週間でワウトで見ただろ。スピードライディングは彼にとって何の問題もなかった。それは私たちに忍び込み始めるロードサイクリストの典型だね。

でも、確かに自分のことは自分でできるようになりたいと思っている。そうしないと満足できない。

 

マチュー・ファンデルプールはすでに砂場でもトレーニング済み

 

この冬の大きな目標は?

オステンドでの世界選手権。それだけだよ。守るべきランキングはない。だから選手権以外では何も起きない。 しかし、繰り返すけど、プレッシャーなしで勝つためにすべてのシクロを開始する。

 

ナムールでの、ワウト・ファンアールトの初決戦を楽しみにしていますか?

必ずしもそうとは限らない。私が見たクロス(Merksplas、Kortrijk、Tabor、Boom)は刺激的で魅力的だった。見ていて楽しかったので、また行くのを楽しみにしている。観客がいなくて寂しかったけど。

 

サッカー用語で言えば、グランドスタンドの選手が…。

観客が多いと特にやる気が出ますね。そんなわけで、12月はクロスが一番好きな時期です。

ツアー・オブ・フランダースでは坂道を除いて、まだ少し人がいた。シクロクロスのコースは、完璧に決められていて、サイドにはほとんど人がいない。かなり気が滅入りそうだ。

 

少し、前を見てみよう。ツール・ド・フランスとオリンピック、実行可能な組み合わせ?

いずれにせよ、私は組み合わせをすることになっている。問題は選択肢が少ないこと。そして、はい、私はパリに到達することを目標にツール・ド・フランスを開始することを前提としている。早めにレースを止めるつもりはない。でも理想的な組み合わせではないと分かっている。

 

コロナのおかげで、東京への準備はできません。今年はほとんどマウンテンバイクに乗らなかったんですね。

ちょっと怖い と思っている。マウンテンバイクのトップになるまでには時間がかかったが、専用のトレーニングをしたことで成功した。

カレンダーが全部消えてしまった今、1年を失ったような気がしている。2021年のワールドカップには2~3回乗ってある程度のポイントを獲得してダメージを限定するという事前計画もある。

もちろん、それはすべて変更される可能性がある。しかし、マウンテンバイクは、特にトレーニングの面で、私の好きな種目になった。

これは3つの中では一番手ごわいですね。マウンテンバイクほど苦労したことはない。

私がトップとのつながりを築いた昨年になって初めて、その苦しみは楽しみへと進化した。ワールドカップ優勝の幸福感も大きい。おそらく、トップに到達するのに時間がかかったからでしょう。

 

ツールではステージ優勝以外にも野望はあるの?私たちは自発的に緑のジャージのことを思い浮かべてしまうけど

いや、ステージに勝つことがゴールだ。あの緑は心の奥底にあるはずだけど。 突然チャンスがあったとしても、それは事前の目標の一つではありません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました