ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールは世界選手権でワウト・ファンアールトとゴールに向かうのはリスクがあると

海外情報
Image by S. Hermann & F. Richter from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

マチュー・ファンデルプールの腰痛はまだ終わっていない。

休養が必要だが、来週までそれはできないだろう。100%解決しておらず、パリ~ルーペのあとに、ようやく長期間休めるようになる。

マチューは、ワールドカップに向けて、3つのフランドルレースにしか乗っていない。アントワープ・ポート・エピックで優勝した後、プリムス・クラシックで8位、GooiksePijl46位。

最後の2週間は少しだけトレーニングができたが、あまりフレッシュではなかったという。

スーパーな状態を作り出そうとしたが、短い時間でそれが成功したかどうかは、レースでしかわからない。

 

スポンサーリンク

世界選手権に向けて

 

優勝候補のワウト・ファンアールトは、省エネで走ると言う。このコースではスプリントになると思っているようだ。このために、ベルギーチームは全力で逃げをつぶすだろう。

まあ、本当かどうかはわからない。実際には、危険なアタックには乗らないといけない状態になるだろう。

それに対してマチュー・ファンデルプールはどう考えているのか。レース前のインタビューを聞いてみよう。

 

あなたはオランダのエースとして優勝候補の一人と見られてますね。

いや、その役割を自分に負わせるつもりはない。弱者の役割を果たしたいから言っているのではない。お気に入りという役割には全く問題はない。

私は多くの選手権で一番のお気に入りとして活躍してきた。しかし、面白がって隠れていたわけではなく、急に問題が出てきたんだ。

 

通常、あなたは自分のコースを誰かに合わせるのが嫌いな人です。ワールドカップではどうでしょうか?

コースを誰かに合わせる、ということが好きではない。今もそれはしない。いつものように気が向いたときに攻撃するのではなく、もう少し賢く力を発揮しなければならないと思っている。

私にとって、このコースは完璧なコースだ。私だけでなく、多くのクラシックライダーにとっても完璧だ。だからこそ、そこにいたい。この世界大会の後、次のチャンスを得るには数年待たなければならないかもしれない。それが続けていくことを決める要因になった。

 

ベルギーではワウト・ファンアールトが絶対的なトップランナーです。オランダはどうですか?

まだ話し合わなければならないことがある。私は槍玉に挙げられている。オープンなレースをして、常に誰かと一緒にアタックすることを想定しているが、それはほとんどの国で言われていることだろう。

しかし、私はワウト・ファンアールトのようにベルギー人と一緒にいるリーダーではない。彼が唯一のリーダーであるという事実は、私には明白に思える。

しかし、だからといって、チーム全体ですべてのギャップを埋めることはできない。また、戦術的に圧迫されないように、一緒にジャンプする。その点、ベルギーには他にもアウトサイダーがいると思う。

 

あなたはワウト・ファンアールトと一緒にゴールまで走る勇気がありますか?

それはリスクだが、彼はその逆も考えているだろう。ワールドカップは、ロンド・ファン・フラーデレン(昨年、ファンアールトとのスプリント勝負で優勝)とは比較にならない。

このレースは、決勝が非常に長く、これまでずっとペアで走ってきたレースとは別だ。それは、集団でフィニッシュまで走ってスプリントするのとは少し違う。通常、私の場合、ハードなレースであればあるほど、私のスプリントは良くなる。

期待しているのは、フランドルのループでレースが難しくなってくれること。デンマークやイタリアなどの多くの国は、レースをできるだけハードにすることで利益を得ることができる。

だから、ワウト・ファンアールト以外にも、ソンニ・コルブレッリ、ジュリアン・アラフィリップ、カレブ・ユアンも考慮に入れている。

 

世界選手権は、これまでのU23、女子のレースと違う展開を見せるはずだ。集団スプリントではなく、少数のグループでの決戦を期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました