ロードバイクの情報を発信しています!

マチュー・ファンデルプールはシクロクロス王者を何度獲得しようと思っているのか?

海外情報
Photo by Matt Duncan on Unsplash
この記事は約5分で読めます。

マチュー・ファンデルプールはワウト・ファンアールトとの対決を制して世界選手権3連覇。合計で4回目の世界王者となった。

レース後の祝賀会もなく、結局自宅でガールフレンドとピザを食べただけらしい。

マチュー・ファンデルプールは、レースから一夜明けた日にオンラインでマスコミのインタビューに答えている。

その中で、あと何回世界選手権に挑戦するのか答えているので聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

最高の世界選手権の勝利は?

こちらは2021世界選手権男子エリートハイライト
Men Elite Highlights | 2021 UCI Cyclo-cross World Championships

 

今回のオステンドの勝利は記憶に残るものになりますか?

ワールドカップで優勝することは常に特別なことだが、タボールでの最初の優勝は今でも最も美しいものだ。

一方、ボーゲンセ(2019年)の勝利も特別だった。3年間勝てなかった当時のプレッシャーは計り知れないものがあった。昨日のオステンドとは対照的に ワールドカップに向けてこれほど落ち着いて暮らしたことは滅多にありません。どんどんピークを迎えられる気がする。

 

ワウト・ファンアールトのパンクが勝利の要因となりましたか?

もちろん、パンクしたタイヤで走るのもスポーツの一部だが、誰かにそれを望むことはないだろう。そうですね、昨日は助かりましたが、あのパンクがなくても勝ったでしょう。

とくにかく別のゲームだった。一方で……私も過去には不運なこともありました。

 

ワウト・ファンアールトとの戦いはモチベーションを高めてくれますか?

何度も言っているが、お互いに高いレベルに持ち上げ合ってる。私たちの決闘は、それ自体が物語となり、スポーツを超越したものとさえなっている。

これは、私とワウトの両方の利益になる。ちなみに、私達は限界に挑戦し続けている。去年のツールでワウトが何を達成したか見てもらいたい。新しいことを発見し続けることが良いことなんだ。

 

純粋に楽しい

ファンデルプールは現在、エリート・シクロクロスの世界タイトルを4つ獲得している。彼はローランド・リボトン(Roland Liboton)の記録に匹敵し、虹のジャージを7回獲得しているエリック・デ・ブレミンク(Erik De Vlaeminck)の記録に近づいている。

 

いつまでシクロクロスを続けますか?

ワールドカップを中心に、冬の10、15レース。今年はそうやってやっていたので、これからも数年はそうやってやっていきたいと思っている。少なくとも30歳までは。

それは純粋に楽しい。それは冬を壊してくれる。何時間もトレーニングするよりも楽しいですよね。しかもストレスなくできる。

もう何も証明するものがないので、冷静にタイトルに向かって頑張れる。それが私次第になるのならば、来年はフェイエットビル(Fayetteville bij)にいるだろう。

まだ考えたことはないけど、アメリカでワールドカップを行う。

エリック・デ・ブレミンクの7勝?  まだ考えてはいないが、長い目で見ればそれが目標になるかもしれません。とはいえ、まだその道のりが長いことを認識している。

 

シーズンオフとこれからは?

とても新鮮な気持ちになった。合宿で気づいた。フランダースの後、2週間は自転車に触らず、その後はゆっくりと積み上げていった。

私のためのロードシーズンを開始することができるし、楽しみにしている。

特に今、コロナは私たちの生活を支配している。開いているレストランもないく、友人の姿が見えない。サイクリングは私の唯一の活動だ。いつか、ダートバイクでちょっと出かけてみるかも…。

 

オリンピックについて

 

オリンピックについてどう考えている?

今のところ、プログラム上では3回のワールドカップとリヴィーニョでの長期合宿が行われている(もしそれが実現すれば)。

オリンピックゲームが私にとってどれだけ重要かは誰もが知っている。ツール・ド・フランスをスキップすることも考えた。でもスポンサーには不可能だと思うので受け入れている。

給料を払ってくれるのはスポンサーなんだから、たまにはワインと一緒にちょっとした水を飲んでも損はしないよ。

チームから多くの自由を得ていると言わざるを得ない。例えば、私は3つの分野を組み合わせることができる。

そして、ツールに乗ることも罰ではありません。でも、東京のことは頭にある。そんなわけで、6月にはマウンテンバイクのインターンシップがある。それが必要なんだ しかし、それはうまくいくだろう。

私は、切り替えが苦手なわけではない。昨年は、MTB合宿を経て、ホーガーハイデでオランダチャンピオンになったしね。

 

ツール・ド・フランスは完走しますか?

それは間違いなく計画だった。でも 東京でトップになれないリスクがあるって言われたら、早く出ようかなっていうのはあるけど。

 

マチュー・ファンデルプールは、ツール・ド・フランスから早めに撤退することも視野に入れているようですね。

シクロクロスは30歳まで続けるならば、26歳なのであと4回は世界選手権を狙えることになる。世界王者に7度なることも夢ではないでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました