ロードバイクの情報を発信しています!

取り外し可能な巨大なLEDパネルのついたTorchOneヘルメット登場

機材情報
photo torch_apparel
この記事は約2分で読めます。

トーチアパレルは何年もの間、サイクリングヘルメットに視認性の高いLEDを組み込むことに重点を置いて開発を続けている。

2017年にはTorch T1ヘルメットを同じくKickstarterでクラウドファンディングして資金調達することに成功。

今回のTorchOneヘルメットでは、前後のLEDパネルが取り外し可能となって登場している。

 

スポンサーリンク

TorchOneヘルメット

こちらは紹介ビデオ
The TorchONE Kickstarter Main Video 2021

昼間の明るい時には、LEDパネルを取り外して走ることが出来るので少し軽くなる。

TorchOneの重量は、ライトなしで266g。ライト付きで382gとなる。トーチアパレルでは、このカテゴリーのヘルメットでは最軽量だと主張している。

 

photo torchapparel

LEDライトは360度の視認性を提供し、MicorUSB3充電式の大容量LEDパネルで利用可能なライトディスプレイを備え付けている。

 

The TorchONE Light Display | Lit Helmet | "Seen in a new light"

照明は4つのモードで動作する。前面のLEDライトは角度を変えることが出来る。

また、このアタッチメントシステムは、将来的に同じアンカーポイントを使用して、GoProのカメラ、MTBバイザー、レインカバーなども取り付けられるようになる。

都市の通勤をイメージして、考えられているヘルメットのような感じですね。

この前面のLEDライトで、どれくらい路面が見えるのか気になるところ。

4色のカラーで、クラウドファンディング中の価格は109ドル(約1万1千円)。

 

 

Kickstarterのクラウドファンディングのページは以下で。

kickstarter.com

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました