ロードバイクの情報を発信しています!

マンセル・キッテルがプロサイクリングから引退することを発表

海外情報
Photo Marcel Kittel instagram
この記事は約5分で読めます。

マンセル・キッテルは、「息子がSkypeで成長するのを見たくなかった」と語った。

マンセル・キッテルは、Katusha-Alpecinを辞めてから約4か月後に、サイクリングからの引退を発表。

ドイツのスプリンターは、ドイツの雑誌Der Spiegelとのインタビューで、

「自転車で自分を拷問し続けるすべてのモチベーションを失った」

と彼の決定を明らかにした。

 

スポンサーリンク

31歳の若さでの決断

マンセル・キッテルはSNSでファンに対して引退を発表。

マンセル・キッテルは、ツール・ド・フランスで14勝。通算では89勝をあげている。

2018年にKatusha-Alpecinに移った後、成績の低迷に苦しんだ。

2018年のシーズンには、ティレノ・アドリアティコの2つのステージ優勝のみ獲得。2019年には2月1日のトロフェオ・パルマでのみ勝利を収めている。

5月には、キッテルがKatusha-Alpecinを辞め、サイクリングを休むと発表された。

 

 

「家族や友人のための時間がありません。そして、永遠の疲れと日常があります。

サイクリストとして、一年のうち200日間道路を走っています。息子がSkypeで成長するのを見たくありませんでした

とキッテルは語った。

 

 

ニュース速報に続いて、キッテルは彼のウェブサイトに長い声明をアップロードした。そこで、彼は自転車から降りるという彼の決定に関する詳細を共有した。

「この決定プロセスは迅速なものではありませんでしたが、長い時間をかけて行われました。

私の20年近くのスポーツキャリアの間に、信じられないほどの成功だけでなく、困難な時代もありました。私は常に、そのようなことが起こったときに公然と質問し、反映することで、学び、より良くなるように努めてきました。

それは、私の周りの人々とともに、私を成功したアスリートにしたが、この方法は、古い方法を捨てて新しい方法を学ぶことも教えてくれた。

最近、サイクリングのない未来についての考えが大きくなり、サイクリングの美しいが非常に難しいスポーツがもたらす犠牲についての認識が高まっています。

過去数ヶ月の最大の質問は、「世界クラスのアスリートになるために必要な犠牲を払うことはできますか?」でした。

私の答えは:いいえ、私はこれ以上望んでいません。なぜなら、トップアスリートの限界は、生活の質の損失の増大として常に存在しているからです。

 

だからこそ、人生のこの時点で、新しい方向に従うという決断を下せることを非常に喜んで誇りに思っています。

この時点で、私のキャリアを支えてくれたすべての人々に感謝したいと思います。

私の元チームメイト、トレーナー、友人、家族、何よりもファンの、この数年の素晴らしいサポートに感謝しています」

プロとして復活することなく、31歳という若すぎる引退はとても惜しまれます。

マンセル・キッテルは、この後コンツタンス大学で経済学を学ぶという。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました