ロードバイクの情報を発信しています!

アレハンドロ・バルデルデが総合優勝に王手をかけるがチームイネオスに敗れる

海外情報
https://twitter.com/RouteOccitanie
この記事は約6分で読めます。

La Route d’Occitanieは第3ステージのクイーンステージを迎えた。

ここまで世界チャンピオンのアレハンドロ・バルデルデが初日にリーダージャージを着てから守っている。

 

スポンサーリンク

第2ステージ Labruguière~Martres-Tolosane

第2ステージ

 

第2ステージはLabruguière~Martres-Tolosaneまでの187.7kmの平坦ステージ。

途中、3人の逃げは発生するが最後はスプリント。

 

https://www.facebook.com/LaRouteDOccitanie/photos/a.2032936503477162/2032939150143564/?type=3&theater

 

スプリントを制したのは、チームメイトのアシストを受けたDÉMARE Arnaud(Groupama-FDJ)が制した。

https://www.facebook.com/LaRouteDOccitanie/photos/a.2032936503477162/2032940336810112/?type=3&theater

 

第2位に入ったのは、クリストファー・ローレンス(Team INEOS)

同タイムでゴールした、エディ・ダンパー(Team INEOS)がヤングライダー賞を獲得。

https://www.teamineos.com/article/lawless-sprints-to-second-as-dunbar-holds-firm

ヤングライダー賞のエディ・ダンパー

 

チームイネオスは、20代の選手が5人と若いライダーを揃えたがそれでも強い。

Team INEOS スタートリスト
La Route d’Occitanie
  • クリストファー・ローレンス(Lawless Chris)24歳 スプリンター
  • エディ・ダンパー(Dunbar Eddie)23歳 クライマー
  • パヴェル・シヴァコフ(Sivakov Pavel)22歳 クライマー
  • イバン・ソーサ( Sosa Iván Ramiro)22歳 クライマー
  • クリスティアン・クーネス(Knees Christian)38歳 クライマー
  • ミカル・ゴワシュ(Gołaś Michał)35歳 パンチャー
  • セバスティアン・エナオ( Henao Sebastián)26歳 クライマー

 

第2ステージ ハイライト

Route d'Occitanie 2019 | Stage 2 highlights / Résumé Étape 2 Labruguière – Martres-Tolosane

 

第3ステージ Arreau~Luchon – Hospice

https://www.laroutedoccitanie.fr/edition-2019/parcours/etape-3-arreau-luchon-hospice-de-france/

第3ステージ

第3ステージは、Arreau~Luchonから Hospiceまでの173km。

このステージのクイーンステージとなる勝負を決めるコース。最終ステージは平坦コースなので総合はこのステージで決まると考えてよいだろう。

1級山岳を2回越えて、最後も1級山岳の山頂ゴール。

 

序盤から17人ほどの逃げが発生し、最初の1級山岳を目指して構成される。

  • Stéphane ROSSETTO (COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS)
  •  Pierre ROLLAND (VITAL CONCEPT – B&B HOTELS)
  •  José ROJAS (MOVISTAR TEAM)
  • Sebastian HENAO (TEAM INEOS)
  • Julen AMEZQUETA MORENO (CAJA RURAL – SEGUROS RGA)
  •  Hubert DUPONT (AG2R LA MONDIALE)
  •   Nans PETERS (AG2R LA MONDIALE)
  •   Franck BONNAMOUR (TEAM ARKEA – SAMSIC)
  •   Delio FERNANDEZ CRUZ (DELKO MARSEILLE PROVENCE)
  •   Oscar RODRIGUEZ GARAICOECHEA (EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS)
  •   Fernando BARCELO ARAGON (EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS)
  •   Sergio SAMITIER SAMITIER (EUSKADI BASQUE COUNTRY – MURIAS)
  •   Francesco ROMANO (BARDIANI CSF)
  •   Hernan Ricardo AGUIRRE CAIPA (INTERPRO CYCLING ACADEMY)
  •   Jonathan HIVERT (TOTAL DIRECT ENERGIE)
  •   Cyril GAUTIER (VITAL CONCEPT – B&B HOTELS)

 

https://twitter.com/RouteOccitanie

チームイネオスがセバスチャン・エナオを逃げに送り込んだためにモビスターは集団先頭でコントールを開始。

 

その後、逃げは吸収されて今度はパヴェル・シヴァコフ(Team INOSE)が4人の逃げを引っ張る。

この逃げは、強力でほとんどパヴェル・シヴァコフが先頭を引き、一時はバーチャルリーダーに。

 

https://www.facebook.com/LaRouteDOccitanie/photos/a.2034592816644864/2034595086644637/?type=3&theater

モビスターは、アレハンドロ・バルデルデのために献身的にアシスト。

逃げを吸収して最後のLuchonの登りにはいる。

ゴールまで1.8km地点で、イバン・ソーサがアタック!

最初に追走に入ったのはリベルコ・ウラン(EF Education First)。バルベルデは20mのギャップを埋めて二人に追いつく。

最後は、イバン・ソーサがアレハンドロ・バルデルデとリベルコ・ウランを引き離してゴール!

 

総合順位で、イバン・ソーサが8秒差の2位に浮上。ヤングライダー賞をチームメイトのエディ・ダンパーから引き継いだ。

1 Valverde AlejandroMovistar Team 14:28:45
2 Sosa Iván RamiroTeam INEOS0:08
3 Urán RigobertoEF Education First0:17
4 Gallopin TonyAG2R La Mondiale0:42

 

第3ステージのハイライト

 

総合は、アレハンドロ・バルデルデが守ったが、勝負ではチームイネオスの戦術に負けてしまった。

最終ステージも、チームイネオスは逆転を目指して逃げに誰かを送り込んで欲しい。総合の逆転は難しくてもステージの勝利を目指す展開を期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました