ロードバイクの情報を発信しています!

ニバリとミカウ・クウィアトコウスキーが世界選手権を欠場する理由は?

海外情報
Photo Michał Kwiatkowski instagram
この記事は約5分で読めます。

ボーランドのエース、Team INEOSのミカウ・クウィアトコウスキーが世界選手権を欠場することを発表した。

2014年の世界チャンピオンであり、昨年もロード・タイムトライヤル共4位という素晴らしい成績だった。

ポーランドはラファエル・マイカ(BORA – hansgrohe)がエースを努めることになる。

そして、ヴィンテェンチォ・ニバリも欠場する。イタリアを代表する選手でありながら出場しないとは~。

彼らが出場しない理由とは何か?

 

スポンサーリンク

疲労の蓄積

ミカウ・クウィアトコウスキーの場合には、誰の目で見ても不調は明らか。

2018年シーズンにレースに出過ぎで、今シーズンはさっぱりだった。

 

このために、ツール・ド・フランスでも山岳では全く機能せず。

自身のツイートでも述べているが、指を×にして

「完全に疲労しちゃっている。休みが必要だ~」

と言っている。

 

ツール・ド・フランスも散々だったが、その後のレースの結果もひどい。

ツール・ド・フランス後のレース結果
  • EuroEyes Cyclassics Hamburg (1.UWT) 116位
  • Deutschland Tour (2.HC) Stage4でリタイヤ
  • Grand Prix Cycliste de Québec (1.UWT) 119位
  • Grand Prix Cycliste de Montréal (1.UWT) DNF

もう、ボロボロだ。

ミカウ・クウィアトコウスキーの今シーズン最後のレースは、10月12日のイル・ロンバルディアで終了となる。

本来ならば、パンチャー向けのコースで少人数の逃げからのスプリントも狙える今回のコースはミカウ・クウィアトコウスキーにとっては願ってもないコースだったはず。

まあ、まずはしっかりと休養して来シーズンに期待ですね。

 

ヴィンテェンチォ・ニバリの場合には

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

L’ora più bella per sistemare le mie compagne di viaggio, #MeridaMTB #MeriadaRoad @lavor_italia @walbike @merida.bikes @bahrain_merida

Vincenzo Nibaliさん(@vincenzonibali)がシェアした投稿 –

ヴィンテェンチォ・ニバリは、ケベックとモントリオールで行われた、カナダワールドツアーから帰国したあと、イタリアチームの選出を拒否した。

 

これに対してニバリは

「イタリアのアズーラジャージは私にとって神聖なものです。敬意を払う必要があります。

私はトップの座にいるわけではないので、他の人のポジションを奪うのは正しくありません」

ラガゼッタデッロスポーツに語った。

トップコンデションでなく、アシストも務まらないので辞退するということですね。

ニバリの過去の世界選手権のデータをみても、2013年の4位が最高順位。昨年も出場してますが49位となっており出てない年のほうが多い。

イタリアは、マッティオ・トレンティンをエースとして、8人のライダーを選出することになる。

 

トニー・マルティンは落車から復帰

ヴィンテェンチォ・ニバリとミカウ・クウィアトコウスキーが出ないなか、ブエルタで落車してリタイヤしたトニー・マルティンはすでライドを開始。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Back on my #bianchi . I still have pain but it feels good to be on the road again. Hope to recover till the worlds on sunday💪 #teamjumbovisma #everydayriding #roadid

Tony Martinさん(@tonymartin_procyclist)がシェアした投稿 –

世界選手権もドイツを代表して走る気満々です。右目は大丈夫なんですかねえ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました