ロードバイクの情報を発信しています!

ログリッチは、世界選手権で混合リレー、タイムトライアル、ロードに参戦

海外情報
Photo JumboVismaRoad twitter
この記事は約4分で読めます。

ブエルタ・ア・エスパーニャでグランドツアー初優勝を飾ったブリモッシュ・ログリッチ。

世界選手権では、母国スロベニアのために、男女混合リレー・タイムトライヤル・ロードレースと全ての種目に出場する。
特に、タイムトライヤルでは有力選手が不在なので、現在絶好調のプリモッシュ・ログリッチの優勝の可能性は高い。

タディ・ボカチャルとともにスロベニアに勝利をもたらすのか。

 

スポンサーリンク

スロベニア代表選手

スロベニア代表選手は以下の8人。

ブエルタで3位になったタディ・ボカチャルも出場する。20歳ですからねえ~。スゴイことです。

 

Slovenia
スタートリスト
  • プリモッシュ・ログリッチ(Team Jumbo-Visma )
  • タデイ・ボカチャル( UAE-Team Emirates )
  • マテイ・ホモリッチ( Bahrain Merida )
  • ヤン・トラニック ( Bahrain Merida )
  • ルカ・ペビイルニク( Bahrain Merida )
  • グレガ・ボーレ( Bahrain Merida )
  • ヤン・ポランチェ (UAE-Team Emirates )
  • デビィト・ボー( Adria Mobil)

 

男女混合タイムトライヤルに出場するのは、プリモッシュ・ログリッチにタデイ・ボカチャル、ヤン・トラニック。

どうして、男女混合の種目が世界選手権で採用されたかというと、オリンピックが関係しているらしい。

IOC(国際オリンピック委員会は、男女平等をアピールする種目を増やしていくことを目指している。だから、UCIも男女混合タイムトライヤルをオリンピック種目に追加出来るように実績を作っていくのが目的のようだ。

今年のヨーロッパ選手権で初めて実施されてオランダが優勝をしている。

こちらは、新種目となるのでスロベニアとしても表彰台を狙っていくのが目標だ。

タイムトライヤルスペシャリストのログリッチに、タデイ・ボカチャルもタイムトライヤルが得意なので、十分狙っていけるチャンスはある。

 

個人タイムトライヤルが本命

2017年世界選手権では、トム・デュムランについで2位。クリス・フルームが3位で破っている。

今年は、そのトム・デュムランとクリス・フルームもケガでいない。それに、急速にタイムトライヤルが強くなったワウト・ファンアールトもいないのだ。

 

 

昨年優勝したローハン・デニスはツール・ド・フランスのリタイヤ以来、レースには参戦していない。しかも、あまりタイムトライヤルの成績も抜群ではないのだ。

 

ゲラント・トーマスも調子が悪ければ出場しないようなことを口にしている。

残るライバルと言えば、昨年3位でアワーレコード保持者のヴィクトール・カンペナールツ。

それにレムコ・イヴェネプールか。トニー・マルティンもブエルタで落車しており万全の体制でないとすると、プリモッシュ・ログリッチが表彰台を狙えるチャンスは多いにある。

ジロでは、不本意な成績に終わったログリッチ。シーズン後半にブエルタで勝利。

そして、世界選手権でも活躍出来ればキャリアハイの満足のいくシーズンとなるはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました