ロードバイクの情報を発信しています!

ディラン・ファンバーレがTeam INEOSと3年契約延長 クラッシックで表彰台を目指す

海外情報
Photo Dylan van Baarle instagram
この記事は約3分で読めます。

ディラン・ファンバーレはTeam INEOSと3年契約を結んだ。

2018年にはオランダの国内TTチャンピオンにもなっており、今年のツール・ド・フランスでもアシストとして活躍した。

3年契約ということは、2022年まで在籍となり27歳の彼にとって一番活躍出来る時間をTeam INEOSで走ることになる。

 

スポンサーリンク

Dylan van Baarle 

チーム公式ツイッターでもディラン・ファンバーレの契約延長を発表。

 

ディラン・ファンバーレは2014年Garmin Sharp でプロキャリアをスタート。プロ1年目でジロ・デ・イタリアに出場。

そして、ツアー・オブ・ブリテンでも総合優勝を飾っている。

現在は、EF Education Firstと名前が変更になったが4年間チームに在籍した。

2018年にチームスカイに移籍。スカイの最初の年にオランダのTTチャンピオン獲得。

今シーズンは、ヘラルドサンツアーで総合優勝を飾っている。

 

ヘラルド・サンツアー Photo Con Chronis/Herald Sun Tour

クリテリウム・ドーフィネの最終ステージでも優勝しており、他のチームならばエースを任されても良いライダーだ。

 

躍進のきっかけ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

🥉 place for me today. Happy with the feeling on the TT bike, worlds are coming closer 🌈.

Dylan Van Baarleさん(@dylanvanbaarle)がシェアした投稿 –

ディラン・ファンバーレはチームスカイにきてから、過去数シーズンよりも格段に改善したと思う瞬間があったという。

それは、チームスカイにきて5月の高度キャンプに参加した時のこと。

ゲラント・トーマスと一緒にトレーニングして、そのレベルの高さとトレーニングの厳しさ、食事にいたるまで多くのことを学んだ。

それ以来、自分のレベルも格段に上がったことを実感しているという。

 

ディラン・ファンバーレの目標は、グランドツアーで重要なアシストとして活躍することと、クラシックレースで改善を続けること。

そして、大きなクラシックで表彰台に立つことが目標だ。

3年という長い契約が確保されれば、十分に狙っていけるライダーとなるだろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました