ロードバイクの情報を発信しています!

ヨナス・ヴィンゲコーはタディ・ポガチャルを倒せると語る その理由とは?

海外情報
Photo credit: joménager on VisualHunt.com
この記事は約3分で読めます。

2021ツール・ド・フランスで一度だけタデイ・ポガチャルは登りで遅れた。

第11ステージのモン・ヴアントゥでポガチャルは、ヨナス・ヴィンゲコーのアタックについていけなかった。

ヨナス・ヴィンゲコーは、来年のツール・ド・フランスで、自分とTeam Jumbo-Vismaのメンバーがタデイ・ポガチャルを倒す方法を語っている。

 

スポンサーリンク

ポガチャルを倒す

ヨナス・ヴィンゲコーのインタビューの様子

 

ヨナス・ヴィンゲコーのモン・ヴアントゥでの成功は、最後の1kmでタディ・ポガチャルを置いて行ったことでもわかる。

彼自身、圧倒的な強さを誇るスロベニア人を倒すことは可能だと信じている。

 

現実的にポガチャルに勝つことになるかもしれない。私個人としては、モン・ヴァントゥで「彼に勝てる」という確信を得た。

しかし、もちろん21日間もあるので、彼と戦うためにはボトルアップしなければならないことがたくさんある。

 

デンマークの自転車ファンの記憶にも、ヨナス・ヴィンゲコー自身の記憶にも残っているこの瞬間を、彼は理解し始めていて、野生の経験として振り返っている。

 

クレイジーな瞬間 “だった。私が彼をそこに置いたことは、いまだにおかしいと思っている。

もっとも、厳しく長い登りで最強のポガチャルを置いていったのだから、誰だって驚くことだろう。ポガチャルも同じ人間だ。

 

ポガチャルに勝つためには

Photo credit: massey35 on VisualHunt.com

 

Team Jumbo-Vismaの強力なチームに支えられているヨナス・ヴィンゲコーは、来年のツール・ド・フランスでは、優れた数字を使ってポガチャルを倒したいと考えている。

 

私たちは自分たちの数のアドバンテージを利用できると思っている。

それが今年私たちが心に留めていたものだった。それは、スステファン・クライスヴァイク、セップ・クス、そして私を総合順位に残して、挑戦することだった。

ポガチャルは強力で、事態は悪化していることは認めざるを得ないが、来年はこの計画を再試行すべきだと思う。

 

Team Jumbo-Vismaの場合には、これにプリモッシュ・ログリッチ、トム・デュムランも加わってくる。

デュムランがツールのメンバーに入れば、更にポガチャルの包囲網は狭まってくる。それに、ワウト・ファンアールトもいる。メンバー的には、UAEを完全に上回っているのは確かだ。

ポガチャルを倒すことは決して不可能ではないだろう。いや、ツールを盛り上げるためにも是非頑張って貰いたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました