ロードバイクの情報を発信しています!

ジロを制覇した、ジェイ・ヒンドリーは、ウイルコ・ゲルデルマンを絶賛

海外情報
Photo by Jon Tyson on Unsplash
この記事は約4分で読めます。

ジェイ・ヒンドレーは、ジロ・デ・イタリアでオーストラリア人として初の優勝を果たした。

ヒンドレーは、3週間のレースを振り返り、インタビューに答えているが、チームメイトのウィルコ・ケルデルマンを絶賛。

彼とは、2020ジロ・デ・イタリアでは、エースとアシストという関係ながらジェイ・ヒンドリーは、総合2位という結果になっていた。

 

スポンサーリンク

ウイルコ・ゲルデルマンを絶賛

 

BORA-hansgroheは、ウイルコ・ゲルデルマン、エマヌエル・ブッフマンと3人のリーダーでジロを始めた。これについてジェイ・ヒンドリーは、

 

大きなツアーで3人のリーダーが守られているのは、必ずしも簡単なことではない。他のライダーが誰なのかにもよるが、他の2人はエゴの塊ではない。

彼らは献身的で素晴らしいチームメイトなんだ。ウィルコがメカニカルトラブルに見舞われ、クラス優勝の可能性がなくなったときは、もちろんショックを受けたが、その後は僕を助けるために大きなモチベーションを与えてくれた。

誰もが、彼が素晴らしい走りをしていたのを、トリノまでのステージで見ることができた。

 

第14ステージでは、ウイルコ・ゲルデルマンがあなたをアシストしていましたね。

ウィルコは喜んで僕を助けてくれたし、大きなステージレースで表彰台に上ったことのある人がサービスしてくれるなんて、めったにないことだからね。

 

ウィルコ・ケルデルマンは、2020年のジロでは、悔しい思いをしている。それでも、自分が総合から脱落すれと、しっかりとジェイ・ヒンドレーを助けているのはプロだ。

 

タイヤのパンク

パンクしたジェイ・ヒンドリー Tez-cycling スクリーンショット

 

ドリース・デポンドが優勝した第18ステージで、ゴール前にパンクしましたね。この時には、焦りましたか?

ホイール交換をしなければならなかった。それがとてもストレスになった。あのステージの最後の数キロは、このパンクのためにレース全体を失うかもしれないという思いがあった。

 

結局、このステージでは、ゴール前3km以内だったので、同じタイムに置かれましたね。

あの日だけが本当にクレイジーな日で、それ以外はすべてコントロールできていた。

 

第20ステージのファダイヤ峠では、チームメイトのレナード・ケムナの助けを借りて勝利できました。

あの日というのは予定外だったのだが、結果的にそうなってしまった。最後は素晴らしいチームプレーだった。

 

第3週

 

あなたは、最後まで調子がいいようにみえました。

3週目に入るといつもベストな状態になるのが私の強みなんだ。そのときでも安定して乗れるというのは、大きな自信になりますね。

ファイナルではかなりいい感じだった。だけど、最終ステージの前はかなりナーバスになっていたよ。

 

リチャル・カラパスは、最後にコンデションを崩していたけど、ジェイ・ヒンドリーが悪い日を過ごした日は全くない。安定しているというのも強いライダーの要件の一つだ。

特に長いグランドツアーで、第3週で失速しないのは素晴らしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました