ロードバイクの情報を発信しています!

ウィルコ・ケルデルマンがジロでのチームの戦術を振り返る 今でも夢を見ると

海外情報
Photo by Yohann Lc on Unsplash
この記事は約6分で読めます。

ウィルコ・ケルデルマンは、ジロ・デ・イタリアでマリアローザを着用し、キャリアハイの総合3位で終えている。

だが、もしもの疑問と問いかけが、今でも彼の頭の中では回っているという。特にジロ終了後2週間は毎日のように映画のように夢に見たとも。

第18ステージと20ステージで、ジェイ・ヒンドレーがウィルコ・ケルデルマンについていれば、ジロを勝ち取ったのではないかと何度も頭の中で思うと言う。

TTの得意な自分がタイム的にも有利だったのはわかっているのだ。

Team Sunwebの疑惑の戦術についてウィルコ・ケルデルマンがインタビューで語っているので聞いてみよう。

 

スポンサーリンク

疑惑のジロ2ステージについて

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Wilco Kelderman(@w1lcokelderman)がシェアした投稿

 

ジロで上位があるかもしれないと思ったのはいつですか?

最初の週末、自分の良さに気づいた。エトナ山で私の周りを見渡してみると、力の余っているチームはなく、そこから走り去ることができた。

でも、ピンクのことを考え始めたのは次の週になってからです。アルメイダはマリアローザを着ていたが、上り坂になれば折れると思っていた。

ピアンカヴァロのライドでは、彼は荷を降ろさなければならなかったが、その後、ジェイ・ヒンドレーとテイオ・ゲイガンハートが物凄く速く登っているのかと感じていた。上り坂を走るときによくあることだが、私はハンドルの中で泣いていた。

 

ジロは最終的に2つの山岳ステージで決まることになりましたが、もしかしたら1つはステルヴィオについてのステージかもしれません。そのステージではどのような計画を立てていたのでしょうか?

アルメイダを降ろしてピンクを取る。それは、実際にはかなり早い段階で機能した。 サム・オーメンが前に出て、アルメイダが降ろされた。完璧だと思った。

強要されすぎず、急ぎすぎない。しかし、突然イネオスに乗っ取られ、ローハン・デニスとテイオ・ゲイガンハートが加わった。最初のうちは良かったのだが、デニスはものすごいスピードで走り続けていた。限界だったから運転させたんだ 。ただ、それからは戦いだった。

 

君のチームメイトのヒンドリーは君とは一緒にいなかった。代わりにテイオ・ゲイガンハートについていった。見てたのか?一人で座っていると?

デニスがここまで良いとは思ってなかった。しかし、ジャイが自分のコースに乗ることを許可されたわけでなく、彼のカードが引かれた。

自分の思い通りにならなかったこと。しかも、前夜のチームミーティングでは、それは明確になっていなかった。

 

待つように言ったのか?

ある時、一人で向かい風の中ステルヴィオに乗っていた。そしてイライラが始まる。ジロが自分の手の中から滑り落ちていること。リードを失っていること。辛かった。

一人で乗りすぎて、下り坂ではかなりペダルを踏まなければならず、最後の登りではすでにエネルギーを無駄にしてしまっていた。

私は無線でジェイが待たなければならないことを叫んだが、こう言われた。「いいえ、ジェイはタオのホイールの中に留まる。」

それは困難な状況だった。2人でジロに勝つことができる頻度はどれくらいですか?

ジェイはタオを上り坂で退けられなかった。二人の間には十分な差がなかった。でも、私自身がダメだったんですよ、それが現実なんだ。

結局、自分でもっと速く走ればよかった。ジェイは言われた通りにしただけだ。 彼を責めるつもりはない。あのステージで勝ってくれたことは、彼にとっても良かった。

 

あなたはその段階でピンクを取りました。陶酔感や欲求不満はありましたか?

それは苦い気持ちだった。暗くなって黄昏時で寒かった。ピンクを着るのは違うと思った。しかし同時に、それは私がかつて夢見ていたもののように感じた。

何年もの間それのために戦ってきた、私はとても多くの悪いことを経験した。それは私に対する勝利だった。

 

ヒンドリーがあなたと一緒にいるべきだったらどうしますか?ジロに勝ったでしょうか?

それなら、私は本当に近づいたか、ジロに勝ったでしょう。

ステルヴィオのステージだけでも、ジェイが私と一緒にいたら、とても多くの時間を節約できただろう。それなら状況は、はとても違っていただろう。

このレース戦術には自信がないように感じた。ミラノの前日の土曜日、私はセストリエールへの最後の山岳ステージをマアリローザでスタートしたが、チームの戦術は私に考えさせるように設計された。

私はジロを失​​うつもりです。マージンが小さすぎて、気分が悪くなり、自信もなかった。ジェイはタオを追いかけた。

それは主に彼がどのような違いをもたらすことができるかについてだった。彼らがオンになったとき、私はすぐについていけないと感じた。私は1キロほど無理をして頑張った。

しかし、私は十分に知っていたんだ。切り替えが必要で、3位に集中しなければならなかった。

ミラノの後、私はさらに2週間ジロのことを夢見た。私は毎回同じ映画を演奏した。別の方法でプレイした場合はどうなりますか?

 

その自信のなさは、実はシーズンを通して共通している。

ジロの終わりに向かって少し感じた。チームの経営陣からの自信が実際になかったのは残念だった。私が表彰台に立ったとき、彼らが本当に喜んでくれたかどうかはわからない。

 

そう思うの?

本当の喜びはなかった。大きなラウンドで2位と3位で終えたが、チームの全員がそれほど満足しているとは感じなかった。チームマネージャーに電話したい。その最終年について一度話し合ってください。

 

自分の気持ちも?振り返ってみると、今、何が支配しているのか?プライドかフラストレーションか?

“ダブル “です。そんな機会でした。でも、壮大なツアーで表彰台に上がった。誇りに思っている。

多くの人がそれを言うことはできないでいる。ジロ自体にも良い思い出がある。選手たちのグループや、チームとしての強さ、ピンク色のレースにも。

そのジャージをフレームに入れて自転車小屋に吊るしておく。

 

 

インタビューの冒頭には、シーズン前にチームと契約について話しているのに、契約更新されないことを新聞を見て知ったとも言っている。こんな状態で、レースに望むのも難しいものがあっただろう。

しかも、まかされたのはジロだ。思いは複雑だったようだ。

移籍するBORAでの役割は、まだわからない。しかし、キャリアの中で少ないチャンスを得られなかったという思いは、心に残り続ける問題だろう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました