ロードバイクの情報を発信しています!

イネオスのエディ・ダンパーがティレーノ・アドリアテッコで骨折 ジロは大丈夫か?

海外情報
Image by Tumisu from Pixabay
この記事は約2分で読めます。

イタリアで行われているティレーノ・アドリアテッコ第3ステージでは、大腿骨骨折から完全復帰を印象付ける走りでマイケル・ウッズがラファエル・マイカを破って勝利。

マイケル・ウッズの激坂での走りは凄かった!

だが、ゴールした後で判明したイネオスのエディ・ダンパーが鎖骨骨折していることが判明。

第4ステージをスタートすることなくリタイヤとなる。

 

スポンサーリンク

ゴール手前の出来事

 

エディ・ダンパーが落車したのは、マイケル・ウッズがパンターニの壁と呼ばれる21%勾配で抜け出したあとの出来事。

第2集団でマイケル・ウッズとラファエル・マイカを追っている時のことだろう。

私がストリーミングで見ている時に、左カーブで落車していた。多分その時の落車で鎖骨骨折したと思われる。

だが、エディ・ダンパーはリタイヤせずに40位でゴール。病院でのX線検査で鎖骨骨折が判明。さらにCT検査によって今後の治療方法を決定する。

10月3日のジロ・デ・イタリアのメンバーだが、手術をすれば間に合うだろう。ただ、骨折しているのでトレーニングも出来ない。調整は難しいだろう。

 

フルームは大丈夫か?

しかし、フルームの切れるのは早かった。ブエルタでエースとなるには、せめて第2集団でゴールしないといけないのではないのでは。

2021年にはチームメイトとなるマイケル・ウッズのほうが今ならば断然強い。

 

ゲラント・トーマスは第3ステージを終わって総合4位まで上がっている。こちらは順調に仕上がっているように見える。

あとは、登りゴールでどのような走りを見せるかだ。ただ、登りで頼りになるエディ・ダンパーがいなくなったのは不安材料だ。

 

こちらはティレーノ・アドリアテッコ第3ステージハイライト
Tirreno-Adriatico EOLO 2020 | Stage 3 Highlights

コメント

タイトルとURLをコピーしました