ロードバイクの情報を発信しています!

ツール第11ステージのサガンの降格にはファンの自撮り棒があったから?【追記あり】

海外情報
Image by Lothar Dieterich from Pixabay
この記事は約3分で読めます。

ツール・ド・フランス第11ステージのゴールではサガンの降格、罰金、ポイントの削減に加えて、ワウト・ファンアールトの罰金まであった。

 

このサガンがワウト・ファンアールトに肩をぶつけたタイミングで目の前にカメラがあったことをコメントでetsu5p さんからいただいた。

サガンは自撮り棒のカメラを避けたのか?

 

スポンサーリンク

ファンの自撮り棒をさけた

以下のツイートがファンの自撮り棒が撮影されているという動画

上空からの映像で良くわからないが、サガンの前に何かが出ていることは何となくわかる。

 

これを動画で再度見てほしい。

Tour de France 2020: Amazing Stage 11 sprint finish

サガンがワウト・ファンアールトに肩をぶつけた瞬間に自撮り棒でだされたカメラを避けている。

 

上は、動画から切り取った画像だが、赤丸の中にカメラが見える。サガンが来る少し前に引っ込めている。
動画を何度が見て貰ったら良く分かると思う。

サガン自身は、このカメラが目の前にあったことを言及していないが、極めて危険だ。

追記

サガンは、第12ステージ前のインタビューで、

実際に私が移動したのは、中央に四角い支柱のようなものがあったためだ。それに向かって真っ直ぐ走った。正直、自撮り棒は見ていない。私が見たのは 飛び出してくるものだけだった。

フェンスの途中に出っ張りがあったのだうか?

 

サガンが言うのは、フェンスの所にある三角の立体物のことを言うのだろう。確かに危ない。

やはりゴール前のフェンスについて、統一した安全な物をUCIが指導するべきだ。

 

 

だが、それにしても素晴らしいスプリントだった。これだけ凄い勝負がまた見てみたいものだ。

第12ステージは丘陵ステージなので、サガンとワウト・ファンアールトがゴールで争うことが期待される。カレブ・ユアンやサム・ベネットはBORAのペースアップによって、ゴールスプリントには参加出来ないかもしれない。

面白い戦いが見れそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました