ロードバイクの情報を発信しています!

Israel – Premier Techの石畳のスペシャリストであるセップ・ファンマルクが即時引退に その理由とは?

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on Visualhunt.com
この記事は約3分で読めます。

Israel – Premier Techのセップ・ファンマルクが34歳で突然の引退発表となってしまった。

石畳を得意とするクラシックライダーであり、昨年はメリーランド・サイクリング・クラシックで、2019ブルターニュ・クラシック以来3年振りの勝利を上げていた。

セップ・ファンマルクは、引退の理由をInstagramで語っている。

 

スポンサーリンク

ベルギー選手権ロードが最後のレースに

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sep Vanmarcke(@sepvanmarcke)がシェアした投稿

 

皆さん、思いがけないニュースを報告しなければならない。私は医学的な理由ですぐにレースを中止しなければならない。

ベルギー選手権中に心臓不整脈を起こした。その後、クネヒト医師が率いる検査で、私の心臓に瘢痕組織が発見された。

このままレースを続ければ、瘢痕組織が大きくなり、将来的に心不全につながる可能性がある。私のサイクリング・キャリアを突然終えることはひどく辛い決断ですが、他に選択肢はありません。

6歳のとき、私の人生にサイクリングがやってきた。兄と姉がレースを始め、私は彼らの大ファンになった。

2003年にルーキーとしてゼッケンをつけたとき、プロのキャリアを夢見る勇気はなかった。結局、山あり谷ありの14年間をその夢に向かって生きてきた。

私はスーパータレントではなかったが、献身的な努力によって、何年もの間、最高の選手たちと大きな大会で競い合うことができた。世界中の多くの人々や文化に出会い、聞いたこともないような場所に行くこともできた。

あと数年、最高レベルのレースで戦い、Israel – Premier Techとともにビッグレースで素晴らしい成績を収めたかった。

このような形でキャリアの終わりを告げなければならないのは、とても悲しく辛い。と同時に、心臓の問題がいち早く発見されたことにも感謝している。

これからは家族と一緒にいる時間をとり、すべてのことに区切りをつけ、将来何をしたいかを考えるつもりだ。私の人生はすべてサイクリングを中心に回ってきた。サイクリングはいつだって僕の情熱だ。

妻、子供たち、家族、友人、監督、ファン、チーム、トレーナー、そしてこれまで一緒に仕事をしてきたすべての人たちの長年のサポート、信頼、指導に感謝したい。

 

セップ・ファンマルクは、ロンド・ファン・フラーデレンに10回乗り、2回3位に入賞している。パリ~ルーベでの成績はもっといい。8回の参加で2位になったことが1回、トップ10に5回入ったことがある。石畳のスペシャリストだ。

彼のハイライトは2012年に優勝したオンループ・ヘットニュースブラッドで、2018年と2019年には3位になっている。

2019年Bretagne Classic – Ouest-Franceでも優勝。キャリアでは9勝をあげている。

セップ・ファンマルクは、ベルギー選手権中に異常な心拍数を記録して問題がわかっている。2021パリ~ルーベを制覇した、ソンニ・コルブレッリもレース後に心停止となり、キャリアの絶頂期に引退している。

安全と命にはかえられない。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました