ロードバイクの情報を発信しています!

ヒュー・カーシーはジロに向かう前にEF Education – Nippoと延長契約発表

海外情報
Photo credit: joménager on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

ヒュー・カーシーは2020ブエルタ・ア・エスパーニャのアングリルでプリモッシュ・ログリッチを引き離してステージ優勝。

総合でも、プリモッシュ・ログリッチ、リチャル・カラパスに続いて3位となるキャリア最高の成績をおさめた。

ヒュー・カーシーはジロ・デ・イタリアでもエースとして、チームも率いてる。だが、その前に2年の延長契約を発表した。

 

スポンサーリンク

2023年まで契約延長

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EF Education–NIPPO(@efprocycling)がシェアした投稿

 

ジロに向かう前に来シーズン以降の契約が決まるというのは嬉しいことだろう。

ヒュー・カーシー2017年にCannondale-Drapac Pro Cycling Teamに移籍して以来、順調に成績を伸ばしている。

2019ジロ・デ・イタリアでは上位陣にくらいつく積極的な走りを見せて3回のトップテンフニッシュ。ヤングライダー賞3位と総合11位でゴールし、チーム最上位の成績をおさめた。

そして迎えたツール・ド・スイス最終ステージ。前日のステージまでは総合47位という成績だったヒュー・カーシーが驚きの走りを見せる。

悪天候のために最終ステージは101.5kmに短縮。レースはスタート直後から登り始め逃げ集団の中からヒュー・カーシーは軽やかにアタック!

ゴールまで100kmを残してのアタックは間違いなく捕まると誰もが思っていたはず。

だが、追走集団も人数を揃えながらも追いつかない。

最後は、エガン・ベルナルとローハン・デニスの総合1位2位コンビが追いすがるもタイム差は1分を切ることなくヒュー・カーシーはそのまま独走勝利してしまう。

あまりにもあざやかで素晴らしかった。彼の初めてのワールドツアーレースでの勝利を飾るにふさわしい走りだった。

そして2020年のブエルタ総合3位。チームと契約延長するのは当然の結果だろう。

 

こちらは、Tour de Suisse 2019 – Stage 9 ハイライト。100k独走。2位はローハン・デニス。3位は総合優勝のエガン・ベルナル。

Tour de Suisse 2019 – Stage 9 queen-stage in Goms

 

ジロではエースとして参戦

ダニエル・マルティネスがイネオスに移籍したことにより、ヒュー・カーシーにかかる重圧を大きくなる。

ジロの暫定リストでは、チームのエースとして乗り込む。

EF Education – Nippo
スタートリスト
  • 101  ヒュー・カーシー(CARTHY Hugh)
  • 102  ウィリアム・バルタ(BARTA Will)
  • 103  アルベルト・ベッティオル(BETTIOL Alberto)
  • 104  ヨナタン・カイセド(CAICEDO Jonathan Klever)
  • 105  サイモン・カー(CARR Simon)
  • 106  ルーベン・ゲレイロ(GUERREIRO Ruben)
  • 107  イェンス・クークレール(KEUKELEIRE Jens)
  • 109  ティージェイ・ヴアンガーデレン(VAN GARDEREN Tejay)

ヒュー・カーシーは、前哨戦のツアー・オブ・アルプスで総合5位と順調に仕上がってきている。

ジロには最終ステージに個人TTがある。

距離も29.4kmと長いので、タイムを稼ぐには山岳で頑張るしかない。良いコンデションが保てれば総合上位に食い込めるのではないかな。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました