ロードバイクの情報を発信しています!

ツール・デ・アルプ第3ステージ 総合優勝となったのは誰か?

海外情報
Image by Oleg Mityukhin from Pixabay
この記事は約11分で読めます。

ツール・デ・アルプは、早くも3日間のステージレースの最終日。

第2ステージで、マイケル・ウッズが2秒ほどバウケ・モレマをリードした結果となっている。レース直後は1秒差の表示だったが、訂正されたようだ。申し訳なし。

これで、総合では1秒差でマイケル・ウッズが総合首位に立っている。バウケ・モレマは、この付近の山は知っており、総合順位を変える動きをしたいと言っている。

是非、アタックをかけてレースを面白くして貰いたい。

 

スポンサーリンク

Stage 3 (Final)»Blausasc›Blausasc(136k)

第3ステージ photo tour06-83.com

最終ステージは134kmと距離は短いが、3つの1級山岳が登場する。しかも、平坦となる部分は全くなくアップダウンの連続となる。

総合勢が動きそうなのは、コルデラマドンの最後の1級山岳。11.9kmの登坂距離で平均勾配は7%。ここではイネオスのトレインが形成されそうな雰囲気。

ここを越えてもゴールまでは24kmあるので、タイム差が少なければ追いつくことは可能だろう。さて、誰が先頭で帰ってくるだろうか?

なお、スタート前に、コロナで陽性反応のでたSt Michel – Auber93チームは全員がDNSとなっている。

 

逃げは16人

photo tizcyclingストリーミングより 以下同様

逃げは、最初は4人だったが、結局2回目の1級山岳を越える前には16人となっている。

 

リーダーのマイケル・ウッズを守るためにISNが先頭を固めて走る。これはアシストが丸裸になりそうだ。

すでにバーチャルリーダーは奪われているので、相当頑張らないといけない。

 

Groupama – FDJは先頭集団に4人乗っており凄く有利だ。

総合タイムの良い順に

  1. ルディ・モラール (Groupama – FDJ) +0:10
  2. ヴァランタン・マデュアス (Groupama – FDJ) +0:13
  3. ジャンルーカ・ブランビッラ (Trek – Segafredo) +0:14
  4. サイモン・クラーク (EF Education – Nippo) +0:14
  5. ジュリアン・エル・ファレ(EF Education – Nippo)  +0:25
  6. アレクシー・ヴィエルモ(Team Total Direct Energie) +0:27
  7. テイオ・ゲイガンハート(INEOS Grenadiers) +0:27
  8. ダビ・デラクルス(UAE-Team Emirates) +0:36

このままいくと、総合が完全にひっくり返ってしまう。

 

集団は、まだISNに追走を任せている。このままだと、マイケル・ウッズの総合は完全になくなる。

残り、38kmで2分38秒のタイム差なので、少しやばくないかな。

 

FDJの強烈な引きに、逃げ集団は人数を減らしていく。これは後ろについている足のあるライダーは結構有利だ。

 

おっと、まずはテイオ・ゲイガンハートが様子見のアタックをかける。

 

テイオ・ゲイガンハートは、すぐに戻った。この集団で逃げ切りをしたいのだろう。また、どこかでアタックをかけるのは間違いない。

 

いよいよ、絞られてきた。6人となっているが、まだFDJは3人いる。最後の1級山岳頂上ままで後3キロ。

後ろは、1分50秒まで迫っており、そろそろアタックの時間か?

 

先頭集団から、ヴァランタン・マデュアスがアタックをかける。これは逃げ切りを狙っている。

 

ジャンルーカ・ブランビッラ(Trek – Segafredo)が追いついた。後ろからテイオ・ゲイガンハートが来ているが追いつくか?

ジャンルーカ・ブランビッラは、テイオ・ゲイガンハートに追いつかせないように何度もダンシングしてペースアップする。

 

後方では、ダリル・インピー、ダン・マーティンのアシストを受けていたマイケル・ウッズがアタック。一気に前を追う。バウケ・モレマはちぎれてしまった。

後方は、ナイロ・キンタナ、ヤコブ・フルサン、ダディ・ゴデュが追っている。モレマも追いつきそうだ。先頭まで、50秒あるが追いつくのか?

 

後続は、テイオ・ゲイガンハートに、ゴルカ・イサギレとルディ・モラールが追いついてきた。前とは10秒差までに迫ってきた。

 

メインの総合勢はアシストが誰もいないので、逆にタイム差が開いている。マイケル・ウッズが一人で引くしかないので、これは追いつきそうもない。

最後尾はベン・オコナー(AG2R)。後ろから追いついてきた。

 

追走するテイオ・ゲイガンハートを、ルディ・モラールはピッタリマークする。前にチームメイトがいるから、前を引く必要がない。

 

マイケル・ウッズは最後の登りで再びアタックをかけ単独で前を追う。だが、後ろも強力なので追いつかれるだろう。

 

先頭では、ジャンルーカ・ブランビッラがアタックをかけた。ヴァランタン・マデュアスは腰が上がらない。これは勝負あったか?

 

メイン集団は、2位グループから落ちたゴルカ・イサギレがヤコブ・フルサンのために最後の引きを見せる。

ナイロ・キンタナがアタックをかけたところで、ベン・オコナーがカウンターアタックをかけて抜け出す。

 

2位グループとは、38秒離れた。FDJは有利な体制から今度は追う立場に。テイオ・ゲイガンハートはどこかでアタックをかけるだろう。

 

先頭のジャンルーカ・ブランビッラはまだ、禁止でないスーパータックで逃げまくる。やっぱり、これだよねえ~。

 

2番手で追っていた、ヴァランタン・マデュアスが落車してしまう。これは勿体ない。

 

テイオ・ゲイガンハートがアタックだ。後ろは、追いついてきたベン・オコナーもいる。

 

ジャンルーカ・ブランビッラは、13秒のタイム差で逃げ切った!

素晴らしいアタックだった。これで総合優勝も決めてしまう。実に2016年のブエルタ以来のステージ優勝となった。

 

2位には、スプリントでテイオ・ゲイガンハートが入っている。後ろの総合勢も相当追い込んで、最後は18秒まで詰めてきたが、マイケル・ウッズはおしくも5秒差で総合優勝の夢が消えてしまった。

追走で、ダリル・インピー、ダン・マーティンと使ってしまい、丸裸になるのが早かった。

だが、これは仕方のないことだ。前に逃げを乗せているチームが引く訳にはいかないので仕方がない。

逆に、Trek – Segafredoとしては表彰台の1位と3位を獲得するという最高の結果となっている。

 

こちらはハイライト動画
Tour des Alpes Maritimes et du Var 2021 – Etape 3 #TDHV2021

 

リザルト

第3ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 BRAMBILLA GianlucaTrek – Segafredo14203:43:32
2 GEOGHEGAN HART TaoINEOS Grenadiers5120:13
3 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team37,,
4 MOLARD RudyGroupama – FDJ 5,,
5 MADOUAS ValentinGroupama – FDJ 4,,
6 FUGLSANG JakobAstana – Premier Tech 30:18
7 GAUDU DavidGroupama – FDJ 2,,
8 MOLLEMA BaukeTrek – Segafredo 1,,
9 QUINTANA NairoTeam Arkéa Samsic  ,,
10 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation  ,,

総合

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 BRAMBILLA GianlucaTrek – Segafredo12510012:51:00
2 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation85700:05
3 MOLLEMA BaukeTrek – Segafredo70500:06
4 MOLARD RudyGroupama – FDJ60360:09
5 GAUDU DavidGroupama – FDJ50280:11
6 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team4024,,
7 MADOUAS ValentinGroupama – FDJ35200:13
8 FUGLSANG JakobAstana – Premier Tech30180:18
9 QUINTANA NairoTeam Arkéa Samsic2516,,
10 GEOGHEGAN HART TaoINEOS Grenadiers20140:26

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 MOLLEMA BaukeTrek – Segafredo53
22 WOODS MichaelIsrael Start-Up Nation45
35▲2 MOLARD RudyGroupama – FDJ33
43▼1 GAUDU DavidGroupama – FDJ29
57▲2 MADOUAS ValentinGroupama – FDJ28
6 ▼6 BRAMBILLA GianlucaTrek – Segafredo25
715▲8 O’CONNOR BenAG2R Citroën Team25
8 ▼8 GEOGHEGAN HART TaoINEOS Grenadiers20
94▼5 VAN AVERMAET GregAG2R Citroën Team20
106▼4 HERRADA JesúsCofidis, Solutions Crédits16

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 GAUDU DavidGroupama – FDJ12:51:12
22 MADOUAS ValentinGroupama – FDJ0:01
38▲5 CHAMPOUSSIN ClémentAG2R Citroën Team1:26
411▲7 STORER MichaelTeam DSM3:30
53▼2 SIVAKOV PavelINEOS Grenadiers3:41
65▼1 TULETT BenAlpecin-Fenix,,
74▼3 TEJADA HaroldAstana – Premier Tech,,
87▼1 CARR SimonEF Education – Nippo3:54
910▲1 HUYS LaurensBingoal – Wallonie Bruxelles10:34
1012▲2 GODON DorianAG2R Citroën Team11:24

ヤングライダー賞は、24歳のダヴィ・ゴデュが獲得。同じくヴァランタン・マデュアスも24歳だ。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
1 ▼1 TUSVELD MartijnTeam DSM25
2 ▼2 MADOUAS ValentinGroupama – FDJ22
3 ▼3 MOLARD RudyGroupama – FDJ20
41▼3 GHIRMAY HAILU BiniamDELKO16
5 ▼5 BRAMBILLA GianlucaTrek – Segafredo15
6 ▼6 DE LA CRUZ DavidUAE-Team Emirates15
72▼5 MIFSUD AndreaSwiss Racing Academy14
83▼5 NEILANDS KristsIsrael Start-Up Nation10
9 ▼9 ARMIRAIL BrunoGroupama – FDJ10
10 ▼10 GEOGHEGAN HART TaoINEOS Grenadiers8

今回DSMのエースナンバーをつけていた、マーティン・トゥスフェルトが獲得。第3ステージも逃げに乗っていたが、山岳が終わると切れていった。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました