ロードバイクの情報を発信しています!

ゴルカ・イサギレがモビスターに戻る

海外情報
Photo credit: pbelskamp on VisualHunt
この記事は約3分で読めます。

スペイン人のゴルカ・イザギレは、バーレーンに1年間、アスタナに3年間滞在した後、モビスターに戻る。

モビスターにとって、2022年シーズンを戦う5人目の移籍発表となる。

結局、弟のヨン・イサギレはコフィディス、兄のゴルカ・イサギレはモビスターと道が分かれることになった。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

2010年から、Euskaltel – Euskadiで4年走り、2014年からモビスターに移籍。2018年から1年間、Bahrain Merida Pro Cycling Teamで走る。

2019から在籍した、Astana Pro Teamは3年で移籍することになった。

モビスターが、これまで移籍を発表したライダーは

アスタナからオスカル・ロドリゲス

 

マックス・カンターが、Taem DSMから

 

アレクサンデル・アランブルがアスタナから

オイエ・ラズカノがCaja Rural – Seguros RGAから移籍。彼らに続いて、5人目の転送となる。

 

ゴルカ・イサギレは

帰国できてうれしい。これまでこのチームで過ごした4年間は、私のキャリアの中で最高だった。

その間に他の場所や環境を見てきたが、いつか帰りたいと思っていた。ここで私のすべての経験を共有できることを願っている。

34歳となったゴルカ・イサギレはキャリア終盤を地元のチームで迎えることが出来て嬉しいだろう。山岳でのアシストとして活躍するはずだ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました