ロードバイクの情報を発信しています!

Alpecin-Fenixのアレクサンダー・リチャードソンが白昼に自転車泥棒に襲われる【追記】

海外情報
Image by PublicDomainPictures from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

Alpecin-Fenixの英国のライダー、アレクサンダー・リチャードソンがロンドン市内で、自転車強盗に襲われた事件について投稿している。

ナイフを振るギャングに襲われ自転車を盗まている。目出し帽を被った4人で、2台の原付に乗っていたと。

インスタグラムでかなり、生々しい体験を話してくれているけど、ロンドンってこんなに危ない所なのか?

 

スポンサーリンク

ケガを負う

 

下記は、アレクサンダー・リチャードソンがインスタグラムに投稿した内容。インスタには血だらけの足が写っているので載せられない。

 

今日、リッチモンドパークでかなり衝撃的な体験をした。

トレーニングを終えた午後3時頃、2台のバイクに4人の男が乗っていて、目出し帽をかぶって私の後を追いかけてきた。彼らが僕のバイクを奪おうとしているのは明らかだったので、僕にできる最善の方法を考え始めたんだ。

イースト・シーン・ラウンドアバウトで引き返し、500mほど離れたカフェまで全速力で走り始めた。すると、彼らの1台のバイクは時速60kmで突っ込んできた。

私はバイクから降り、1台目のバイクはコントロールを失った。私はバイクにしがみついていたが、2台目のバイクは私とバイクを床に沿ってさらに100mほど引きずった。

その後、彼らは15インチのマチェーテ🔪を取り出したので、私は考え直してバイクを手放した。

私はかなり切り刻まれ、腰の腫れで打撲傷を負っているが、明日は我が身だ。

ロンドンの一部の地域では、このようなことが頻繁に起こっているので、この地域では気をつけてください。

警察は武装強盗としてメモしており、犯人が発見されることを願っている。意識向上をお願いします。ファイルがなくても、少なくとも私はほとんどの走行を終えた。またしても妻が迎えに来てくれました 。
#ウェルカム・ロンドン

 

Alpecin-Fenixが乗っているのはCANYON。強盗は高値で売れるバイクに目をつけて狙ったのだろう。

ロンドンではCOVID-19のパンデミックの際に自転車の盗難が急増し、すべての保険金請求の32%が自転車の盗難に見舞われている。

日本では、さすがに走っていて自転車を奪われることはないだろうけど、海外では一部の地域で当たり前のようになっているのは恐ろしい。

 

株式トレーダーからの転身

アレクサンダー・リチャードソンは、クリス・フルームの小指を使ったTTポジションで失格となっている。

 

彼の知られていない過去として6年前まで株取引業者で非常に裕福だったということ。暇な時に自転車に乗ったことで目覚めたという。

リチャードソンはプロライダーのレベルに到達するために狂ったようにトレーニングを始めた。

「私はレーシングバイクに週30時間、年間45,000キロ走りました。」

リチャードソンは最高のサイクリング機器に多額の投資をし、すぐに自分の部屋に低酸素テントを設置。

 

photo Alexandar Richardson

結局、彼は任務に成功した。リチャードソンは最初のレーシングバイクを購入してから1年後、2017年にBIKE Channel Canyonに所属。

2019年には2クラスのArno Wallaard Memorialで優勝。Tour de la Mirabelle 第3ステージで優勝。

2020年にAlpecin-Fenixに所属している。人生は金だけでない。自分の燃えるものに心を傾けるというのも大切だ。しかし、25歳で自転車を初めてプロになるとは凄い人もいるものだ。
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました