ロードバイクの情報を発信しています!

Lidl – Trekのジュリオ・チッコーネが4週間もバイクに乗れない理由とは?

海外情報
UnsplashKin Liが撮影した写真
この記事は約4分で読めます。

2019年ジロ・デ・イタリア山岳賞、2023ツール・ド・フランス山岳賞を獲得したジュリオ・チッコーネ。

今シーズン、ジュリオ・チッコーネは、ジロ・デ・イタリアでLidl – Trekのエースを務める予定。

しかし、ジュリオ・チッコーネは、サドルにまたがってトレーニングもできない事態になっている。しかも、4週間もだ。ジロ・デ・イタリアに間に合うのだろうか?

 

スポンサーリンク

4週間のトレーニング中断

 

ジュリオ・チッコーネは、2023年末には新型と思われるTrek EMONDAに乗っている姿が見られていた。

 

しかし、ジュリオ・チッコーネは、2月5日に手術を受けている。会陰にできた嚢胞のためだ。

 

嚢胞とは

嚢胞(のうほう、英: Cyst)とは、分泌物が袋状に貯まる病態のこと[1]。 一般にそのなかには液状の内容物が入っており、ほとんどの嚢胞は、その内側が上皮によって覆われている[2]。液体が貯留した袋状の病変。単発あるいは多発し通常は無症状だが、嚢胞が大きくなると腹部膨満感、圧迫感等の自覚症状が認められることもある[3]。嚢胞内が液状部分だけでなく、充実性部分も認められるもの、嚢胞の壁や隔壁が厚くなったり、内部に充実成分を認める場合には嚢胞内腫瘤や嚢胞性腫瘍として別に扱う[4][3]

引用 wikipedia

 

これにより、ジュリオ・チッコーネは、シーズンデビューの準備を中断せざるを得なくなった。

激しい炎症があるといわれており、これではバイクどころではない。医師の話では、術後の経過にもよるが、バイクでのトレーニングを4週間中断するよう命じたという。

その後、リハビリの段階に入る。これでは当分は走れそうもない。無理をしたら、走れなくなってしまいそうだ。

 

不運は続く

 

ジュリオ・チッコーネは、2021年オフには鼻中隔形成術の手術を受けている。

 

コロナにも何回もかかかっており、2年も低迷していた時期もあった。

 

ようやく、2023年は復活し、ボルタ・ア・ラ・コムニタ・バレンシアナ第2ステージで勝利。

 

ボルタ・ア・カタルーニャ第2ステージでは、レムコ・エヴェネプール、プリモッシュ・ログリッチを破っての勝利。

 

クリテリウム・デュ・ドーフィネ第8ステージでは、ヨナス・ヴィンゲゴーの追撃をかわして勝利してみせた。

 

2023ツール山岳賞まで獲得して、いよいよジロで総合を狙うポジションとなっていただけに非常に残念。サドルにまたがってトレーニングできないというのは、サイクリストにとって苦痛としかいいようがないだろう。

一体いつ復帰できるのか、本当に未知数だ。いつ、ゴールでサングラスを跳ね飛ばして勝利する姿が見られるだろう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました