ロードバイクの情報を発信しています!

アシスト扱いされ、山のセップ・クスと言われていたゲラント・トーマスがツールの表彰台へ

海外情報
Gerd AltmannによるPixabayからの画像
この記事は約5分で読めます。

チームメイトのエガン・ベルナルに次いで2位となった2019ツール・ド・フランスの表彰台から3年。

ゲラント・トーマはヨナス・ヴィンゲコー、タディ・ポガチャルに続く3位で日曜日の夜に再び表彰台にたつだろう。

シーズン序盤から、INEOS Grenadiersはゲラント・トーマスをツールではアシストとして使うことを示唆していた。

だが、アダム・イェーツ、ダニエル・マルティネスはレース前から不調。アダムはツール・ド・スイスでコロナに感染。レース中も二人の体調が戻ることはなかった。

 

しかし、ゲラント・トーマスは、ツール・ド・スイスを勝ち取り、チーム内外の心を変える。ツールでも堅実な走りでエースとして最後まで素晴らしい走りを披露した。

 

スポンサーリンク

年齢は関係ない

 

タイムトライヤルが始まる前に、ゲラント・トーマスは、ジレを外すことを忘れないようにしたいとツイートしていた。

 

ゲラント・トーマスは、シーズン前からチームからは年齢のこともあり勝利は期待されていないと答えている。チームが若返りをはかっているのは間違いことではあるけれど。

 

Jumbo-VismaとUAE Team Emiratesは、ツールで表彰台を連続して獲得してますね。これについてどう思いますか?

とにかく来年が最後の年になるのだから、実は気にしていないんだ。 (冗談)

Jumbo-Vismaはとても頑丈で、UAE Team Emiratesは弱かったと言っているが、ミッケル・ビョーグとブランドン・マクナリティの山での活躍は凄かった。

当分の間、二人の傑出した男が君臨するが、チームが選んだリーダーの戦略は優れており、打ち負かす可能性はあったと思う。

 

あなたは36歳ですが年齢は関係ない?

1つまたは2つの余分な年を行うかどうかにかかわらず、できる限りのことをするつもりだ。

私は36歳だとよく言われるが、それは心の状態の問題だ。アレハンドロ・バルベルデは超専門家だ。

私たちがしていることにコミットしている限り、続けることができる。自分は、始めたころのように、サイクリングが大好きだ。情熱はまだそこにある。

 

今年は、これまでと違うアプローチでレースを選んでましたね。

来年の終わりまで契約を結んだ。私はやめるか、まだ別のことをすることができる。それでも、レースを楽しんでいる。

この地球上で最も重要なレースであり、その一部であることは信じられないほどであり、フェーズと勝利を防ぐためにコンバインの中にいることは私がやりたいことだ。

今年は初めてフレッシュ・ワロンヌに挑戦し、リエージュ〜バストーニュ〜リエージュとバスクのイツリヤにも出場した年だった。

それは新しい人生のリースを与えてくれた。

 

しかし、スタッフ内外からの疑惑にかかわらず、あなたはツールで勝つかもしれないと想像していたのですか?

常にかもしれないと信じてきた。働き続け、ベストを尽くせば、コンバインに入るかもしれないと確信していた。

自分には何ができるのか? そのため、このような些細なことを気にする必要はない。何かで無理だと言われても、簡単に辞めたりしない。

心の底では、自分はまだ大丈夫だと思っていた。

それは、セップ・クスのように、山の中でものすごいライドをしながらも、別の日にはスイッチオフすることであろうと、あるいは、今のように壇上に立つことであろうと関係なく、ただ最高の形でここにいたかった。

壇上に立つのは、とてつもなく、とてつもなく快適だ。

 

実際、タイムライヤルではチームメイトのガンナよりも10秒も速く、タディ・ポガチャルからは5秒しか遅れていない。これほどの実力を秘めておりながら、ツールでは山のアシストとして考えられていたとは。

実際、ツールに至るまでのレースも序盤からアシストとして走ることも多かった。不運な数年を過ごしたが、ついに表彰台に戻ってきたのは素晴らしい。

36歳という年齢は関係ないというのは真実だ。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました