ロードバイクの情報を発信しています!

ニュージーランド選手権でジョージ・ベネットが見せてくれた~

海外情報
photo New Zealand's Cycling Festival facebook
この記事は約3分で読めます。

ニュージーランド選手権タイムトライヤルでは、1秒差で2位となってしまったジョージ・ベネット(Team Jumbo-Visma)。

 

ロードでは是非、優勝を狙いたいところだ。

ニュージーランド選手権は、ニュージーランドサイクリングフェスティバルのメインイベントでもあり、多くのサイクルファンの注目のまとだった。

 

スポンサーリンク

ニュージーランド選手権ロード

昨年のニュージーランド選手権では、ジョージ・ベネットはラスト60kmから独走していた。もう、勝てると思っていたんでしょうね。

だけど、シェーン・アーチボルトに逆転されてしまっている。

今年は、その反省からか小さな集団は作るが、一気には抜け出さない。だが、何度も揺さぶりをかけて集団を小さくしていく。

途中では3人で抜け出していたが、また6人の集団に戻っている。

 

 

ジョージ・ベネットがアタックをかけ始めたのはラスト20kmを切ってから。登りでアタックをかけて抜け出した。

 

こうなると、後ろから追ってこれる選手はいない。独走した距離は8km。

 

ニュージーランド選手権はヘリコプターの映像と、あとはモトバイクの映像がたより。何故か、アナウンサー席ばかりが映されるのは昨年と一緒だ。

 

 

ジョージ・ベネットは後ろを振り返りながら悠々とゴール。後続には、2分近い差をつけていた。最後は、どこがゴールラインかわからなかったけど。

こちらは最後のゴールシーン。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

RIDE Cycling Festival NZ(@ride_cycling_festival_nz)がシェアした投稿

 

これでジョージ・ベネットはTT2位にロードでは優勝と最高の成績で、欧州に戻ることになる。

驚くべきことに、ジョージ・ベネットがニュージーランドチャンピオンになるのはこれが初めて。2020年と2013年に2位になっているが、10年間待ち焦がれた王座だった。

ベネットは、欧州に戻って、まずは3月7日からのパリ~ニース。3月22日ボルタ・ア・カタルーニャを経て、ジロ・デ・イタリアではリーダーとして参戦する。

 

リザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 BENNETT GeorgeTeam Jumbo-Visma100154:15:17
2 STEWART MarkRibble Weldtite Pro Cycling75101:48
3 TORCKLER Michael 6071:49

 

こちらはライブ配信された映像
Men's Race | Vantage Elite Road National Championships

コメント

タイトルとURLをコピーしました