ロードバイクの情報を発信しています!

2022フランス王者のフロリアン・シェネシャルがSoudal – Quick Stepから脱出

海外情報
Photo credit: Ronan Caroff on VisualHunt.com
この記事は約4分で読めます。

Soudal – Quick Stepに6年在籍したフロリアン・シェネシャルが、Team Arkéa Samsicに移籍となった。

Soudal – Quick Stepでは、新チームに行きたくない場合には、自由に契約先を見つけても良いと通知されているという情報もある。

今後も、合併話が進むのならば、更なる流失があるのは間違いない。

 

スポンサーリンク

2年契約

 

フロリアン・シェネシャルは、2014年Cofidisでプロデビュー。2018年にQuick-Step Floorsに移籍している。

プロ初勝利は2019ル・サミンでの勝利。そして、キャリアハイの勝利は2021ブエルタ・ア・エスパーニャ第13ステージで巡ってきた。

あまりにも早い引きで、エーススプリンターのファビオ・ヤコブセンが切れてしまい、急遽スプリントして勝利している。

 

そして、2022年にはフランスロード王者にも輝いた。Quick-Step Alpha Vinyl Teamは、3人しかいない状況で、フランスチームのGroupama – FDJ、Cofidis、TotalEnergies、Team Arkéa Samsicなどを差し置いて勝利している。

 

ウルフパックでは、自分がエースとして走ることはほとんどなかった。しかし、Team Arkéa Samsicならば、クラシック班のエースとしても走れるのではないだろうか。

アルノー・デマールのスプリントトレイン要因としての仕事もある。

 

フロリアン・シェネシャルのコメント

私は意見を交換するのが好きだ。私にとって、それはすべてのコミュニケーションの基本となる。GMのエマニュエル・ユベールとの出会いで、私はすぐにARKEA-B&B HOTELSを選ぶべきだと確信した。

エマニュエルは適切な言葉の見つけ方を心得ていて、すぐに私を安心させ、私に何を期待しているのか、彼のトレーニングプログラムの中で私の立場はどうなるのか、とても素早く説明してくれた。

彼の話を聞く能力は非常に重要だった。私たちの間には、すぐに素晴らしいフィーリングが生まれた。エマニュエルが私に与えようとしている自由と、アルノー・デマールの将来のスプリンター育成の中で私に期待されている役割が気に入った。

エマニュエルはこんな言葉も残してくれた。「君はまだプロサイクリストとしての仕事を十分に果たしていないし、特に自分の能力を100%発揮できていないと思う。」

将来の上司からそのような強い言葉を聞けば、彼と彼のチームに自分自身を投資したいと思うのは明らかだ。彼が、スポーツの面で私をさらに成長させてくれるという考えは決定的だった。

アルノー・デマールがARKEA-B&B HOTELSと契約したことも重要だった。彼とは気が合うんだ。CCワスクハルでは、故エルベ・ブサール監督と同じコーチだった。

アルノーとはいつも絆があった。私はフランスに戻り、私の意見に耳を傾け、成長し続けたいと思っているチームに戻ってくる。

アルノーが偉大なリーダーになることは分かっている。私たちの関係はすぐに実を結ぶだろう。

ARKEA – B&B HOTELSは、スプリントで名を上げ、クラシックで進歩し続けることを目指している。このような良い雰囲気の中で、ARKEA – B&B HOTELSは、次の2シーズンで自分の可能性を発揮できるチームだとすぐに確信した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
海外情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました