ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第5ステージ スプリンターステージを制したライダーは誰か?

海外情報
Photo credit: diocrio on VisualHunt.com
この記事は約13分で読めます。

第5ステージは大量の離脱者がペースを落とさず逃げ続け、10人が集団からの追走を振り切った。そのため総合はステージ上位者で占められることに。

今日からは、アレッサンドロ・デマルキ(Israel Start-Up Nation)がマリア・ローザとなる。Israel Start-Up Nationは初めてレースコントロールを行うことになった。

今日はスプリンターステージなので、しっかりと逃げを吸収しないといけない。

 

スポンサーリンク

第5ステージ モデナ〜カットーリカ 177㎞

photo YouTube動画より

 

今日は、モデナからアドリア海に面するリゾート地カットーリカまで走る平坦コース。

スタート地点のモデナは、バルサミコ酢が作られた町だそうだ。ジロのステージはモデナですでに14回開催されている。

 

第5ステージ photo giroditalia

 

ほとんど直線のコースで、スタートから70kmに1回目のスプリントポイントが設定されている。ただ、最後のゴールに向かう時には要注意だ。

 

ゴールマップ photo giroditalia

 

直線で進んできたプロトンは、最後に5か所のコーナーをこなさないといけない。雨の場合には落車に要注意だ。最後の1kmは直線なので各チームのトレインの戦いとなる。

 

photo cycling today ストリーミングより 以下同様

今日もスプリント勝利が期待されるティム・メルリエ。そして総合3位となったルイス・フェルファークもいる。

昨日は、追走トップを走っていたが、ジョセフロイド・ドンブロウスキー (UAE-Team Emirates)にカウンターアタックを決められてしまった。

 

 

今日は気温19度で晴れ間も見えている。第5ステージスタートでの4賞は

  • マリア・ローザ(総合) アレッサンドロ・デマルキ(Israel Start-Up Nation)
  • マリア・チクラミーノ(ポイント賞)  ティム・メルリエ(Alpecin-Fenix)
  • マリア・アッズーラ(山岳賞) ジョセフロイド・ドンブロウスキー (UAE-Team Emirates)
  • マリア・ビアンカ(新人賞) アッティラ・ヴァルテル(Groupama-FDJ)

 

リアルスタートになって、すぐに二人がアタック。あっさりと決まってしまう。

 

地元イタリアのブロチーム二人が逃げている。

  • 36.  フィリッポ・タグりアーノ(Androni Giocattoli-Sidermec)
  • 66.  アレッサンドロ・トネッリ(Bardiani-CSF-Faizanè)

 

集団先頭では、トーマス・デヘントとドリース・デポンド(Alpecin-Fenix)がおしゃべりしながら引いている。後ろはBORA。

 

先頭を、Israel Start-Up Nationが引きだす。全員では引かないのかな。

 

アレッサンドロ・デマルキは10番手くらいで走っている。チームメイトとおしゃべりしながらだ。

 

残り140kmで4分差となって、ISNが全員で集団牽引を始める。チーム初の栄誉なことだ。

 

115.  Lorenzo Fortunato(ロレンゾ・フォーチュナート)EOLO-Kometaは、地元のようで集団から前に出て皆に挨拶をして回っていた。

 

120kmから110kmの間にタイム差は、5分から一気になくなってしまう。スプリントポイントは

次の順で。

  • 36.  フィリッポ・タグりアーノ(Androni Giocattoli-Sidermec)
  • 66.  アレッサンドロ・トネッリ(Bardiani-CSF-Faizanè)

 

スプリントポイントを過ぎて一気に二人は吸収されてしまった。

 

今日は、皆の意見が一致しているようで休息日のようだ。明日も登りゴールで厳しいレースとなるので足休めですね。

 

残り69kmで二人がアタック。これは示し合わせていたようだ。スルスルっと一緒に飛び出た。またも、イタリアの2チーム。

スポンサーのためにも目立ってないといけませんからね。

  • 32.  シモン・ペラウド(Androni Giocattoli-Sidermec)
  • 65.  ウンベルト・マレンゴ(Bardiani-CSF-Faizanè)

 

集団はトーマス・デヘントが引く。2回目のスプリントポイントがあるので、タイム差はあまり与えないだろう。

 

昨日最後の登りで足を見せたエガン・ベルナルはトイレ休憩から帰ってきた。ヨナタン・カストロピエホに引かれて集団前方に戻っていく。今日は、いい休みになっただろう。

 

ポイント賞ジャージのティム・メルリエは集団最後尾当たりを走っている。スプリントポイントは眼中にない。あくまでゴール狙いだ。

 

カレブ・ユアンが後方から戻ってきている。トイレか?

 

先頭二人は、スブリントポイントも争わず逃げ続けている。ゴールまで25.3kmで31秒差。

そろそろ捕まる頃か。Bardiani-CSF-Faizanèは、チッポリーニに乗っている。日本ではあまり見ないですね。

 

集団から、アレクシー・グジャール(AG2R Citroën Team)がアタック!

先頭の二人に追いつく勢いだ。

 

アレクシー・グジャール(AG2R Citroën Team)は、追いつくとそのまま前に出て二人を引く。20秒しかないので、どこまで粘れるか?

 

パヴェル・シヴァコフが落車だ。これは痛い。すでに集団のスピードが上がっているので追いつくことはないだろう。大きなタイムロスだ。

 

残り11.4kmで12秒。よく頑張っている。

 

パヴェル・シヴァコフは相当痛そうだ。ジョナタン・ナルバエスが降りてきて、ゆっくりと走っている。

 

コーナーで落車。ロットが二人にBardiani-CSF-Faizanèも一人落車。

  • コービー・ホーセンス (Lotto Soudal)
  • フィリッポ・フィオレッリ (Bardiani-CSF-Faizanè)

 

ラスト5kmのゲートを越えた。12秒ある。

 

ここで、中央分離帯で落車発生だ。旗振り係員にジョセフロイド・ドンブロウスキー (UAE-Team Emirates)がぶつかったようだ。係員も倒れている。

上のほうには、フランソワ・ビダール( AG2R Citroën Team)も落車している。

 

これはいけない。ミケル・ランダも巻き込まれて落車してしまった。しかも立てない。

 

山岳賞のジョセフロイド・ドンブロウスキー (UAE-Team Emirates)も痛そうだ。ゴール手前3km以内でないので同タイム扱いにならない。

 

先頭3人はラスト3kmまで粘って捕まる。

 

ラスト1.5kmではBORAが先頭でゴールに向かう。

 

 

BORAが先頭でゴールに向かう。後ろはAlpecin-Fenixのアレクサンダー・クリガー。その後ろは、UAEのマキシミリアーノ・リケーゼ。その後ろはサガンだ。

 

アレクサンダー・クリガーが完璧な引きを見せたのだけど~。ティム・メルリエは、ペダルが動かなくなってしまった。後ろで悔しがっている。

 

ジャコモ・ニッツォーロがエリア・ヴィヴィアーニを交わしてゴールに向かう。

 

カレブ・ユアンは忍者のようにフェンス際から中央に出てきた。

 

ジャコモ・ニッツォーロの後ろから、カレブ・ユアンがまくりに行く!

 

ジャコモ・ニッツォーロは首を振る~。

 

勝利は、カレブ・ユアンだ~!

ついにポケットロケットことカレブ・ユアンの勝利だ。チームメイトを2名を落車で失いトレインが作れない中で見事にまくることが出来た。少しゴール前に登っていたのもユアンの脚質にあっていたのかも。

見事なゴール前のまくりを見せてくれた。

 

こちらはハイライト動画
Giro d'Italia Stage 5 Highlights

 

リザルト

第5ステージリザルト

RnkRiderTeamUCIPntTime
1 EWAN CalebLotto Soudal100804:07:01
2 NIZZOLO GiacomoTeam Qhubeka ASSOS4050,,
3 VIVIANI EliaCofidis, Solutions Crédits2035,,
4 SAGAN PeterBORA – hansgrohe1225,,
5 GAVIRIA FernandoUAE-Team Emirates418,,
6 MOSCHETTI MatteoTrek – Segafredo 15,,
7 PASQUALON AndreaIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux 12,,
8 GROENEWEGEN DylanTeam Jumbo-Visma 10,,
9 BELLETTI ManuelEOLO-Kometa 8,,
10 CIMOLAI DavideIsrael Start-Up Nation 6,,

ミケル・ランダはDNF。詳細が分かり次第報告。新城幸也は5分5秒遅れの177位。

総合

nkPrev▼▲RiderTeamUCITime
11 DE MARCHI AlessandroIsrael Start-Up Nation2017:57:45
23▲1 VERVAEKE LouisAlpecin-Fenix 0:42
34▲1 OLIVEIRA NelsonMovistar Team 0:48
45▲1 VALTER AttilaGroupama – FDJ 1:00
56▲1 EDET NicolasCofidis, Solutions Crédits 1:15
67▲1 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech 1:24
78▲1 EVENEPOEL RemcoDeceuninck – Quick Step 1:28
89▲1 BETTIOL AlbertoEF Education – Nippo 1:37
910▲1 CARTHY HughEF Education – Nippo 1:38
1011▲1 BERNAL EganINEOS Grenadiers 1:39

なんと、ミケル・ランダがジロを去り総合争いから消えてしまった。

ポイント賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
13▲2 NIZZOLO GiacomoTeam Qhubeka ASSOS72
22 VIVIANI EliaCofidis, Solutions Crédits68
31▼2 MERLIER TimAlpecin-Fenix58
428▲24 EWAN CalebLotto Soudal56
54▼1 SAGAN PeterBORA – hansgrohe50
69▲3 TAGLIANI FilippoAndroni Giocattoli – Sidermec39
78▲1 CIMOLAI DavideIsrael Start-Up Nation31
816▲8 GAVIRIA FernandoUAE-Team Emirates30
95▼4 VAN DER HOORN TacoIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux28
106▼4 FIORELLI FilippoBardiani-CSF-Faizanè28

トップは、ステージ2位となったジャコモ・ニッツォーロに変わった。

山岳賞

RnkPrev▼▲RiderTeamPoints
11 DOMBROWSKI JoeUAE-Team Emirates18
22 ALBANESE VincenzoEOLO-Kometa16
33 TAARAMÄE ReinIntermarché – Wanty – Gobert Matériaux13
44 DE MARCHI AlessandroIsrael Start-Up Nation10
55 GAVAZZI FrancescoEOLO-Kometa9
66 PELLAUD SimonAndroni Giocattoli – Sidermec6
78▲1 FIORELLI FilippoBardiani-CSF-Faizanè6
89▲1 VAN DEN BERG LarsGroupama – FDJ6
97▼2 JUUL-JENSEN ChristopherTeam BikeExchange6
1010 VERVAEKE LouisAlpecin-Fenix5

ヤングライダー賞

RnkPrev▼▲RiderTeamTime
11 VALTER AttilaGroupama – FDJ17:58:45
22 VLASOV AleksandrAstana – Premier Tech0:24
33 EVENEPOEL RemcoDeceuninck – Quick Step0:28
44 BERNAL EganINEOS Grenadiers0:39
56▲1 MARTÍNEZ Daniel FelipeINEOS Grenadiers1:10
67▲1 HINDLEY JaiTeam DSM1:20
78▲1 FOSS TobiasTeam Jumbo-Visma1:42
810▲2 TEJADA HaroldAstana – Premier Tech2:56
99 MÄDER GinoBahrain – Victorious2:58
1012▲2 ALMEIDA JoãoDeceuninck – Quick Step4:38

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました