ロードバイクの情報を発信しています!

ベストロードバイクシューズを探せ!

機材情報
Photo by Evgeni Tcherkasski on Unsplash
この記事は約7分で読めます。

自分の履いているロードバイクシューズがそろそろ限界なので、新しいロードバイクシューズを物色しています。

どうせ買うならば、インプレになりそうな物を買いたいかなと思ってますが、どこのメーカーが良いのか色々と検討してみることに。

これまで、履いたことのあるシューズは、Sidi、Time、DMT、PEARL IZUMIなど。

PEARL IZUMIのシューズを今履いてますが、これがいい。超軽量で195gしかないので気に入ってますが、ベルクロの接着力がなくなっているので力を入れるとベルトが外れてしまう(^^;

そろそろ、次のシューズを探さないと。

 

スポンサーリンク

Shimano SH-RC901

Photo shimano

ShimanoのS-PHYREシリーズの頂点に立つフラッグシップモデル。

SH-RC901は剛性が高く評判も良い。競輪選手はSH-RC901Tを使っているみたい。

SH-RC901Tは最後にTとついているようにトラック用。ボアダイヤルが一つ少ないタイプになる。

重量は249g(SIZE42)。もう少し軽量にして貰いたいかな。

 

 

BONT Vaypor+ 2016

https://bont.jp/products/road/vaypor-plus-2016

Photo bont.JP

BONTのホームページを見るとHelixのほうが新しいシューズのようだが、値段はこちらのBONT Vaypor+ 2016のほうが高い。

BONTのシューズは、Roppongi Expressで有名な日本一のホビーレーサー高岡亮寛氏が一押しするシューズ。

高岡氏は、以前は私が履いているパールイズミのシューズを2足持っていたが、BONTを履いてから変更している。

とても良いシューズなんだろうけど、熱形成しないといけないのが困る所。ショップでやって貰えるところが近くにあれば良いのだけど。

私のトレーニング仲間は、ネットで買って電子レンジでチンしたらしいが、私には出来ない。

シューズをチンしている所を見られたら殺されそうだ(^^;

 

 

SIDI  SHOT

http://www.fukaya-nagoya.co.jp/brand/sidi/shoes/road/shot/

Photo sidi

プロライダーも履いているSidiのフラッグシップモデル。

クロージャーには、Double Tecno 3 Push Systemを採用。ダイヤル中央の赤いボタンを押すことでワイヤー巻き取りレバーを簡単に立ち上げられるSidi独自のダイヤルクロージャーTecno 3 Pushを2つ繋げたシステムで、アッパー全体での均等な締め付けを可能とした。

Sidiの場合、消耗する部分のパーツを変えることが出来るのが良いところ。

発売当初は、43,000円したようだが今は3万円切っている。Sidiのシューズといえば高いというイメージがあったが、それほどでもないですね。

 

Sidi SHOT SPEC

  • ソール:VENT CARBON SOLE
  • アッパー:Microfiber Tech/Mesh
  • アジャスター:Double Tecno 3 Push System、Heel Retention Device
  • サイズ:40~46(ハーフサイズあり、45.5を除く)
  • カラー:White/White、Bright Yellow、Blue Sky/Black、White/Red、MAT Black/White
  • 重量 :  256g

SIDI  SHOTは、Team INEOSのクリス・フルームも2017年から使っている。

 

SIDI(シディ) SHOT WHT/WHT 43/26.5cm相当
Sidi
SIDI シューズサイズ表 ※サイズは計算上のものです。 EUR - CM 換算表(ロード・MTB共通) EUR:36=CM:23 ・ EUR:37=CM:23.5 ・ EUR:37.5=CM:23.75 ・ EUR:38=CM:24 ・ EUR:38.5=CM:24.25 ・ EUR:39=CM:24.5 ・ EUR:39.5=CM:24.75 ・ EUR:40=CM:25 ・ EUR:40.5=CM:25.25 ・ EUR:41=CM:25.5 ・ EUR:41.5=CM:25.75 ・ EUR:42=CM:26 ・ EUR:42.5=CM:26.25 ・ EUR:43=CM:26.5 ・ EUR:43.5=CM:26.75 ・ EUR:44=CM:27 ・ EUR:45=CM:27.5 ・ EUR:46=CM:28 ・ EUR:47=CM:28.5 SIDIソールのたわみ量について SIDI シューズの進化は止まりません。2012モデルはソールに「空気の通り道」を施した“VENT CARBON SOLE"が登場。斬新なシステムを導入しながら、従来のソールに比して 25%もの軽量化に成功しました。また、スピードプレイ専用ペダルもラインナップするなど、SIDI はその死角をますます狭めてきます。そしてシューズの性能をひも解く時、忘れてならないのがソールの柔軟性。SIDI のシューズはソールの剛性やパワーの伝達を保ちながら、足の血流を妨げることがないよう、柔軟性を持たせてあります。柔軟性の目安として、SIDI では「たわみ量」を公表しています。これは 50kg の荷重をかけた時のソールのたわみ量を指します。たわみ量コンマ何ミリの差がモデルの性格を物語り、表彰台の順番を左右することもあるのです。 SIDI ソールの柔軟性比較 "ソールの種類: VENT CARBON SOLE たわみ量: 1.4mm 採用モデル: SHOT・WIRE・ERGO 3 CARBON・GENIUS 6.6 ソールの種類:SP CARBON SOLE たわみ量:1.5mm 採用モデル:WIRE SPEEDPLAY・ERGO 3 CARBON・ SPEEDPLAY ソールの種類:CARBON LITE SOLE たわみ量:1.5mm 採用モデル:ERGO 2・ CARBON LITE・12 GENIUS 6.6 ・CARBON LITE ソールの種類:FULL CARBON SOLE たわみ量:1.7mm 採用モデル:11 LASER・09 ERGO 2 CARBON・09 GENIUS 6.6 CARBON ソールの種類:TWELVE CARBON COMPOSITE SOLE たわみ量:2.4mm 採用モデル:ERGO 4・T-4 ソールの種類:ELEVEN CARBON SOLE たわみ量:2.4mm 採用モデル:LASER・FIVE・T-3 ソールの種類:CARBON COMPOSITE SOLE たわみ量:3mm 採用モデル:11 FIVE・GENIUS 5.5 CARBON COMPOSITE・11 T-2 CARBON COMPOSITE ソールの種類:MILLENNIUM 5 SOLE たわみ量:2.5mm 採用モデル:GENIUS 7・ZERO GORE ソールの種類:MILLENNIUM 4 SOLE たわみ量:2.5mm 採用モデル:KAOS・GENIUS 5-FIT CARBON・LEVEL・HYDRO GORE・AVAST RAIN ソールの種類:MILLENNIUM 3 SOLE たわみ量:2.7mm 採用モデル:T-2・GENIUS 5-FIT・GENIUS 5 PRO・LOGO・ZEPHYR・TARUS・MOON WOMAN・15 HYDRO GORE ソールの種類:MILLENNIUM 2 SOLE たわみ量:5.8mm 採用モデル:08 GENIUS 5・08 ZETA ソールの種類:MTB SRS CARBON-GROUND たわみ量:3.7mm 採用モデル:MTB TIGER・MTB DRAKO ソールの種類:MTB SRS CARBON COMPOSITE たわみ量:4.7mm 採用モデル:MTB EAGLE 6 ソールの種類:MTB COMPETITION たわみ量:2.5mm 採用モデル:MTB CAPE・MTB EAGLE 7・MTB DOMINATOR 7・MTB EAGLE 5-FIT・MTB DOMINATOR 5-FIT・MTB BUVEL・MTB GIAU・MTB DIABLO GORE"

 

Sidiといえば、60周年記念のSidi Sixtyが、Sidi SHOTよりも軽量だが受注生産のためすでにサイズがないものが多い。

 

 

S-WORKS 7 LTD – SAGAN DROP 3

https://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g61019-0640/

Photo specialized

Specializedならば、S-WORKS 7だろうが、どうせ買うならばサガンモデルが良いかも。

サガンモデルシューズ専用のCNCアルミ合金Boa® ダイヤルを採用。このダイヤルは見た目も高級感にあふれ、丈夫なスプリングクラッチを内蔵。

1mm単位で微調整できるので、完璧なフィット感を生み出せる。しかもレインボーに輝いている。

 

 

S-WORKS EXOS

https://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g61019-1339/

Photo specialized

Specializedでもう一つ気になるシューズはS-Works Exos。ボアダイヤル付きで150g(ハーフシューズ、サイズ42)の重量。

市販でここまで軽いのは、S-Works EXOS 99。だが、こちらは500足限定なので、すでに生産されていない。

S-Works Exosは、S-WORKS 7と作りは同じようだが、BOAダイヤルが1個で重量を抑えている。詳しくは以下で書いているのでご参考までに。

 

 

2020 Bontrager XXX

Photo Trak.com

最も硬いOCLVカーボンソールを使用し、剛性指数は14中14でパワーを逃がさない。

シューズのアッパーに戦略的に配置されたフレックスゾーンと組み合わせて、パワー伝達と快適性の両面で最高のものを目指している。

最適なフィット感を得るために、精密な微調整の出来るBoa IP1ダイヤルシステムを装備。

 

Bontrager XXXには、数年前ベルクロタイプで195gのシューズがあった。今はラインナップにないのが残念だ。時代はボアダイヤルになってるようですね。

 

どれを買うか?

Photo Adam Hansen instagram

他にも良いシューズはあるが、全く買う気のないシューズを乗せてもしょうがない。

実は、最も気になっていたのはアダム・ハンセン(Lotto Soudal) がシューズ作りに参加しているHanseenoというチェコのブランド。

アダム・ハンセンはシューズを手作りしており、最軽量では76gというシューズも作っている。

 

こちらはアダム・ハンセンが手作りしている動画。本当はアダム・ハンセンに作って貰いたいのだけど(^^;
My last shoe wrap!!! On the Hanseeno's!

ネタ的に面白いので是非欲しかったのだが、少し前からHPが改定しているのか全く入れないので買いようがない。

また、シューズを買ったらインプレしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました