ロードバイクの情報を発信しています!

Sidi60周年記念 軽量カーボンロードレースシューズSidi Sixty発表

機材情報
Photo sidi.com
この記事は約4分で読めます。

Sidiは60周年記念として、Sidi Sixtyを発表した。

Sidiの最新のトップレベルのSidi Sixtyロードシューズは、軽量で高性能の新しいベンチマーク設定に当たり、機能を削除することで軽量化を実現した。

 

スポンサーリンク

Sidi Sixtyロードシューズ

Sidiは、エガン・ベルナルにゴールドのSidi シューズを送っている。

Sidi Sixty and Egan Bernal

Sidi Sportは1960年に始まったが、彼らは13年後までサイクリングシューズを制作せずにトレッキングブーツを作っていた。

しかし今日、イタリアのシューズ会社にとってサイクリングは巨大な市場だ。

今年、コロンビアのエガン・ベルナルがSidiのシューズを履いてツール・ド・フランスで優勝したことで、15回目のツール総合優勝を飾ったシューズとなった。

 

Photo sidi.com 以下同様

これまでのSidiでは、常に新しい高度な機能やテクノロジーを追加していたが、Sidi Sixtyでは、より洗練されたデザインですっきりとしている。

まるで昔のデザインに戻ったようにもみえる。

SIDI SIXTY – preview

 

Sidi Sixtyカーボンロードシューズ–技術詳細

Photo sidi.com

新しいSidi Sixtyは、ベルナルが今年使用したシューズの進化版だが、全体的な軽量化のために簡素化された。

最も注目すべきは、ミッドループ全体にフィットするようにダブルループワイヤを備えたSidiのダイヤルが一つだけだということ。

Tecno-4 Pushという名前が付けられており、より迅速なリリースとスペアパーツの簡単な交換を約束する新しい進化を示唆している。

下部のダイヤルは、ベルクロに囲まれた内側のプラスチック製の歯を連結するSidiのハイテクで軽量な、高セキュリティベルクロクロージャーに置き換えられている。

軽量化のためにダイヤルを減らしたのか、一つでも十分だという判断なんでしょうかね。

 

Photo sidi.com

シューズはまた、調節可能なヒール保持を備えたシディの大きな特徴的なプラスチックヒールカップを落としている。

代わりに、Sidi Sixtyには、構造とサポートのために軽量化された統合プラスチックヒールカップがあり、視認性を高めるために反射率も追加している

 

Photo sidi.com

Sidi Sixtyの軽量で頑丈なフルカーボンソール構造は、Vent Carbon Soleと呼ばれるShotと同じ機能。

交換可能なつま先のトレッドに2ポジションの開口部があり、暑い天候の場合は空気を入れ、寒い時または濡れた場合は閉じることが出来る。

また、交換可能なヒールトレッドブロックもある。Sidi Sixtyのアッパーは、同じTechpro Microfiber素材とメッシュの通気孔を維持し、サイドの通気孔をより多くのミシン目と足首のメッシュに置き換えている。

Sidiの良い所は、部品の交換が可能なこと。高価なシューズなので長くはけるのは嬉しい配慮だと思う。

 

2020 Sidi Sixty –販売時期

Photo sidi.com

新しいSidi Sixtyは2020年2月に発売開始。黒、白、赤、青のカラーで、38〜47プラス48のハーフサイズで提供される。

最終的な価格はまだ情報がないけれども、550ドル(約6万円)を下回ると予測されてますが、まあかなり高いのは間違いないですね。

 

軽量といいながら重量の情報がないので、価格と一緒にわかれば追記します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました