ロードバイクの情報を発信しています!

Titici F-RI02エアロロードバイク トップチューブが板になってる?

機材情報
photo titici.com
この記事は約4分で読めます。

イタリアのカスタムバイクメーカーTiticiが、Titici F-RI02エアロロードバイクを発売した。

Titiciは1964年創業のバイクブランドで、ハンドメイドで作られている。このTitici F-RI02エアロロードバイクの特徴は、なんといっても板のように見えるトップチューブの形状。

これだけ薄くでも全く構造上も問題なく、振動を吸収してくれるという。

 

スポンサーリンク

Titici F-RI02カスタムカーボンFlexyエアロロードバイク

photo titici.com

この薄いトップチューブはPAT構造と呼ばれている。

薄型プレートアブソーバーテクノロジー(PAT)トップチューブデザインで現在の形となったのは、2017年のこと。

高い横フレーム剛性を維持しながら、ライダーに到達する前に振動(特に高周波振動)を減衰させる働きをする。

 

photo titici.com

Titiciは、8mmの厚さのPATトップチューブをFlexyと呼んでいるが、それは明らかに標準フレームよりも18%多くの振動を減衰することが証明されているという。

PATトップチューブが丸いチューブよりも垂直方向に移動する能力により、Flexyフレームは特に高周波振動(+ 66%、左上)を吸収できると同時に、低周波振動(+ 25%、右)の吸収をある程度改善する。

同時に、幅広のフラットデザインにより、水平剛性が7%向上する。これらはパルマ大学による独立したテストで示されている。

 

パオロ・ベッティーニも監修

TITICI Lab con Paolo Bettini – Road Integrated Concept

監修には、オリンビックチャンピオンで世界選手権を2度制した、パオロ・ベッティーニも加わっている。

レースに耐える剛性と1日中快適に走れるように両立を目指したという。

 

photo titici.com

完全な内部ケーブル配線とフォーククラウンからダウンチューブまでの統合されたTiticiエアロロードデザインを備えている。

ワンピースヘッドチューブからNACAプロファイルダウンチューブへの変更された移行により、乱気流の減少により、バイクの抗力係数がさらに減少した。

 

photo titici.com

特許取得済みのデザイン機能により、ユニークなルックアンドフィールが実現した。

現在、第2世代であるTiticiは、F-RI02で更に進化させ、エアロヘッドチューブ、ダウンチューブ、チェーンステーのプロファイルを軽量化している。

Titiciは、3K、6K、T700、M30、およびUDカーボンファイバーの混合から各自転車のカスタムレイアップを作成。

 

photo titici.com

フレームは1.5インチのヘッドチューブを使用して設計されており、FSAのACRまたはDeda ElementiのDCR統合ヘッドセットおよびコックピットシステムと互換性があり、完全にステルスな内部ケーブル配線が可能となる。

バイクは、PressFit BB386ボトムブラケット、エアロシートポスト用のウェッジスタイルクランプ、Ritchey 1ボルトシートポストヘッド、12mmスルーアクスル、フラットマウントディスクブレーキを備えている。

 

TITICI F-RI02

完全ハンドメイドのフレームは、2か月の作成時間を必要とする。ジオメトリは完全にカスタムメイドされるため各ユーザー固有のものとなるので示されていない。

F-RI02は夢のバイクになることを意図しているため、ルーティングは電子EPS、Di2、AXSグループセット用に最適化されており、フレームに組み込む互換性を指定できる。

フレームはエアロポストなどと合わせて5000€(約60万円)。完成車となると凄い価格になりそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました