ロードバイクの情報を発信しています!

フィリッポ・ガンナはロボットではない ガンナがタイムを失った理由とは?

海外情報
Photo by Bacila Vlad on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

ティレーノ・アドリアテッコの最終ステージは個人タイムトライヤル。

誰もが、トップタイムをたたき出すのは世界選手権TT王者のフィリッポ・ガンナ(INEOS Grenadiers)だと思っていただろう。

ここまでタイムトライヤルでは8連勝を飾っており、まさに敵なしの状態だったのだから。

だが、結果は、ワウト・ファンアールトとシュテファン・キュングに破れて3位となってしまう。

ガンナはフニッシュで「私はロボットではなく人間であることを示しました。」と語っている。

ガンナがタイムを失った原因は何だったのだろうか?

 

スポンサーリンク

走る時間帯

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

INEOS Grenadiers(@ineosgrenadiers)がシェアした投稿

 

Velonのデータによると、最後の2.2kmでは、平均585wで走っており、ピークは700Wを越えている。

11分17秒で平均時速は53.7km/h。昨年のガンナ自身の記録と比べると35秒も遅い。

フィリッポ・ガンナは、第5ステージで最初の1時間をav50kmを越えるスピードで逃げ続けている。捕まったのはラスト60km付近。約140kmに渡って逃げ続けていた。

雨の降る中でもあり気温も下がっていた。疲れがあったことは間違いない。だが、それは優勝したワウト・ファンアールトも同じだ。

 

ゴール後ガンナは

私はすぐに自分の足が良くないと感じた。私はなんとか何かを引き戻すことができたが、今は次のチャンスまでしか考えることができません。

悲しいことではない。すべての人種は異なる。より強くなることができる人は常にいる。

ガンナ自身は言い訳をすることを拒否していた。

だが、コースの後半部分の風は、その日の前半にスタートしたライダーのほうが強かったようだ。

ワウト・ファンアールトがスタートする頃には、風が弱まっていたと、多くのライダーが証言している。

気象条件だけは、誰にも制御することが出来ない。全く同じ条件だったから、ガンナのほうが速かったかもしれない。

だが、これは屋外で走る以上誰でも起こり得ることだ。ガンナには次を期待したいと思う。必ず、更に強くなった走りを見せてくれるはずだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました