ロードバイクの情報を発信しています!

ジロ・デ・イタリア第13ステージで、フェルナンド・ガビリアはサドルなしでスプリントした?

海外情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt
この記事は約3分で読めます。

ジロ・デ・イタリア第13ステージは、完全にフラットなスプリンターステージ。

当然のように最後は、集団スプリントに突入。

最後は、エドアルド・アッフィニ(Team Jumbo-Visma)の600m手前からのスパートをジャコモ・ニッツォーロがまくって勝利した。

ジロで6回目のステージ優勝を狙う、フェルナンド・ガビリア(UAE-Team Emirates)は5位でゴール。

だが、なんとフェルナンド・ガビリアはサドルなしで走っていた?

 

スポンサーリンク

サドルがない~

 

上の写真を良く見てみると、確かに真ん中のフェルナンド・ガビリアのバイクにはサドルが見えない。

残り、1,500mではサドルがあることが確認されている。だが、その後ゴール手前900mくらいで、チームメイトのマキシミアーノ・リケーゼとフアン・モラノとはぐれている。

たぶん、ここら辺でコルナゴV3RSバイクのシートクランプが折れたか、シートクランプが緩んだかで、Prologoのサドルが落ちたようだ。

それでも、フェルナンド・ガビリアはエドアルド・アッフィニ(Team Jumbo-Visma)を追ってロングスプリントしている。

最後は、サガンとダビテ・チモライにも抜かれたが、サドルなしで最後まで走り切ったのは凄い!

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Fernando Gaviria Rendon(@fernandogaviriarendon)がシェアした投稿

 

フェルナンド・ガビリアは

これは、私の人生で最も長いキロメールの一つでした!     残念ながら、間違ったタイミングで機械的な問題が発生したが、それでもスプリントで最大限に走ることが出来た。

しかし、遠くからスプリントしなければならなかった。決して諦めてはいけません。毎日、最後の1メートルまで戦い続けなければなりません。

と、コメントしている。

シートクランプが緩んでサドルが落ちるというのは、たまに聞くけどスプリントの最中に起こったらたまりませんね。

サドルなしでも、スプリントを続けられるガビリアは凄い。

あと、1回スブリントのあるステージで優勝すれば、ポイント賞も夢ではないので最後の1mまで諦めずに頑張って貰いたい。

 

こちらはラスト1kmからのフル動画
Giro d’Italia 2021 | Stage 13 | Last Km

コメント

タイトルとURLをコピーしました