ロードバイクの情報を発信しています!

ファビオ・ヤコブセンがケガを乗り越えウルフパックと2年の延長契約

海外情報
Photo by Xan Griffin on Unsplash
この記事は約2分で読めます。

昨年のツール・ド・ポローニュでの事故以来、長く厳しい回復の道を歩んできた、ファビオ・ヤコブセンがDeceuninck-Quick-Stepと2年の延長契約を結んだ。

ファビオ・ヤコブセンは、ツアー・オブ・ターキーで感動的なカムバックを果たしている。

マーク・カヴェンデッシュのトルコでの4つのステージ優勝に貢献したファビオは、今回の勝利が自分にとって最大の勝利であり、復帰への旅の重要なステップになったと語っている。

 

スポンサーリンク

再び勝つことを目指して

Fabio Jakobsen extends with the Wolfpack

 

プロになってからこれまで、グランツールデビューのブエルタ・ア・エスパーニャでのステージ優勝やスヘルデプライスでの連勝など、ウルフパックで18回の勝利を収めてきた。

昨年のツール・ド・ポローニュの事故は酷かった。歯が無くなり、口蓋の半分が無くなり、アゴの一部が無くなった。

当時は死を覚悟した時もあったと言う。

復帰には時間もかかったが、ヤコブセンは、2023年末までチームとの契約に合意し、ウルフパックで次のステップに進む。

チームからは、エーススプリンターだった、サム・ベネットが移籍することが報道されている。だが、新たにスプリンターを連れてくることはない。

チームは、ファビオ・ヤコブセンの復帰を期待している。更に、マーク・カヴェンデッシュが完全復活したことで、2枚体制になることも可能だ。

チームのGMパトリック・ルフェーブルの選手を見る目は凄いものがある。彼が見込んだライダーは必ず大成する。ファビオ・ヤコブセンも必ず以前のレベルまで戻ると確信しているから2年の延長契約を結んだのだ。

通常ならば、チームが契約を打ち切るところだっただろう。

今後、ファビオ・ヤコブセンは。ツール・ド・ワロニーにブエルタ・ア・エスパーニャにも出場する。あとはスプリントで勝利をあげることだけだ。

完全復活はあと少しで成し遂げられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました