ロードバイクの情報を発信しています!

2022ツール・ド・フランス出場を明言するエガン・ベルナル 腰痛は治ったのか?

海外情報
Photo credit: HerryLawford on Visualhunt.com
この記事は約4分で読めます。

エガン・ベルナルは、2020年に腰痛でリタイヤして以来、初めてツール・ド・フランスに復帰することを明言した。

2年振りのツール復帰だ。2021年シーズンは、ジロ・デ・イタリア総合優勝、ブエルタ・ア・エスパーニャ総合6位、ストラーデ・ビアンケ3位など、トップレベルの成績を収めている。

しかし、ベルナルとイネオスのチームメイトは、スロベニアのライバルであるタデイ・ポガチャル(UAE Team Emirates)とプリモッシュ・ログリッチ(Team Jumbo-Visma)にはまだ勝てていない。

 

スポンサーリンク

ツールに出場

イベントに参加するベルナル

 

2021年シーズンを終え、コロンビアでのイベント終了後に、インタビューにベルナルが答えている。

 

1年を終え、2022年に向けての現在の状況を教えてください…。

必要な休暇の後、フィジカルと純粋なサイクリングの両方のトレーニングと準備に再び集中しており、来シーズンに向けて適切なコンディションを見つけたいと思っている。

12月初旬にはスペインに行き、来年のプログラムと詳細を決定するための集中トレーニングを行う予定だ。

 

1シーズンの間に様々な経験をする中で、先日訪れたドバイとそこで行われたクリテリウムについての感想を聞かせてください。

正直に言うと、万博の重要性や世界的な巨大さの意味を全く理解していなかった。

また、美しいコロンビアのパビリオンや他の国のパビリオンを訪れることができたのも、とても良い経験になった。

スポーツ面では、同じEXPO施設内で競技ができたことは非常に興味深く、サガンに次ぐ2位という結果はともかく、ジロ・デ・イタリアから招待された偉大なチャンピオンたちと一緒に、良いサイクリングショーを提供できたと思う。

 

2022年に戻る….。 あなたは、プログラムを定義するために今後のトレーニングキャンプについて言及していますが、100万ドルの質問は、あなたがツール・ド・フランスに参加するかどうかです。

答えはイエスです。今年は、ツール・ド・フランスに出場するために、すべての準備と努力を集中することは明らかだ。2019年に少し離れてしまった道に戻る時だ。

 

コロンビアのスポーツ界にとって、今年の最高の思い出のひとつは、ジロ・デ・イタリアでの勝利でしょう。 数ヶ月後、それをどのように評価していますか?

美しくて幻想的な思い出です。私にとっても、チームにとっても、そして国にとっても、個人的にもスポーツ的にも非常に重要な意味を持っていた。

個人的にも集団的にも、肉体的にも精神的にも非常に高いコストがかかったが、この勝利は決して忘れることのできないものとなった。

 

最後に…今日の健康状態はいかがでしょうか…怪我…腰痛…など。

私は元気だ。完全に回復したと思っているが、それでも理学療法セッションやジムでの補助的な強化などで経過を観察しており、自転車でのパフォーマンスに影響を与えるようなことがないようにサイクリング・イヤーをスタートさせ、継続したいと思っている。

 

クリス・フルームが4回優勝し、2012年にはブラッドリー・ウィギンスが、2018年にはゲラント・トーマスが優勝するなど、ほぼ10年間に渡ってチームがツールを支配していたが、2019年のベルナルの優勝以降、イネオスは勝利を得ていない。

2020年のシーズンを悩ませた怪我は、ベルナルによれば、もはや過去のものとなったようだ。

ツールでは、ポガチャルとログリッチと再び対戦するが、ベストな状態で望めば本当に面白い戦いを見せてくれるはずだ。強いベルナルが帰ってくる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました