ロードバイクの情報を発信しています!

EF Education-EasyPostが2024年ユニフォームとカラフルなCannondale Supersix Evoを公開

機材情報
UnsplashSharon Pittawayが撮影した写真
この記事は約3分で読めます。

EF Education-EasyPostが2024年のユニフォームとバイクのカラーリングを公開。

ピンクは維持されているけれど、イエローが入って更にカラフルになっている。特にバイクは凄いことに~。

 

スポンサーリンク

2024ユニフォーム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

EF Education–EasyPost(@efprocycling)がシェアした投稿

 

あまり変わってないように見えるけれど、かなりハデハデに。それは2023年のユニフォームと比べてみると良くわかる。

 

2023年ユニフォーム

Image credit: EF Education-EasyPost

 

2023年ユニフォームは、ピンクが基調だけど、袖、胴体で色分けされていた。これと比べると2024年はかなり派手。

とくに、エクアドル王者のリチャル・カラパス、コロンビア王者のエスデバン・チャベスはかなり目立つ。

アイルランド王者のベン・ヒーリーはグリーン基調で少し控えめな感じだ。新しいユニフォームは、Raphaで2月から販売となる。

女子チームは、EF Education-TIBCO-SVBが消滅して、EF Education-Cannondaleとなっている。スポンサーが全く違う。

 

2024 Cannondale LAB71 SuperSix EVO

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Cannondale Bicycles(@cannondaleroad)がシェアした投稿

 

昨年と同様、EF Education-EasyPostと女子チーム EF Education-Cannondale は今年も Cannondale Supersix Evo でレースをする。

新しいユニフォームと同様に、黄色とさまざまな色合いのピンクが優勢となっている。それにしても、超カラフル!

このバイクには、Shimano の Dura-Ace Di2 12 スピード グループセット、FSA のクランクセット、Vision のホイールが装備。

その他の装備スポンサーには、Prologoサドルとハンドルバーテープ、Eliteのボトルとボトルケージ、Vittoriaのタイヤ、WahooのサイクルコンピューターにペダルはSpeedplayとなっている。

ジロ・デ・イタリアでは、ユニフォームがピンクでマリアローザと被るので、また特別ジャージを披露する。バイクもどんな感じのカラーになるのか楽しみですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました