ロードバイクの情報を発信しています!

エガン・べルナルやナイロ・キンタナがツール・ド・フランスに出れない可能性あり

海外情報
Image by Foundry Co from Pixabay
この記事は約4分で読めます。

コロンビアのUCI登録のプロライダー111名は、現在大統領から特別な許可を受けて5月9日から屋外トレーニングが自由に出来るようになっている。

これによりコロンビアで高地トレーニングを積んで多くのライダーが7月にヨーロッパ入りをする予定だった。出国可能と考えていたのだ。

だが、コロンビア政府は8月31日まで国外への渡航禁止を発表。

これでは8月29日スタートのツール・ド・フランスに出場出来なくなってしまう。

一体どうなってしまうのか?
 
スポンサーリンク

打開策はあるのか?

Image by Free-Photos from Pixabay

コロンビアにはツール・ド・フランスの行方を左右する強力なライダーが沢山いる。

コロンビアの代表的ライダー
  • エガン・ベルナル(Team INEOS)
  • ナイロ・キンタナ(Team Arkéa Samsic)
  • リゴベルト・ウラン(EF Pro Cycling)
  • セルヒオ・イギータ(EF Pro Cycling)
  • ミゲル・アルヘルロペス( Astana Pro Team)
  • フェルナンド・ガビリア(UAE-Team Emirates)
  • イヴァン・ソーサ(Team INEOS)

ワールドツアーライダーだけで15人。プロチームから7人はツールに出場する予定。

コロンビア政府はコロナ対策のために、8月31日まで全ての海外渡航を禁止すると発表した為、彼らは9月までヨーロッパに戻れなくなってしまう。

これについて、コロンビアと南米の多くのライダーの代理人を務めるジュゼッペ・アクアドロ(Giuseppe Acquadro)は打開策を考えている。

プライベートジェットで一緒に旅行することで、ヨーロッパへの特別な許可を得ることができると楽観視しているのだ。

 

彼らが旅行する特別な許可を与えられることを望みましょう。彼らはそうなると思います。彼らはアスリートですが、ヨーロッパでのレースも彼らの仕事なので、それは彼らにとって重要です。

プライベートジェットを手配出来るとは凄いんですけど~。INEOSも問題を認識しており動いているようだ。チームによって違う便にするのかな?

 

南米での対応

Image by Pabitra Kaity from Pixabay

コロンビアでは厳格なロックダウンを実行。17,000件の症例が発生し、死亡者数は630人。ヨーロッパと比べると各段に死亡率は低い。対策のおかげだろう。

国は厳格なロックダウンの漸進的な終焉を始めており、ライダーは4月下旬から屋外でのトレーニングを許可されている。

 

ラテンアメリカは、コロナウイルスと戦うために、ほとんどの地域より厳しい旅行制限を課している。アルゼンチン、ペルー、エクアドル、エルサルバドル、パナマでも病気が拡大するにつれ、これらの禁止措置は繰り返し延長された。

リゴベルト・ウランなどは大統領やスポーツ大臣とも面識があり、コロンビア国内での人気も凄まじい。エガン・ベルナルもツールで優勝して英雄だ。

彼らプロライダーのツール・ド・フランスでの活躍は国の士気を高めることにも繋がる。

 

UCIのカレンダーの改定が5月19日に発表されており、7月にもレースの予定が入っている。

7月はプロが出場出来そうなレースはないけれど、8月1日のストラーデ・ビアンケ出場を目指すならば7月にはヨーロッパに戻っていなければならない。

多分特別に許可が下りるのではないかと思われるが果たしてどうだろうか?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました