ロードバイクの情報を発信しています!

コルナゴが史上最速のモノコックフレームを搭載したV4RSロードバイクを正式に発表

機材情報
Image credit: colnago
この記事は約9分で読めます。

コルナゴは、ツール・ド・フランスで2連覇を達成したコルナゴV3RSの後継であるV4RSを発売した。

新しいオールラウンダー軽量エアロバイクは、タデイ・ポガチャルによってテストされていた。暫定的に「Prototipo」と名付けられていたが、これがV4RSとなった形だ。

 

スポンサーリンク

Colnago V4RS

こちらはプロモーションビデオ

 

Colnago V4RS
Colnago V4RSの特徴
  • コルナゴの5つのプロトタイプから開発
  • ツールで優勝したV3RSよりも27.7ワット効率的
  • V3RSよりフレームとフォークで12g軽量化
  • フレーム、フォーク、ヘッドセット、コックピットを含めると57gの軽量化
  • 乗り心地とハンドリングの向上
  • サイズ全体でよりよくフィットするようにジオメトリを改訂
  • セラミックスピードSLTヘッドセット

 

フレーム開発

Image credit: colnago

 

コルナゴによると、V4RSはUAE Team Emiratesからのフィードバックにより、2020年10月から開発が進められていたという。

2021年4月までにプロトタイプを製造。V4RSのデザインは、4月に発売されたC68からインスピレーションを得ており、特に軽量化のための仕上げや塗装プロセスなどの要素について、両者の共同開発の分野がある。

 

Image credit: colnago

 

C68のモジュラー構造は、風洞でのプロトタイピングと評価を高速化できるため、V4Rの開発にも使用された。

2021年10月までに、コルナゴは少数のフレームを製造し、Prototipoという名前でUCIによる承認のためにデザインを提出。

Prototipoで、タディ・ポガチャルがワールドツアーシーズンの初期にレースを開始し、その後ツール・ド・フランスでレースを開始した無印のバイクだった。

 

 

統合されたハンドル

Image credit: colnago

 

V4RSは完全に統合されたシステムとして設計されており、C68でデビューしたCC.01統合バーを備えている。

V3Rコックピットと比較して、コルナゴはCC.01一体型バーとステムにより16%の抗力低減している。コルナゴはまた、空力改善は従来の丸棒ハンドルと比較して、バーの剛性に悪影響を及ぼさないと主張している。

 

Wahoo Elemnt Bolt用に3Dプリントされたフロントアウトマウント Image credit: colnago

 

ハンドルバーには、Wahoo Bolt V2バイクコンピューター用の新しい3Dプリントされたフロントアウトマウント(近日公開予定)も付属しており、50km/hで0.75ワット節約できるようになる。

また、空気力学の観点から、コルナゴは新しいヘッドチューブデザインでフレームの正面領域に注意を払っている。

特大のトップベアリングは、完全に内部ケーブル配線を可能にし、V3Rの太いプロファイルよりも砂時計スタイルの形状にプロファイルを滑らかにするとコルナゴは言う。

 

Image credit: colnago

 

また、V4RSは、V3RSのD字型ステアラーとは対照的に、標準のラウンドステアラーを装備している。

コルナゴは、これによりフロントエンドの剛性と安定性が向上すると主張している。

 

Image credit: colnago

 

新しい軽量フォークがフロントエンドに統合され、最新のレースバイクの多くで一般的であるように、最大32mmのタイヤクリアランスを可能にする。

 

エアロテスト

Image credit: colnago

 

コルナゴは、V4RSを2つの異なるホイールセットアップで空力テストを行い、コルナゴV3RSのリムブレーキバージョンに対してテストしている。

V4RSには、アウトフロントマウントと2つのボトルケージ(コルナゴによると、これはレースの終盤の通常のセットアップであるため、1つのボトル付き)とペダリングライダーも装備してテスト。

リムの深さを浅くしたV4RSはV3RSより3%(13.2W)、深いエアロホイールセットで6%(27.7W)節約している。

 

重量とバランス

Image credit: colnago

 

V3RSはすでに軽量バイクで、塗装されていないフレーム(サイズ50s)の重量は795gで、フォークは390gだった。

そのため、V4RSは主に軽量化を目指したのではなく、重量のバランスを見直したと述べている。

同等のサイズのV4RS(サイズ485)フレームの重量は3g重い798g。 フォークは、375g。CC0.1ハンドルバーとCeramicSpeed SLTヘッドセットで節約が見られ、V3Rの1,185gと比較して1,173gとなる。

フレームキット一式の重量は1,668g(フレーム、フォーク、バー/ステム、ヘッドセット)となる。

 

Image credit: colnago

 

コルナゴは、重量と剛性が一緒になってバイクのハンドリングに大きな影響を与えると述べているが、ヘッドチューブとボトムブラケットでより高い剛性の数値を求めるだけではないと常に述べている。

V4RSの場合、コルナゴは実際にシートチューブの剛性を5〜10%低減し、V3Rのボトムブラケットの剛性を維持した。

これについてタディ・ポガチャルは次のように述べている。

「確かに、より硬く、より反応が良い。立ち上がると、より良い反応を感じる。これは速いレースの攻撃や全力疾走のプロトンに役立つ。これが私にとって最大の変化だった。」

 

ジオメトリ

Image credit: colnago

 

コルナゴは、プロライダーからのフィードバックに基づいて、ジオメトリ(特にリーチとスタック)は、V3RSと比較して、サイズ全体でよりバランスの取れた感触とパフォーマンスを持つように改訂されたと述べている。

V4RSの場合、シートチューブの長さとリーチの関係はほぼ直線的であり、コルナゴは、より簡単で正確なサイズ選択を可能にすると述べている。

コルナゴはまた、サイズ全体でスタック/リーチ比を一定に保ち、チェーンステーの長さも一定に保っている。

これは、最小サイズから最大サイズまで、際どい感触とハンドリングの一貫性を保つためであるとコルナゴは主張している。

 

より頑丈に

Image credit: colnago

 

コルナゴはV4RSの頑丈さも強調する。これは通常ブランドがロードレースバイクであまり強調しない点だ。

V3RSと比較して、新しいV4RSはレースコンディションで衝撃を受ける可能性のある最も露出したパーツのクラッシュ価値を大幅に向上させる。

一例は、完全に新しいデザインのシートステーで、より空力的な形状に加えて、曲げ性と耐衝撃性も大幅に向上している。

この設計の堅牢性は、たとえば、セラミックスピードによって提供される新しいヘッドセットのメンテナンスの必要性を最小限に抑える。

これは、独自の固体ポリマーとステンレス鋼コンポーネントを備えたSLTテクノロジーを使用して、ベアリングの故障の背後にある最も一般的な2つの原因、つまり潤滑の欠如と汚れの侵入によるグリース汚染を改善する。

 

コルナゴ V4RS チームエディション

Image credit: colnago

 

  • コンポ :  Shiamano Dura-Ace Di2+パワーメーター
  • ホイール : ENVE 3.4
  • タイヤ : Continental GP5000
  • ハンドル : CC0.1コルナゴコックピット
  • サドル : Prologo Scratch M5 Nack saddle
  • 価格 : €15,260(約220万円)

フレームセットの価格は €5,250(約76万円)。

なお、UAE Team Emiratesは、コンポをCampagnoloからShimanoへ。ホイールもCampagnoloからEnveに変更。タイヤもPirellからコンチネンタルContinentalに変更となっている。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました