ロードバイクの情報を発信しています!

Classifiedはトム・ボーネン監督のClassified x Ridley Factory Teamを発足 3つのグラベルホイールを発表

機材情報
Photo credit: Glory Cycles on Visualhunt.com
この記事は約5分で読めます。

フロントディレーラーのいらない革新的なリアハブシステムClassifiedは、Ridleyと協力してClassified x Ridley Factory Teamを発足させた。

監督は、数々のクラシックを制覇したベルギーの英雄トム・ボーネンだ。

Classifiedは、Classified Powershift ドライブトレイン システム (R36、R50、G42) と互換性のある 3 つの新しいホイールセットも発表している。

 

スポンサーリンク

Classified x Ridley Factory Team

 

Classified x Ridley Factory Teamには4人のライダーが加わる。

グラベルチームは、2024年シーズンにClassifiedの新しいグラベルホイール、G42を使用する。当然フロントディレラーはない。

ClassifiedClassified Power Shiftは、2段変速を後輪に装着できる特殊なハブ。

これにより、ドライブトレインのフロントスプロケットを1つだけ使用することができ、空力的な利点が得られるとともに、チェーントラブルのリスクも軽減される。

 

簡単にメリットを記してみると

  • チェーンの脱落防止 クロスチェーンなし
  • シフト効率が高く、負荷がかかった状態でのシフトチェンジが可能
  • 1000W以下でチェンジすること(つまり力を加えながらでもok)
  • フロントディレーラーが不要で重量は同じ
  • リアハブはメンテナンスフリー
  • 空力の改善
  • シフトにかかる時間はわずか0.15秒
  • 汚れや雨の心配もいらない
  • 小さなチェーンリングはない

 

R36、R50、G42カーボンホイール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Classified Cycling(@classified.cc)がシェアした投稿

 

新しいカーボンホイールはすべて、フック付きのチューブレスレディリムを備えている。

これらはすべてオランダの Classified によって手作業で編み上げられていく。「R」シリーズはロードホイールを表し、「G」はグラベルホイールを表している。

 

Classified R36 Carbon Wheelset

R36は36mmのリムの深さを表している。山岳用ホイールで風洞実験でも他社を上回る性能があると書かれているけれど、試験データは公開されていない。

  • リムタイプ :  カーボン、クリンチャー、チューブレス
  • リム深さ : 36mm
  • ブレーキ : ディスクのみ
  • リム内部幅 : 22.5mm
  • リム外部幅 : 28.5mm
  • スポーク : Pillar Wing 22
  • 重量 : 1,315g  (フロントハブ含む、POWERSHIFTリアハブ除く)
  • 推奨タイヤサイズと最大タイヤ空気圧 :  28- 42c / 110psi/7.5bar 
  • 価格 : 1,500ユーロ(約24万円)

 

Classified R50 Carbon Wheelset

オールラウンド用ホイール。幅広タイヤも取り付けられる万能ホイール。重量も1,450gと軽量。

  • リムタイプ :  カーボン、クリンチャー、チューブレス
  • リム深さ : 50mm
  • ブレーキ : ディスクのみ
  • リム内部幅 : 22.5mm
  • リム外部幅 : 28.5mm
  • スポーク : Pillar Wing 22
  • 重量 : 1,415g  (フロントハブ含む、POWERSHIFTリアハブ除く)
  • 推奨タイヤサイズと最大タイヤ空気圧 :  28- 42c / 110psi/7.5bar 
  • 価格 : 1,500ユーロ(約24万円)

 

Classified G42 Carbon Wheelset

アドベンチャー用で、グラベルレース対応。非対称のリムプロファイルのおかげで、スポークの張力は対称リムの場合よりも均一になり、ホイール剛性は上がっている。

  • リムタイプ :  カーボン、非対称、クリンチャー、チューブレス
  • リム深さ : 42mm
  • ブレーキ : ディスクのみ
  • リム内部幅 : 25mm
  • リム外部幅 : 30mm
  • スポーク : Pillar Wing 22
  • 重量 : 1,350g  (フロントハブ含む、POWERSHIFTリアハブ除く)
  • 推奨タイヤサイズと最大タイヤ空気圧 :  30-55c / 5.5bar 
  • 価格 : 1,500ユーロ(約24万円)

 

実際に機能する Classified Powershiftを取得するには、Powershift ハブ、シフター、コントロール アクスル、Classifiedカセットも必要だ。

すでにClassified Powershift ドライブトレイン システムを備えていれば問題ない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
機材情報
スポンサーリンク
ちゃんをフォローする
ロードバイクはやめられない

コメント

タイトルとURLをコピーしました