ロードバイクの情報を発信しています!

Cofidisが新型のLOOKに乗っている動画を公開 新型はエアロで軽量なオールラウンドバイクで登場か?

機材情報
Photo credit: Flowizm on Visualhunt
この記事は約5分で読めます。

2023年シーズンからCofidisはDe RosaからLOOKにバイクスポンサーを切り替える。

 

Cofidisは、2009年から2014年までLOOKを使用しており、2010年からLOOKのペダルを使用している。チームはフランスブランドLOOKとの繋がりが深い。

今回は、LOOKの新型と思われるバイクをCofidisはリークというよりは、どうどうと動画、画像で公開している。

チームカラーで塗られており、新型バイクの発表は近いと考えて良いだろう。

 

スポンサーリンク

LOOK新型バイク

こちらはダヴィデ・チモライのInstagram
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Davide Cimolai(@cimo89)がシェアした投稿

 

Cofidisのライダーは2つのバイクを使うことが予想されていた。

  • 785 Huez RS 軽量で山岳用
  • 795 Blade RS エアロバイク

だけど、Cofidisのライダーが使用しているのは、軽量化とエアロを兼ね備えた感じのオールラウンドバイクを使用している。

795 Blade RSは、2020年に更新されている。

 

だが、CofidisのライダーがSNSで公開されているバイクは795 Blade RSではない。わかりやすく比べてみよう。

 

795 Blade RS

795 Blade RS photo look

 

上記のシートステイに注目だ。

 

新型LOOK

Image credit: Mathildelazou

 

見た目ですぐにわかるのは、新型ではドロップシートステイとなっていること。軽量バイクの785 Huez RS もドロップシートステイではない。

トップチューブもホリゾンタル(水平)になっている。

 

Image credit: Mathildelazou

 

ハンドル下にケーブルも見えず、完全内装。

その他のエアロ機能としては、比較的深いヘッドチューブと、リアホイールとともにカーブするシートチューブがある。

 

Image credit: Mathildelazou

 

コンポは、Shiamno Dura-Ace R9200 Di2グループセット。2022年と同様にCofidisはコリマホイールを使用。

ホイールセットはMCC DX、WSブラックDX、WS TT DXから選択する。写真では、はMichelin Power All Season タイヤが装着されている。

 

Cofidisは2021年にFulcrumからコリマにホイールスポンサーを変えている。

 

 

コリマは、ワールドツアーでも豊かな歴史を持ち、過去10年間で4つのグランツールとオリンピックロードレースでタイトルを獲得している。2023年には、Astana Qazaqstan TeamとCofidisが使用する。

 

Image credit: Cofidis/instagram

 

アレクシー・ルナールは、トラックバイクによく見られるKronosのチェーンリングを選んでいる。

上記写真では、チーム全体で使用されているSRM Origin 9クランクベースのパワーメーターを装着している。

 

Image credit: Cofidis/instagram

 

Cofidisは、エアロと軽量化を備えたオールラウンドバイクを使用するのは間違いない。ただ、山岳では軽量な785 Huez RSを使用するかもしれない。気になるのは新型の重量ですね。

LOOKとしては、新型をアピールしたいので堂々と公開しているのでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました